やっぱ非情なのかも

母に小さい頃からお前は非情だとよく言われていた。
発端は、幼稚園の卒園式にわんわん泣いてる女児たちの中で、私一人だけ泣いていなかったからなんだけど。
私としては、大多数が同じ小学校なのに何で泣いてんの?って感じでぽかんとしていたんだけど。
それをことあるごとに蒸し返されて非情だと言われる。

まぁそれで傷ついたことは特にないんだけど。
毎度飽きねーなとは思うくらいで。


最近よく考える。
生涯付き合っていきたい友人っているのだろうか。

考えたらめちゃくちゃ少なくて。
なんか1人とかしかいなくて。
もっといっぱいいると思ってたんだけど。

大学卒業したときに、友人とはとても大切な財産であると思っていたけど。
別にそれは今まで一緒に暇を潰してくれてありがとう程度のことだったらしい。

大学はめちゃくちゃ楽しかったけど、やっぱみんなつまんなくなるんだよね。
高校卒業したときも同じこといってたけど。
環境が違くなるから、面白いと思うことに齟齬が出てくる。

基本的に人の好き嫌いは相手の好きなとこと嫌いなとこを天秤にかけてどっちが重いかというものだから。
全ての友人に嫌いな部分はある。
環境が変わると、嫌いな部分がやたらと目に入ったりする。


まぁ会えば楽しいし、遊びにだっていくけど。
この人と疎遠になったら困るかもしれない、と思う友人は1人しかいなかった。
彼女とはもう旧知すぎて、1年会わなくても普通に久しぶりのひの字も出なかったりするけど。
そいつとは付き合いが長すぎて、彼女と疎遠になる自分がうまく想像できない。
たぶん向こうもそう思っている。
向こうは私の数倍情に厚いからな。


友達なんて作ろうと思えばいくらでも作れるし、だからこうやって使い捨てていくんだと思う。
小学校の友人は中学で疎遠になったし、中学の友人は高校で疎遠になったし、高校の友人は大学で疎遠になったし。
そういうもんだと思うけど。

だから、今疎遠でない友人と疎遠になっても困らないと思う。
小学生からずーっと疎遠にならなかった唯一の友人は疎遠になったら困るかもしれないけど。


そう思ったら、もしかして私は母のいうように非情なのかもしれないと。
もともと私のやることを見て嫌いになるような奴とは気が合わないんだから嫌われても構わないと思って生きているからな。
それを非情だというならそうなのかもしれない。
好かれたらもちろん嬉しいけど、私は誰に嫌われたって構わないんだろうな。

久しぶりの休日!

6連勤とかよろしくない。
仕事のことばかり考えてしまう。
なにも自分の将来とか考える時間がない。

久しぶりにオフィス行った。
楽しかった。

もうね、楽しいことだけしてたいの。
厳しくても頑張りたいの。
でもわざわざ厳しい条件で頑張ることはないから、もう少しイージーモードで頑張るために仕事変える。


6連勤ね、久しぶりだったけど全然疲れなかった。
だって仕事頑張らなかったし。
一日が短かった。
たらたらやる気なく、生活費を稼ぐためだけに仕事してたから。
メンタル的には空虚すぎてつらかったけど。

今日は大変だった。
楽しいことが、実のあることが目白押しだった。
疲れたけど、過ごし方としてはこうあるべきだと思う。

はー。
楽しかった。


来月髪染めよーかな。
美容師連中にこぞって染めた方がいいとここ数ヵ月言われて、染めようかなって気になってきた。
初めてだ。

私「っていうわけで、世の美容師が狩野を染めたがってるんで染めてやってください」
A「まぁ黒でも似合ってると思うけど…金とかにする?」
私「あ、金髪はヤンキーみたいになるからやめた方がいいって言われたんで避けたいです」
A「いや俺金髪なんだけど…」
私「なんか店の子に狩野が金髪だとヤンキーになりそうとか言われまして」
A「おお」
私「ていうかこの前誰かにAさんとテイストが似てるって言われたんですけどやっぱ私ヤンキーっぽいんですかね。最近の悩み」
A「だから俺ヤンキーじゃねーって」

でもヤンキーっぽいよ。

大勢で町中にいるとき
私「うわ、Aさん」
A「なに」
私「どうしたんすかそんな悪人面して」
A「悪人面じゃないし。いや、さみーなと思って」
私「ていうかふと目線をはずすと外した先にAさんがいることが今日多くてびびる」
A「運命じゃん?」
私「運命だわー」
A「常に俺のこと探してるんでしょ」
私「同じヤンキーテイストだから目がいっちゃうんすかねー」
A「だからヤンキーじゃねーって」
私「やーばい、ちょー眠い」
A「狩野ちゃん?」

マイペースすぎると怒られた。


明日棚卸しだーふぁーっく!
ねる!

店辞めたい

なんだかお疲れ気味。
6連勤なうだからかしら。
電車で寝てて、寝起きで歩いたりすると息切れ半端ないよね。

なにもする気が起きないの。
大変よろしくない。

基本的に体力ないからな。
すぐ疲れるし、疲れるとモチベーション下がるし。
良いことない。

いい加減仕事やめないと体もたないわ。
夢を叶えるのに関係のない、食うためだけの仕事を不利な場所でしてたらそりゃ疲れる。
交通費も移動時間ももったいない。


辞めたいって考えてるんだけど先輩に言いづらいよーって、他店の子に言ったら早めに言った方が彼女のためだと言われて。
確かにそうだなって思って、辞めたいんだよねって先輩に言ったら、早めにマネージャーに言わないと辞められなくなると言われ。
確かにそうだなと思えどタイミング逃し続けて1週間くらいしてからマネージャーに電話かけたら
「あ、お前のとこの店長から聞いた。その辺は店舗管理者とやりとりして」
と言われ。

いや、なんか噂レベルで話が上まで回ってるんだけど。
私はバイトの子にしか辞めたい話してないけど。
どういうこと。

私「ていうことがあってね」
先「え、ちょっと待って。確かに私店長に言ったよ。狩野からそういう話が出るかも知れませんって」
私「うん。だと思った」
先「でも、本人からそういう話がくるかもって言っただけで」
私「わかってる。私が言いやすいようにでしょ」
先「普通それで上まで話いくか…?!普通本人から話が出てからじゃないのか…?!」
私「まぁこの組織普通じゃないからね」

店長ばろす。
口軽いから仕方ないよね、あの人。
やめる話も店長通すべきか迷って面倒臭くなってマネージャーに直電したし。


そんな店長と店回してくる。
昨日機嫌悪くて面倒臭かったけど、今日普通だといーなー。
辞めたい話したいんだけど。

やばい眠たい。

見下してるよ

男社会なんだと思う。

一緒にビジネスやってる人びと、うちのグループは男ばっかで完全に男社会。
我々女の片身の狭さよ。
女は見下していい生き物だと思ってる節があるよねあの人ら。
昭和初期かっつーの。


どこいっても男社会で、どこいっても時代錯誤ねってせせら笑ってきた私が、今さらそんなことでめげるわけないでしょ。

私のビジネスが軌道に乗ってないから、私がめげちゃうんじゃないかととっても心配してくださるけど。
リスクのないビジネスなのに、その程度でめげる奴なんているの?
とか思ってたらどんどんめげてくのは男ばかりじゃない。
くそわろ。
あんたら目開いてないんじゃない?

どうやら男性諸君は女に、可愛らしくメンタル弱く、常に弱者でいてほしいようだけど。
可愛らしいメンタルしてんのは、女に弱者でいてもらいたい男の方だからな。
そこしか優越を感じられないんでしょ。


子どもがいるからビジネスできないって言う人がいると、他のグループに子育てしながらビジネスやってる女の人いるからって笑う男がいる。
私もね、このビジネスならシステム的に子育てしながらも出きると思う。

でも普通に考えたらやっぱ断らざるを得ないわけ。
そもそも笑ってる男たちは、お前にガキができてもたいして育児手伝わねーだろみたいな人で。
しかもビジネスでもそこそこの収入しか取ってなくて。
てめーが何言っても説得力ねーよみたいな。


嫌いじゃないよ。
それなりに尊敬もしてる。
でも、愚かだと思う。
愚かさが伝染する病気じゃなくてよかった。

もう諦めている

私の周りはメンタル持ちがいつもいる気がする。
高校時代は元カノ、大学時代は仲のよい友人、今度はビジネスで一緒にやってる子。
流行ってんなうつ病。

そして、そのメンタル持ちをいつも怒らせてしまう。
怒らせるつもりも、傷付けるつもりもないんだけど。
まぁ、メンタル持ちだからって特別優しくする気もない。
言いたいことを言うだけなんだけど。
まぁ、たぶん気とか遣えないんだろうな。


このビジネスで成功したいから、病気を治すんだと言われた。
でも、私は過去メンタル系の病気は治らないとか、一生付き合うものだとか、なんかそんなことを言われた気がするんだよね。
私が昔かかった医者とかにも。
だから、あ、治る病気なんだっていう驚きで治るの?って聞いたら怒らせてしまった。
確かに配慮が足りなかったとは思うけど。

怒らせるつもりなんて毛頭ないし、なんの得もない。
私はそういう子達の理解者になり得ないし、なりたいとは思わない。
だって元カノのとき面倒臭かったから。
あの人も結局怒らせて別れてしまったし。


サイカの言うことをいちいち真に受ける奴が悪い。
これは私の友人が、私の適当な性格を表して、全く違う文脈で言ったものだけど。
本当にそう思うよ。
無責任なことしか言わないよ。


まぁ、何が言いたいかといえば。
めんどくせぇ。
私の知ったことではないよ、他人の病気なんて。

冷たい人間の仲間入りさ。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2013年06月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アーカイブ
カテゴリー