【水無月吹雪の趣味語録】ま行

【マーライオン】上半身がライオン、下半身が魚の像。シンガポールで見られる。
【マインクラフト】サンドボックスゲーム。ついでに仮にもホラーゲーム。PCを始めとし、様々な機種でプレイ出来る良いゲーム。要素が増えている為、飽きが来ない。
【曲がり角】道の曲がっている角の所。何が来るか分からない怖い所。
【マカロン】卵白と砂糖とアーモンドを使ったフランスの菓子。美味しいものは外がサクッとし、中がスッと溶けるもの。本当に美味しいものは食感故に脆く壊れやすい。
【負けん気】人に負けまいとする気性。水無月吹雪にも備わっている。
【Maxとき】上越新幹線の一つ。とき自体は普通で、Maxが2階建て。上は眺めが良いが、下は何も見えない。
【松坂屋】名古屋の百貨店。水無月吹雪のお気に入り。
【真っ白い人】白蘭若しくは槙島聖護の事。名前は兎に角白い見た目による。
【マドレーヌ】バターを多く使ったフランスの菓子。大体は貝殻の型で焼く。とても美味しい。
【真夏のホラー祭り】"ホラーで暑い夏を乗り切ろう!"をモットーに毎年行う夏の納涼企画。水無月吹雪が行う企画の一つ。
【マネキン】衣料品等を着せて陳列する為の人形。ホラーゲームではかなりの確率で出てくる。トラウマになりそうな位に怖い。
【豆合戦】豆まきの別称。
【マリンスポーツ】海で行うスポーツ。ヨットやスキューバダイビング等。
【丸亀港の悲劇】丸亀港にて水無月吹雪が落ちた飛び込んだ出来事。同行していた現教授と先輩が揃って笑っていた。

【-after 3 months】同じ場所で現教授が落ちた飛び込んだ出来事。人を笑った天誅である。

【饅頭】水無月吹雪の別称。


【見える人】所謂、霊等が見える人間。
【ミステリーサラ】雑誌。掲載作品の中ではあかりとシロの心霊夜話、鬼談、コンシェルジュ江口鉄平の事件簿が良い。
【水場】水の有る場所。幽霊と水無月吹雪が惹かれる所。
【水無月観光案内】水無月吹雪による観光関連の話。ネタが有る時に更新している。
【水無月吹雪の趣味語録】初めてGWをのんびり過ごす事を記念して(?)始めた企画。水無月吹雪が行う企画の一つ。


【無影灯】ホラーゲーム。院長よりしょっちゅうアプリが落ちる事の方がホラーだった。
【ムカサリ絵馬】民族風習の一つ。未婚で亡くなった子を思い、架空の人物との結婚の絵や写真を寺に奉納し、成仏や死後の幸せを祈る。要は死後婚。


【迷路】迷いやすい道、もしくは入り込むと迷って出られなくなる様に作った道。本当に迷子になる。
【メカクシ】バンド。きさらぎ駅等、良曲が某動画アプリに上がっている。
【飯テロ】数多の人間に食欲を沸き立たせる行為の事。主に深夜に起こる。する側は笑っていられるが、された方は堪ったものじゃない。
【目玉白玉】目玉の様な白玉。見た目があれだが、普通に美味しい。
【Many Bricks Breaker】パズルゲーム。数の暴力を体現したブロック崩し。やり出すと止まらない。
【メリーさん】怪談系都市伝説。基本的に怖い話の筈だが、主人公に無視され半泣きになったり、目的を忘れて観光し始めたりする等のジョークで終わる話も有り、何処か憎めない可愛い人形になっている。本当、何処かの復讐をしようと囁く人形とは大違いである。
【免許】官公庁から与えられる特定の事を行う事への許可。免許の取りやすさは種類によって変わる。
【面接遅刻事件】雪が降り積もった事で電車が止まり、面接に遅刻した出来事。社員も大幅に遅刻し、業務に支障が出るんじゃないかというレベルで酷いものだった。
【めんつゆ】麺類に付けるつゆだけではなく、様々な料理の味付けにも使える万能調味料。
【メンヘラチャット】ある意味ホラーゲーム。メンヘラな彼女とチャットするだけの簡単なゲーム。


【もじまる】画像への文字入れを始め、様々な画像加工が出来るサイト。HP運営を始めた頃から世話になっている。
【木管楽器】木製の管楽器。フルート、クラリネット等。
【モノノ怪】妖怪が登場するアニメの一つ。怪と同様、物語、世界観等、魅力に溢れる作品。
【モルモット】テンジクネズミ科の小動物。医学や生物学で用いられる実験動物でもあり、そこから派生して実験台として利用される人間を指す。

水無月さんと免許

皆さん…――トップでお分かりの通り、遂に私も危険物取扱者になりました…!





どうも皆さん今晩は、毎度お馴染みの雪うさぎこと水無月吹雪です。


件のトラウマを乗り越え、何とか受かりましたよ!地味に通勤時間に勉強しただけの事はありますね。本当、頑張った、私。

因みに、合格発表は昨日の昼にHPで確認しただけなので、正式な通知書は後日来ます。何点取れていたかもそちらで確認出来るので、その辺りの詳細は後程お話します。

とりあえず必須免許について合格したので、これで心置き無くゲーム出来ますね←



やっぱりあれですね、ちゃんと触ってるのとただ学校で勉強してるのとでは違いますよ。触ってるとやっていく中で覚えられるので、出来るなら触っておきたい所ですね←油の種別、密度、引火点、性状等、仕事と一緒に覚えた人

因みに、試験行っていると覚えられる反面、重油の引火点に違和感を覚えたりするデメリットも出てきます←
いや、本当にですね、引火点60℃の重油を見てみたいなと(※普段測定している重油の引火点は100℃超が普通です。条件によっては200℃近く迄いく事も…) 比較的さらさらしているA重油でも、60℃なんて見た事無いですし…そもそも、資材で80℃位有りますし。
――あ!機械動き始めたら出ますかね!?←



さて、最後に蛇足ですが…今年は続いて甲種の試験を5月後(10月)に受験する予定です。

本当は再来月の試験を受けたかったんですが…7月は別の取扱者の免許2つ取って、車の仮免許の試験もそこに入ってしまったので断念しました。甲種は受ける以上、それなりに勉強したいですし、何より受験料が高い(キッパリ←) ご丁寧に今月から受験料・交付手数料共に値上がりしてくれまして、本当に高いんですよ…受かれば大した問題じゃないですけど、そう何度も受験出来るものでもないですよね。
乙4の範囲を覚えているうちに受験しないと後が辛いのは分かっていますが、こればっかりは致し方無いですね…どちらかと言えば、運転免許を先に取らなきゃいけないので;

とりあえず、これで法規が大丈夫なら、後は大丈夫かなと←フラグ





それでは、今夜はこの辺で。また明晩お会いしましょう…
postscript

【水無月吹雪の趣味語録】は行

【廃墟】建物等の荒れ果てた跡。廃墟に行った人間が心霊現象を体験した話が多い事から、恐怖しか感じない。
【バイオハザード】言わずと知れたホラーゲーム。水無月吹雪の誕生日に発売されたゲームの、グロさ加減と登場する家族のヤバさが半端無い。
【パイナポー】六道骸の事。名前は髪型が似ている事による。
【ハイボール】ウイスキーを炭酸水で割った飲み物。水無月吹雪の好きなものの一つ。
【袴】和装で、腰から下を覆う緩やかな衣服。色々な意味で楽。
【吐き気】胃の中の物を出したくなる気持ち。激しい不快感についても言う。
【吐き溜め場】色々な事を吐く場所。基本的に澱んでいる。
【白衣】白い服。特に医者や研究者が着る服。
【薄情】人情に乏しい事。
【禿げた人】藍染惣右介の事。名前はオールバックにした髪型を見て、思ったより後退していると思った事による。
【バス】大型の乗合自動車。独特の匂いで酔いが誘発される為、基本的に乗っている最中は寝て過ごす。
【パスワード忘却事件】此処のパスワードを忘れてしまい、ログインや編集等が出来なかった出来事。
【蜂蜜紅茶】紅茶に蜂蜜を入れたもの。声が出にくい時に飲むと良いとか。
【八尺様】怪異、もしくはそれが出てくる怖い話。白い帽子に白いワンピース、ぽぽぽと言う声が特徴で、男の子を狙う。名前は身の丈が八尺(※約240cm)ある事による。
【初遅刻事件】試用期間中に遅刻した出来事。原因は私鉄あるあるだが、迷惑な話である。
【発表】多数の人に見せたり聞かせたりする事。水無月吹雪の苦手なもの。

【-会】発表を行う場。水無月吹雪が話を聞きに行く所。

【初マーライオン事件】緊張故にビールを飲み続け、大変な事になった出来事。酒でやらかしたのはこれが初めて。
【花子さん】学校の怪談。怪談として子供を驚かすだけではなく、守る存在でもある。可愛い事から、数多の作品に登場するだけではなく、マスコットキャラになる事も。
【話し掛けられない病】気になっている人に話し掛けられないもの。時たま起こる。
【遙かなる時空の中で】コーエーから発売された恋愛ゲーム。シリーズ物だが、1〜6それぞれで設定が異なる。声優は勿論の事、美麗なキャラと怨霊の存在からハマったゲーム。
【春に体調を崩す体質】春になると原因不明の体調不良になる体質。毎年なる為、とても厄介。
【晴れ時々毒舌】基本的に笑っているが、時々毒が出る事。
【ハロウィン】万聖節の前夜祭で悪霊を追い払う日。近年は日本でも行われている。
【はんぺん】本名はフワッティー。青鬼に登場する怪物の一つ。名前は形がはんぺんに似ている事による。


【火】光や熱を発しながら燃えている状態にあるもの。怖い。
【引っ越し】転居の事。とても面倒臭い。
【必然】必ずそうなる事。同じ事が3度起こる時に"それは必然"だと感じる。
【ひとりかくれんぼ】都市伝説。こっくりさんより危険な降霊術。かくれんぼの最中には様々な心霊現象が起こるらしい。
【人を寄せ付けない体質】何もしてなくても周囲に人が寄ってこない体質。羨ましい事この上ない。
【人を呼ぶ体質】何もしてなくても周囲に人が来る体質。外出時等に度々発揮される。全くもって良いものではない。
【微熱】軽度の発熱。微妙に熱が有るのが辛い。
【飛縁魔】妖怪。男を惑わす。近年では血や精気を吸い取って命を奪うともされている。
【ヒヤシンスの悲劇】ヒヤシンスを育てた所、花が咲いたのは良かったが、その重みで倒れそうになった出来事。
【ビューティーン】ホーユーから販売されているヘアカラー。ヘアカラーとして優秀。因みに、ホーユー本社は名古屋に有る。
【貧乏神】神。取り付いた人間や家族を貧乏にする。仮にも神なので倒す事は出来ないが、追い払う方法が無い訳ではない。


【ファイナルファンタジー】スクエア・エニックスから発売された、言わずと知れたRPG。戦闘曲は度々ツボにハマる。最近はスマホアプリ・ブレイブエクスヴィアスにはまりこんでいる。ラスウェルが格好良過ぎて辛い。
【プールのお婆さん事件】自称"見える人"とプールに行った際の出来事。お陰様で全く愉しめなかった。
【フェミニスト】女性に優しい人間。
【不完全燃焼】物質が酸素不足の状態で燃焼する事。転じて、物事を行った結果が思う様なものではなく、それ故に人間が燻るその様を言う。
【ブキミちゃん】ぬ〜べ〜にてトラウマになった妖怪。楽器を大切にする所だけは共感出来る。
【プチ夏休み】忙しい夏に偶々入った2連休の事。友人と出掛ける等して過ごしていた。
【腹筋】腹壁を構成する筋肉群。現在の職場にて毎日腹を抱えて笑っている為、そのうち勝手に鍛えられていると思われる。
【物欲】物を欲しがる心。

【-センサー】ゲーム等において、欲しいアイテムを正確に把握し、それを物凄く出づらくしてしまうセンサー。本当に誰得か分からないただの嫌がらせ。水無月吹雪もこれにより度々発狂しかけている。

【吹雪】強い風に吹かれ、雪が激しく乱れ飛びながら降る事。
【フラりん】以前の職場にて、問題の有る某人間について付けたあだ名。名前はよく持ち場を離れてふらふらする事による。
【文豪】大作家。文章や文学に秀でている人間。

【-ストレイドッグス】朝霧カフカ原作の漫画(と小説)。ジャンルは異能力バトルアクション。元々文豪が好きだった水無月吹雪は直ぐにハマった。

【分析機器】物質の組成や性質等を定性的、定量的に測定する機器。基本的に値段が高い。水無月吹雪に無くてはならない物。


【平穏】変わった事もなく、穏やかである事。水無月吹雪にはあまり縁が無いもの。
【ペヤング(納豆)天ぷら】ペヤング(納豆)で作った天ぷら。意外と美味しい。
【扁桃腺】喉の奥の左右に有るリンパ節の集合体。しばしば腫れる。


【放課のゲシュタルト崩壊事件】放課が何かで言い争い話し合いをし、放課が何か分からなくなってきた出来事。全国の人に分かってもらえないのが辛い。
【法規恐怖症】或る資格試験にて、法規の分野で落としてしまった事により、法規に苦手意識を持ってしまったもの。この恐怖症を克服出来るかどうかは試験の結果次第。
【忘却の彼方】物事を綺麗さっぱり忘れてしまう事。度々起こるもの。
【ぼくらの秘密基地】ホラーゲーム。最初だけはほのぼのしている。
【ボジョレー・ヌーボー】ボジョレー地方で作られた新しいワイン。元々はその年の葡萄の出来栄えをチェックする事を目的としていた。年によって味が変わる。
【牡丹】ボタン科の落葉低木。優美な花を咲かせる。水無月吹雪の好きな花の一つ。
【ポトス】サトイモ科の観葉植物。ポトスは園芸名で、和名はオウゴンカズラ。水無月吹雪の部屋にも有る。
【ホワイトデーサプライズ事件】ホワイトデーに"彼の人"が突然私の所に来た出来事。綺麗な思い出。
【本当にあった怖い話】学校の怪談等、本当に起こった(とされている)怖い話を集めた雑誌、もしくはテレビドラマ。話自体がかなり怖いもの、演出が怖いもの等、様々有る。
【本部】組織や団体等で中心となる部署。大抵近寄りがたい場所。
<<prev next>>