坂本慎太郎LIVE2018

これまた10月のエピソードでありますが、僕の敬愛するバンド「ゆらゆら帝国」のボーカル坂本慎太郎氏のライブへ行きました。

ゆら帝解散後はソロとして作品や楽曲提供などの活動をしていましたが、ライブはあんまりしていなかった坂本氏。
ここ最近にようやくちょこちょこやるようになってきて、念願のライブ参戦となりました。

ヨ・ラ・テンゴとのツーマンというのもなかなか貴重でしたね。

どうも…と軽い挨拶から「スーパーカルト誕生」でスタート。
どっぷりと坂本慎太郎ワールドにハマる曲が続き、心地よさに身体が勝手に動きます。
坂本氏の声は調子があまり良くなく、本人から「頑張りますので、すいません。」とMCで喋る喋る笑
声が不調なのは残念ですがレアな形でライブを見れてるなと思いました。

ファンクやロックや歌謡テイストな世界観は本当に不思議な空間でした。
ふわっとしたものと緊張感ある音の混ざり合いで凄い体験をしてるんだなって。
ただただかっこいいんですよね。

調子が悪いと話していた坂本氏ですが、さらにMCで「次の曲はみんなで歌いましょう、たまにはそういうのも良いんじゃないでしょうか?」とこれまたレアなMC。

「ナマで踊ろう」では坂本氏のテンションも上がり、熱量の高いギタープレイを披露。
これまたかっこよく、自分の気持ちも高まりました。


都合によりヨ・ラ・テンゴのライブ一部と最後のコラボは見れませんでしたが、とても貴重で濃厚なライブを堪能できました。
次回のライブ、さらに音源を楽しみにしたいと思います。




佐藤まりあ生誕祭2018

大事なイベントのレポートを忘れていました〜

フィロのス、あんぬちゃんの生誕祭です!
会場は渋谷O-WEST。
もう2ヶ月経ちますけど書きます笑

この日は有給をしっかり取り、万全の状態で挑みました笑
グッズはセット買いをしましたよ!

開場すると場内は80〜90年代のアイドルソングがかかる王道アイドルあんぬちゃんらしい雰囲気づくり。
私は世代ではございませんが、場内は懐かしい〜の嵐だったような気もします。

そしてライブスタート。
あんぬちゃんはポスターにもあった森高千里さんイメージのピンクの衣装。

あんぬちゃんと言えばな「はじめまして未来」から。
コモンセンスやドグマティックなどフィロのスの曲を続けて披露。

抽選会ではサイン入りのシャツやオリジナルのチェキをプレゼント。
その後はメンバー3人がはけて、あんぬちゃん1人がステージに。

ここからあんぬちゃんによるアイドルソングステージが続きます!
「私がオバさんになっても」「夏色のナンシー」「なんてったってアイドル」
あんぬちゃんソロによる歌唱をここまでじっくり聴いたのは初ですね。
とても明るく可愛いらしい声に優しさがあり、聴いていて本当に心地よかった。
そして全部のカバー曲を完全にあんぬちゃんのものにしていました。
さすがスーパーミラクルアイドル。

1人で歌うのは不安だったけど、みんなが応援してくれたからステキな生誕祭になったというコメントにもあんぬちゃんらしさあって、本当に温かい空気になったと思います。

アンコールはラヴ・バリエーションとライブ・ライフ。
ライブ・ライフではいつも以上にメンバーからセクハラ(?)を受けるあんぬちゃんでしたが、それさえも何か愛しいメンバーの絆が見えました。

特典会では何話したかな〜
楽しい生誕祭だったってことと、プレゼントの中身は大したものじゃないんでって連呼して終わった記憶です笑
後にそのプレゼントが…


あんぬちゃんに出会ってこの時で3〜4ヶ月くらい。
これを書いてる今では半年を超えました。
当初はもっとソフトにヲタクやろうと思っていたんですけどね笑
会いに行く度に感じるあんぬちゃんの優しさや魅力に、もっと見ていたいなとなってしまい、いつのまにかまぁまぁヲタクしてます笑
長く虹コンヲタクをしていて、今こうやってフィロのスのヲタクですが、虹コンがどうとか自分の中で関係なく、2つのグループそれぞれ好きです。
無責任なことは言えませんが、フィロのスの、あんぬちゃんの活躍を末永く見ていたいなと思っています。

AIRJAM2018

このレポートも。

自分はあまりメロコア系を全然聴かないのですが、初のAIRJAM参戦してきました。
まぁハイスタも聴いてきたっわけではなく少しかじったレベル。
でも学生の時はロコフランクとかピンクループとか聴いたりしていたから、全く受け付けなかったジャンルじゃないけど、段々とロックンロール色の強いものを好むようになったんですよね〜

じゃあなんで行ったんだって話になりますが、今回のメンツの中にThe Birthday がいたからです。
今年は今まで聴いてきたけどライブに行けてないバンドやアーティストのライブに行こうといろいろ参戦しているんですが、ミッシェルが好きな自分としてはチバユウスケを見たいなと思い、AIRJAMを当ててしまったわけです笑

ホルモンも見れるし、ハイスタもレジェンドとして見たいなって気持ちもあってからのながれです。


当日はそれなりの暑さで、これは初っ端から行ったら確実にしんでしまうと思い、ホルモンに合わせたスケジュールでゆっくり到着。
入場規制があったりしましたが、なんとか間に合いホルモンを!
思えば活動休止前の貴重なホルモンだったわけですが、この日のライブも熱くとても楽しめました。

HEY SMITHは初見ですが、スカの入ったメロコアは想像以上に楽しかった。
ノリが本当によくこれは音源欲しいなと思いましたね。

10-FEETは言わずと知れたベテランバンドでライブもMCも安定感ありましたね。
サーフにダイブとこの時はすごかったな〜
何人の蹴りをくらい、何人打ち上げたか笑

そして1番目的なThe Birthday
ようやく生のチバユウスケを見れました。
容姿的に大分歳を取った感じもありますが、めっちゃかっこいい歳の取り方してると思います。
歌声は相変わらず昇天するかっこよさ。
このフェスの中ではジャンルが違うバースデーでありましたが、盛り上がりは最高でしたね。
また必ず行きます。

トリ前はフォーリミテッドサザビーズ。
全然知らなくてごめんなさい。
MCでも謙遜して話してましたが、自分達のタイテのポジションにびっくりと。
そのくらい若手のバンドとして期待を込められているんでしょうね。
かなりエネルギッシュで熱いライブでした。

ラストはハイスタ。
本当にレジェンドであり語彙力なくすライブでした、凄かった。
周りのファンと腕組んで回ってしまいましたよ笑
そうやって楽しさ共有出来るようなライブになるのもハイスタだからなんだろうなと感じましたね。
いつまでもAIRJAMを開催し続けていってほしいです。


ライブ終わった後に電車止まってますアナウンスが場内に伝わった時の絶望感も半端無かったなー と思い出す笑



夏の魔物2018

こちら9月のネタです。


夏の魔物に行ってきましたよ!
今年は東京と大阪の開催ということでようやく近場で行ける!笑となりました。
さらにメンツは相変わらず好みすぎるラインナップで。
人間椅子とROLLYが東京ならさらに最高なんだけど、そこを抜かしても強い並び。


とりあえずはトップバッターのフィロのスの為にそこに間に合わせるよう10時頃到着。
でんぱ組のでんでんぱっしょんも聴こえるなか、フィロのス待ちのステージへ。
隣ではアーバンギャルドもやっていて、普通に俺得なスタート。

フィロのスが始まってからは奇跡的に雨が止みましたね!
バイタルからのスタートで、ダンス・ファウンダーやライブ・ライフと本当楽しかった。
割と後方で見ることが多かったのですが、この日は2列目で見れて緊張した笑

フィロのス終わった後にまた雨が降り、一旦テントの中へ待機。
雨が落ちついたところでザ50回転ズ。
音源は大分昔に買っていましたが、ライブを見るのは初。
リハの段階からカバーを披露したり、笑わしてくれたりと楽しかったし、ライブも凄かった。
想像していた50回転ズのままで、それが嬉しかったですね。

移動してtricotをチラ見。
そこで知り合いと会って、会場外へ食事に。
二丁魁までにはと思ってましたが、タイテが謎の巻き気味でライブを見れず…笑

しょうがなくステージ変えてWienners。
ライブハウスにいるかのような熱量でかっこよかった。
フィロのス定期でも期待します笑

ART-SCHOOL待ちでゼアゼア見てましたが、結構カオスな感じになってましたね。
間接的にモッシュを煽ってるような流れ笑

そしてART-SCHOOL。
ここから仕組まれたかのようなナンバガのメンバーが続きます笑
ちなみにベースの中尾さんについて加茂さんがツイートしてましたね。
ナンバガ勢の演奏をずっと見ていたようで、なんかエモさありました。

そのままリングステージで田渕ひさ子。
心地の良いギターと歌声でしたが、他のステージ近すぎて音がまぁまぁ入ってきて雰囲気を壊しちゃってましたね。

ここで急いでステージを変えてイースタンユース。
なんでナンバガの裏なんだよと思いながらもなんとか間に合いました。
ナンバガが影響受けたルーツをちゃんと見ておきたかったので、貴重な機会でした。
「夏の日の午後」をしっかり聴いて移動。

再びメインでおやホロとアヒトイナザワ。
アヒトイナザワは何やってるんだと思いながらも(笑)、そのドラムは相変わらずで、「ドラムス、アヒトイナザワー」からのOMIDE IN MY HEAD的なドラマフレーズ笑い
本当にやるのかと思って焦りました笑
そんななか向井さんがセットを始めます。

リングでは向井秀徳。
いつものようにマツリスタジオからやってまいりましたThis is 向井秀徳のフレーズ(曲の度にやってる)でテンション高まります笑
ラストの曲はYUIのCHE.R.RYをカバー。
ようやくこれ聴けました笑
かっこいいし、楽しいで良い時間だった。
乾杯!

ステージ変えてSCOOBIE DO。
大分疲れてきてはいましたが、踊りたくなっちゃうんですよね〜
フィロのスツーマン楽しみだ。

再びメインでサニーデイ・サービス。
さすがにバテてきていたので、座っての鑑賞。
(初)曽我部さんにちょっと感動。

移動して忘れらんねぇよ。
あまり知らないんだけど、熱苦しさあって良い笑
ベテラン勢多い中、こういうのも新鮮で好きです。

隣に移動しての百々和宏withウエノコウジ
これは単純にウエノさん見たいって感じです、レジェンドの方なんでね。
百々さんは武藤昭平さんが病気療養中での代行という形みたいらです
アコギ主体での演奏で、普段も飲み屋とかでライブしてるらしいとのこと。

そして筋肉少女帯。
夏の魔物は初だそうで、オーケンはでてるイメージあるから意外だなと思ったり。
やっぱり筋少かっこいいですね。
セトリも有名曲並んだもので楽しすぎました。

筋少終わって他はどうなってんだろうなと思ったら、キンブラがまだやっていて、マーヤがサーフされて叫んでました笑
勢いよく戻せとか、そこまで戻すな!サーフされながら言ってんのがなんかかわいい(?)と思いましたね笑

なんだかんだ濃厚なフェスもTHE 夏の魔物で最後。
成田さんって勝手なイメージより謙虚というか、音楽本当好きなんだなってのが伝わってきて、フェス開催も大変なんだなと感じました。
そのうえでこういった他にはないロックフェスをこれからも開催してほしいなと思いました。


冬の青森は行かないですけど笑

SUMMER_SONIC 2018_東京初日

今更ながらサマソニ行ってきたレポでも。
いつの話だ笑

僕が行ったのはサマソニ東京初日。
久々にノエルが見たくてってのが目的ですね〜

お昼頃に到着し、まずは物販へ。
欲しかったサマソニのオフィシャルなシャツを購入して、初めはBiSHへ。

知らない曲多いですが、これは攻めのセトリじゃない?って並びでしたね。
TIFはあれでも、ちゃんとロックフェス勢を意識してるんですね。

次にポルカドットスティングレイ。
MVなどでバンドは知っていましたが、初めて見ました。
オシャレ感強いけど、楽器隊がバカテクすぎる笑
曲調とかが似てるように感じがちなんだけど、演奏力をじっくりと楽しませてもらいました〜

その後はマウンテンステージ行ったりもしましたが、うーんという感じ笑

ジャングルステージにてアイドル見ようという流れに。
この時間は大阪☆春夏秋冬。
ちょうどLet you flyでちょっと歌えちゃいました。
続いてたこ虹。
かつて好きだったグループなんですが、なんかセトリがいまいち。
TIFのセトリになにわのはにわを抜いてものでしたが、これで勝負してるのかなって思ったら切なく…

レインボーステージに戻り、9mm。
この日の目的の一つでもありました。
割と前方エリアに入り、久々にモッシュの渦へ。
曲は太陽が欲しいだけやブラマケなどから、ハートに火をつけてなど好きな曲だらけで楽しかった〜
もうすぐツアーにも参加するから、良いモチベアップにつながった!

少し身体を休め、そろそろノエルの為に移動。

マリンステージに着いたら、近くの出店で腹ごしらえ。
なんとかラストへ向けての体力も復活し、ヘッドライナーのノエル・ギャラガーへ。

サードアルバムは購入してはいませんでしたが、作品の評価とユーチューブさんのライブ動画での予習参戦。
ノエルバンドになって、武道館でライブを見ていますが、今回はゲムとクリスというオアシスメンバーでのライブ。
そんなの信頼しかない笑

「Fort Knox」から始まり「Holy Mountain」と新曲が続きます。
今までのアルバムに無かったんじゃないのって感じのブラスロックにかっこよさとノエルの本物具合で感動。
「if I Had A Gun」や「Dream On」などの1枚目のアルバム曲も、おーきたきたって感じで、自分の中でもノエル曲として認知したんだなと実感したり笑

そしてオアシスの「Little by Little」
自分のオアシスの好きな曲としてベスト3には入れちゃうんじゃないかって曲。
やるだろうなと思いながらも、生で聴いて感動が違いましたね。
続けて「whatever」
もちろん好きです笑
ファンの大合唱。
とても気持ち良かった。
オアシスで体験したいことでもありますが…

リアムはオアシス再結成したいという気持ちが強いくらいなセトリでライブをしてますが、ノエルはオアシス曲を含めてはいるけど、ノエルというアーティストとしての音楽やライブが完全に確立していて、今楽しいんだろうな〜と勝手に思いました笑
それならしょうがない笑

ドンルクのノエルソロ弾きませんverでしたが、こちらも結構好き。
再び大合唱になり、スマホのライトを使ってスタジアムを照らします。
お決まりな流れでもあるけど、リアルタイムで見て聴くのはやっぱり違います。
ドンルクラストかと思いきや、ラストはビートルズのAll You Need is Love
この日の楽しさを改めて浸らせてくれるような優しい世界でした。


本当は時雨や女王蜂見ようと思ったけど、連れの皆さまは帰るというのでそのまま帰宅。
まぁノエルの余韻で終わらしたい気持ちも分かりますが。

そんなこんなで久々のサマソニでした。
もっと海外バンドのロックが欲しかったかな〜
前の記事へ 次の記事へ