スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

7.君の太陽

目に映らなくてもいい
君が安らぐ場所が私であるなら……



「はぁっはぁっ……ダメぇっ」

「もっとっ……感じて」

「あぁっ、ゆ…っう、だめっ」

「もうっ、イクよっ?」

「あぁぁっ…はぁっ、はぁ」




「今日も凄かったね」

「ほんと高校生の体力ありえない」

「先生だってまだ若いじゃん」

「ちょっとぐらい休憩してよ」

「はいはい。次はね」

そう言ってシャワールームに行く
佐藤くんの背中を見ながらため息。

私と彼は絶対に関係を持ってはいけないのになぜか彼の、佐藤くんの目の奥の寂しさを見たあの日から1人に出来なくなる。


これが母性なのか同情なのかはわからないけど、佐藤くんに抱かれてる時、寂しさや不安やもどかしさを彼から感じながら、大丈夫だよ。ってなだめるように私は抱かれる。


周りから見るとおかしいのかもしれない。

でも今の私は彼の1番の安らぐ場所ならそれでいいと思ってしまう。


これ以上の感情を持ってはいけないし、彼を突き放すことも出来ない。


いや、突き放せない……だって…


「先生?シャワー浴びる?」

「ん?そうしようかな〜」

「じゃあ俺と入る?」

「え〜やだ。シャワーだけじゃ終わらないもん」

「いいじゃんか〜ねぇ〜」

「だーめ。先に寝てていいよ」


「ねぇ、先生…ありがとね」


ほら、またそうやって寂しい顔するからさ、私の心はあなたのSOSに手を伸ばしちゃうんだ。


「佐藤くん。やっぱ一緒に入ろっか」

「うん!」



あなたが笑ってくれるなら
笑っていてくれるなら
私は気づかないふりを続けるよ?


あなたの思いに。


続きを読む

6.君の太陽

気づいてほしいけど気づかないで。
近くに来てほしいけど離れて……。


「あいり!優知らない?」

「え?知らないよ。翔はいつも一緒じゃん」

「なんか最近あいつ授業サボってどっか行ってんの。まったく」

「そうなんだ。きっとサボりだよ」

「まさか俺らに内緒で彼女出来たとか?」

「え?」

「んなわけないか。わり、俺行くわ」


去っていく翔の背中観ながら
私の心臓は速くなっていく。
昔からそうだった。
翔が言った何気無い一言は結構当てはまっちゃったりする。
だから……今回も。


「あいり?なにしてんの?」

「え?あっ、優」

「え?なに?俺に用事?」

「いや、翔が探してたよ?」

「まじで。翔ちゃん最近勉強勉強うるさいからな〜」

「ねぇ」

「ん?」

「あのさ………やっぱなんもない」

「なんだよ。気になるじゃん」

「いや、大丈夫。また明日ね!」

「お、おう。弁当忘れんなよ〜」

優の顔見たら聞けなかった。
いや、多分聞かなかった。

優に彼女が出来たら私どうなるんだろう。
そう考えるだけで涙が出てくる。

私いつからこんなに弱くなっちゃったんだろう…。

誰よりも近くにいるのに
手を伸ばせば届く距離なのに
優はいつもそうはさせてくれない。

好きだから…大好きだから……
その人の気持ちはわかっちゃう。



でもそれでも私は前を向いて想い続けてく。
ひまわりみたいに太陽のあなたをずっと見つめながら。
続きを読む

5.君の太陽

どれが正しかったとかわからない。
だけど俺には君の笑顔を守るしか考えてなかったんだ………。


「んっ、ちょっ、ダメっ」

「はぁっ、はぁ、なんで?」

「ここっ、保健室だよっ?」

「……あっそ」

「佐藤くんっていつも優しくて人気者って感じだけど本当は1人で抱えてるんだね」

「抱えてなんかないよ」

「私にはわかる。何年先生やってると思ってんの〜?」

「ふっ、なんだそれ」

「あ、やっと笑った〜。私でいいならいつでも話聞くよ?」

「じゃあさ、先生。俺と付き合ってよ」

「え?なに……言って「お願い」」

「私先生だよ?バレたら……」

「大丈夫。絶対バレないし、バレた時は俺が責任を取る」

「ねぇ、どうしたの?」

「忘れたいんだ。全て。それを埋めてくれるの俺には先生しかいない」


きっとこれが最初の強がり。
目を潰れば溢れてくるのはあいりの笑顔ばかりで、それと同時に翔ちゃんの笑顔も焼き付いてる。

先生のことも嫌いなわけじゃない。
好きか嫌いで分ければ好き。
俺の暗い闇を一緒に抱えてくれる先生に甘えちゃったんだ。



「ほんとにいいの?」

「ああ、先生がいい」

「私先生である前に女だよ?勘違いしちゃうよ」

「ん?じゃあ勘違いじゃないってこと今から証明してもいい?」

「え?」

「しっ。…黙って…先生…Hしよ?」

ただただがむしゃらに抱いた。
何かを忘れたくて苦しくて
先生を抱いてる間俺の脳にはあいりの笑顔しかなかったから。



「(ねぇ先生、ごめんね?)」


何度も何度も泣いた俺の心を
抱きしめてくれたのはあいりじゃなくて先生だった………。
続きを読む

4.君の太陽

優しすぎる君に甘えすぎちゃうから…
でも譲れないんだ。



「翔ちゃん図書館行かんと?」

「あ、うん。今行く」

優は俺と違って勉強もスポーツも出来る器用なやつ。
俺もそれなりに出来る方だと思うけど優には敵わない。

「翔ちゃん理系のなにすんの?」

「あ〜ほら、俺医者になろうと思って」

「え?まじで?すごいじゃん!」

「すごかないよ〜」

俺が医者になろうと思ったのは……
小さい時に公園の滑り台から落ちちゃったあいりを見て、泣きわめくあいりの隣りで俺も泣くことしか出来なくて、でも優は、
"あいりちゃんだいじょうぶだよ"
って言ってあいりの傷口を水で洗い流してあげてて、すごいと思ったのと同時に自分が悔しかった。


中学の時も、あいりが自分の気持ちに我慢出来なくて泣いてた時、俺は何もしてやれなかった。
だけど優は
"あいりは笑ってなきゃあいりじゃないよ"
って魔法をかけたように泣き止ませてた。



だからせめてあいりを一番に助けれる人になりたかった。


俺だってバカじゃないからわかってるよ。
大好きな人が誰を見てるのかぐらい。

だけど俺がこの恋をやめられないのは
優の優しさに甘えすぎてるから。

口には出してないけどきっと優は
俺があいりを好きだってわかってる。

これじゃダメだってわかってる。
わかってるけどもう少しこのまま
少しでも後悔しないままあいりのこと
想わせててほしいんだ。



何もあいつには敵わないけど
だけどこれだけは勝てるから。
誰よりもあいりを見てきたのは俺だと。

3.君の太陽

こう思うのは俺だけじゃない。
きっとあいつも………


「お〜い。ゆーうーくーん」

「なんだよ翔ちゃん」

「俺今日部活休みなんだけどさ、放課後図書館行かねぇ?」

「翔ちゃんそんなに勉強ばっかして嫌になんないの?」

「理系のお前の頭が必要なんだよ〜協力してくれよ〜」

「はいはい、わかったよ」


翔ちゃんとはあいりと同じで
小さい頃から同じサッカークラブの
幼馴染と呼べる存在。

そして俺の親友とも呼べる存在。


俺たち三人には秘密はない。
……だけど俺には秘密がある。


はっきり聞いたわけじゃないけど
きっと翔ちゃんはあいりが好き。

あいりを見つめる愛おしそうな目も
あいりのことになるとすぐ心配しちゃうところも
あいりが笑ってるとそれと同じように笑うところも
本人は幼馴染だからだよ。って苦しそうに笑うけど、大好きな翔ちゃんの恋なら俺は全力で応援したい。


だけどそれと同時に痛いほどにわかるあいりの俺への視線が苦しくてそれを考えないために休み時間のたびにここにくる。






「失礼しま〜す」

「失礼しま〜す。っていつもじゃん」

「まぁいいじゃん、ね?せーんせい」

「佐藤くんっていつも来るけど先生のこと好きなの〜?」

「ん、そういうとにしといて。じゃ、ベッド借りるね」


もぉ〜っていう先生の横を通り過ぎていつもの窓際のベッドに転がる。

俺があいりの気持ちに気づいたののは小学生の時。

理由はわからないけど直感でそう感じたと同時に翔ちゃんに対しての複雑な気持ちを抱いたのも覚えてる。

だから俺は二人の良き幼馴染でいようって決めたんだ。






ほんとはね、気づいてたよ。
俺が1番苦しいってこと。
だけど俺には大好きな二人を悲しませることなんて出来ない。
だから全ての悲しみは俺が背負うから、だから二人はずっと笑っていて?





「佐藤くん?先生ちょっと戻っ……きゃっ」


「先生………ちょっとでいいから、こうさせて」




ねぇ、あいり。あいりはずっとずっと笑っていてほしいんだ。
昔からずっとあいりは俺の太陽だから。

続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年12月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ
カテゴリー