やばいのか

きっかけは5月。
ゴールデンウィークのクソ忙しいなか高校時代の友達が店に来やがった。
こいつら死ねって思った。

なんだかんだ久しぶりな子達だったのだけど、そのとき
「狩野ちゃん痩せた?」
と言われた。
痩せた自覚もないし、体重はかったりも特にしないからゴールデンウィーク忙しすぎて痩せたのかもって言ってた。
まぁ久しぶりに会うからかもなって。

で、その次の週くらいに別の子と会ったときに、その子とは前の月にも会ってたにも関わらず
「あれ?痩せた?なんか会うたび痩せてる気がするけど、狩野さんそれ以上痩せて大丈夫なの?」
とか言われた。
まぁその子はいつも私に痩せた?って心配しながら聞いてくる子だし、ちょっと風邪気味だったし、ゴールデンウィーク明けだし、とか思ってた。
けど、まぁ2人に言われたなら痩せたのかもしれんなと思った。

さらに6月頭。
ゴールデンウィークに痩せたと言ってきた子と飯行った。
やっぱり私痩せたらしいと言ったら、この前会ったときも思ったけど、やっぱり痩せてるよと。
高校のときがりがりで大学入ってからちょっと太って安心してたら、また高校時代に戻りつつあるよね、と言われる。
ちょっと心配になる。

別の日風呂上がりに鏡見たら、胸元が少し肋骨浮き出てる。
あ、これ痩せたわと自覚する。
疲れるとすぐ痩せるからまぁいつものことなので、たくさん食べてゆっくり休むとだいたい治る。
骨浮き出てるのはみっともないから、とりあえず治す。
すぐ治る。

しかし今月の頭にオフィス行ったら
「あれー?サイカちゃんなんか…痩せた?」
と言われる。
かなりショックを受ける。
今までは久しぶりに会った人にばかり痩せた痩せた言われてたわけで、そんないつも会ってるような人に言われるとは。
確かにちょっと久しぶりだったけど、それでも半月くらいでしょ。


ただ痩せるときっていつも上半身から痩せてがりがりになるから、痩せたくない。
痩せるなら脚痩せろ下半身でぶ。

と思って、今年の夏は脚痩せを目標にしてリンパマッサージに本気だす。
立ち仕事だからむくみやばい。


とか思って痩せたなんだの件忘れてたら。
一昨日半年ぶりくらいにインディーズのライブ行って、演者の人とも久しぶりに会って、うわー、おひさしぶりですー!とか言ってたら。
挨拶終わってすぐ
「ていうか、狩野さん痩せました?」
と。

きたー。
最近久しぶりに会う友達会う友達みんなに言われるその言葉!

人の言う痩せたっていうのは印象の問題だから、どこが痩せたとかじゃないんだよね。
痩せるなら脚痩せろと思ってからすごくそう思う。

あんまり言われるからちょっと気にしてると言ったら、ヤバイ痩せかたじゃないと言われる。
ヤバくないならなんでもいいか。


マジでなんなんだろ。
バランス考えてサプリとか摂り始めたから?

一生やってろ

昨日夜中延々とラインのグループチャットで女子会していたらとっても楽しかった。
夢に向かって死ぬ気で走っている人たちってやっぱり楽しい。

死ぬ気で走れる環境を作ろう。
引っ越すし仕事も変える。
大学卒業して以来私は何も得てないってことがわかったの。

9月から遮二無二走れるように8月は準備をした方がいいと言われた。
準備に徹したらさぞかし楽だろう。
でもそれって時間の無駄な気もする。

今月はあまり意味のなかった打ち合わせをたくさんしてしまった。
誰が信頼できる先輩なのかしらと考えて、結局一番うまくいってる人からアドバイスしてもらうことが、一番手っ取り早いのだと当たり前の結論に至る。



昨日も話していたのだけど、今は戦争中なんだと。
勝ち取るために時間やら何やらたくさん投資している。
みんな女の子してないって嘆いてた。
でも戦争中だから、買ってから全部やるって。

お前の馬鹿にしている女でさえ、腹決めてやってんだよ。
それもできずに勝ち取ることなんてありえないでしょ、って。
手段と目的が入れ替わって、一生やってろ馬鹿野郎。

なんてね。
雑魚なんて見てる暇ないでしょ。

つっかれたー

つかれたよー。
今日朝から晩までフル稼働。
充実していたともいう。

朝はギャラリーでバイトして、
昼から夕方にかけてオフィスで打合せして打ちのめされて、
夜は夜でまた別の人に打ちのめされて。
いや、いうほど打ちのめされてないけど。
道が見えたからいいのです。

要するに環境を変えなきゃということだ。
現状を維持したままだと効率悪いんだろ。
それを色々な人から言われる。
私のビジネスが軌道に乗らないのは効率が悪いからだと。

効率よくもっとはやく環境を変えときゃよかったなと。
思うけど。
まぁ、過ぎたことは思っても仕方ないよね。

来年度キッツイのはわかってる。
知ってる。
だから来年度がむしゃらに走れるために環境を変えるのよ。
そんなに頑張ると女捨てる羽目になるけどいいのって脅しかけられたって、元々性別要らねっていう人だから、捨てれるなら捨ててみたい。

こんなことに手間取っていても仕方ないのよ。
これは目的じゃなくて、夢を実現する手段でしかないんだから。

さっさと終らせたい。
直近の目標まで1年もかけたくない。


今の時代って人生ってハードモードよね。
無職になった友人と、この前話していたんだけど。
普通にしていて生き延びるのが難しい。

正社員でも終身雇用は期待できない。
そもそも我々世代は終身雇用されたくない。
真面目に働き続けるとストレスで死にかける。
死にかけて辞めると就職先がない。
フリーターじゃ老後が心配。
やりたいことはできない。
日々サバイバル。

必死よ。
若年層に生き延びてもらうために中年が犠牲になってるし、年寄りを生き延びてもらうために労働世代が犠牲になってる。
まじ皆サバイブするのに必死。
色々なシステムが色々な不都合を生んでいるのだろう。
生き延びるしかないけどね。


林檎さんの労働者を聞きながら。
ずらかりたいよ。

女の子は誰でも

魔法使いに向いてる。


さ。
お仕事も早番で終わったので。
私が昔から色々引きずっている根っこのとこにいる奴と飯行って参ります。
元カノよりも、もっと根幹の、性別アレルギーのきっかけとなった奴。
私の気の合う友人。だったはずの奴。

成人式では会えなかったからな。
私がレポートに忙殺されていたのと、会いたくなかったのとで。
さて。何年ぶりかしら。


私はもうなにも気にしていないことに気付いた。

青臭くて泥塗れで膿んだ皮膚のような精神で、爽やかさも華やかさもない10代の私。
血ヘド吐いたふりをした。

そういった青臭いメンタルを卒業して、半笑いで過去を見れるだけ、別の人間となった。
客体化した自己。
もう別の人間だから、当時抉られるようにつらかった事象も、今の私にはとるに足らない出来事でしかない。


成人式のあと会おうぜーってメールが来たときは、この男をいつか殺してやると思うくらいには苛立ったものだけど。
たまたまラインで名前見つけたから久しぶりに会おうぜってこっちから連絡するくらいには、私のなかで何事もなかったことになっているらしい。
そういえば、そんなこともあったよなとあとから思い出したくらいで。

誰かが悪かったわけでもない。
私が嫌だっただけだ。
よくある出来事が許せなかったりするようなことって、幼いときにはよくあることなんだろう。


過去を御破算にして、未来を作り上げるの。
串焼き食べながらな。

今の私ならそういうフランクさで生きていけるのだ。
放っといても気負うべきことは出てくるんだから、いらんとこで気負わなくてもいいでしょ。



串焼き楽しみー。

身体もメンタルも弱くて嫌気がさす

ふっかーつ。

とりあえずお外に出れました。
徒歩5分のブックオフで本を買うだけのことに1時間費やしてしまってげっそり。

今日はもう仕方ない。
夏バテだということにしよう。


最近休んでなかった気がする。
でも最近休みすぎてる気もする。
よくわかんねーや。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2013年07月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アーカイブ
カテゴリー