生きてた

件の後輩、一人旅だったそうな。
四国にいたとか。

もーまじビビらせんなよ。
途中から割とどうでもよくなってたけど。
結構心配したんだからな。

とりあえず殴られろ。

楽しい話をしよう

一昨日はテナントの中で色んな人と喋った。
自店引きこもりの私にしては珍しい。


靴がほしいという話を店でした。
そしたら店長に、テナント内の靴屋を勧められた。

私「え、でもあそこ上品すぎて私のファッション取り入れられないです」
店長「って思うじゃん!でも可愛いから!今のあそこはほんと可愛いから!」
私「えー」
店長「今見てこい!」
私「えっ」
店長「今!見てこい!」

で、見てきた。
やっぱりほんわか上品系で、取り入れられないなーって思いながら見てた。
靴屋店長さんにも
「いつもハード系の靴だから、うち割とほんわか系だし、合わないかなって思ってたんだけど」
と声をかけられる始末。

私「いつも履いてるのは仕事用なんで特にそうかもしれませんねー。履き潰すつもりで毎日履いてますし」←スタッズじゃらじゃら
店長さん「立ち仕事だしね。でもそれいいやつじゃないの?1万とかする感じの」にこにこ
私「まさか!いや、これ元日のセールで叩き売りみたいな値段で買いましたよ」
店長さん「あれ、俺靴屋失格だな」にこにこ

そんなほんわか系店長さんとこで、すごくほしい靴を見つける。
お値段2万円。
高い。くっそ高いけどほしい。

私「これ気になるんですよ」
店長さん「あー、これうちの最高級品ですね」
私「やっぱりかー。いやほんと可愛いです。2万か…ちょっと考えます…」
店長さん「そうだね、安いものでもないからよく考えて」

そっからずっとその2万の靴が頭を占めている。
恐ろしい。
たぶん買う。


お隣の店舗が撤退だった。
一昨日が営業最終日。
で、営業終了後、店舗スペースでまさかの酒盛りしてた。

社長さんが営業中に挨拶にいらして
「最後なんで店でビール開けようと思います。怒られてもやりますよ!」
ということを言っていたけど。
まさかガチでやるとは。

帰り際にうちの店長とお疲れさまですーって声かけたら、そのまま酒盛に巻き込まれた。
超楽しかった。

私「ていうかAさんも居るんですね〜」
A「うん、俺お目付け役〜」←テナントの運営の人
そんな顔真っ赤でなにがお目付け役なんだろうか。

社長さん「あ、全然お菓子とかも食べてくださいね」←お煎餅の詰め合わせ勧められる
私「いいんですか?」
社「うん。一番美味しいのは海老の死体張り付いてるやつ」
店長「あ、じゃあ海老の死体で」
私「えー。それラスイチじゃん!店長半分ずっこ!」
店「あっ!蟹の死体張り付いてるのもあるよ!どっちにする?私蟹の死体がいい!」
私「え、私海老の死体がいい」
店「じゃあ、ちょうどいいね」
社「ほんとおたくらノリいいよね…!」
うちの基本スタンス全乗っかりですから。

B「うわぁあん!Cちゃあああん!!寂しいいい!!」←抱きつく
C「はいはい、よしよし。明日も私は出勤だから」
店長「Cさん気づいてください!この人胸に顔うずめてるだけだから!」
B「うち胸ないからCちゃんの胸きもちいー」
私「うわあ、この人酔ってる」
そんなBさんがお隣の店長です。
この人が来てからめっちゃ明るくなった。

D「写真撮りましょー!」
私「わーい撮って撮ってー!」
店「私撮るよー」
D「俺の女子!」←肩抱き
私「うお」←びっくりした
店「きゃー!きゃーきゃー!」←酔ってる
C「こーらお前馴れ馴れしいぞ!!」←おかんポジ
D「別にいーじゃんねー」
私「いや腕重いからあんまよくない」
何が悲しくて変な大学生と親しげなツーショを撮らねばならぬのだ。

ていうかDくん変な大学生だとは思ってたけど、ほんとに変な奴だった。
ことあるごとに肩抱かれたりしたけど、なんかたぶんそういう人なんだろうと思っていたが。
いわく、スペイン人たから仕方ないらしい。

私「スペイン人なの?」
D「スペイン人ですよ」
私「いーなースペイン。一番いきたい国なんだよ。君の母国へ連れてってよ。ねぇ。ほら。」
D「すんません留学してかぶれただけです」
私「素直でよいと思う」
D「厳しいなこの24才」
私「歳のことを言うな!」
まだ23ですし。
そんなわけで隣立ってたからえらい絡まれた。
ことあるごとに髪の毛わしゃわしゃされたり、可愛い可愛いと言われたり、お菓子手ずから食べさせようとされたり。
お前はペットを愛でる女子か。
そういうの面白くできない人だからやめて。

D「たまにはEくんも会話に入れてやって下さいよ」
E「そんな、全然大丈夫ですよ!」←控え目
店長「狩野はね、ずっと言ってるよね、Eくん大好きって。あのゴミ不法投棄事件の頃から」
私「いやー超面白いでしょあれ」
社「ちょ、なにそれ詳しく!」
D「全く知らないんだけど!」
私「Eくんがゴミ捨て場と勘違いして運営事務所にゴミ投げ捨てようとした話」
店「で、一緒にいたBさんが、投げ捨てる直前にEくんの首根っこ捕まえて失礼しましたって何事もなかったかのように去った話」
社「なにしてんだお前」
D「えー俺ちゃんと教えたよゴミ捨て場ー」
E「いや、そうなんだけど、なんか勘違いしちゃって」
私「だって運営事務所とゴミ捨て場全然場所違うじゃん!ていうかドア開けたらわかるじゃん!どう勘違いしたんだよ!」
ほんとこのエピソード好きすぎて色んな人に言い触らしてる。
Eさんすげー天然なの。

店「でも寂しくなりますねー」
B「Aさんも異動ですもんね」
私「えっ!そうなんですか?!」
A「そうなんですよ。9月から本部の方で」
社「ビール三昧ですか?」←テナントの運営元がビール会社
A「だったらいいんですけどねー」
店「そう、うちの狩野も今月いっぱいで」
B「えええ!」
C「どこに異動なの?」
私「いや、異動でなくて退職ですね」
B「そっかー次は何するの?」
私「芸術関係で一旗揚げようと思ってます」
A「芸術関係とは意外な」
私「元々アパレルに興味があったわけじゃないんです」
A「じゃあ新しい人来るの?」
店「来ないかもしれないんでてんやわんやですよー」
私「は!いまここに居る人店長以外来月から居ないじゃん!」
A「どうすんの店長ちゃん!」
店「どーしましょーかねぇ…」
8人中7人が居なくなるという。
そういえばあと2日しか出勤しない。


楽しいことがいっぱいあると離れづらくなるから、環境が変わる前というのは好きではないよ。
お世話になったとこだけ菓子折持って挨拶いこう。

心配事とは

落ち着いた。
私のメンタルは。

マジで連絡つかないし、相変わらず心配だけど。
逆にいえば訃報も来てないから、今は気にしないことにする。
泣くだけ無駄。
悩むだけ無駄。
あの馬鹿早く帰ってこい。
ぶん殴る体制だけ整っていっているぞ。

大丈夫、最近私の直感はよく当たるから。
あいつが死ぬとか想像できないし、私はあいつとまた飲み行くつもりだし。
大丈夫。


人のことよりまず自分のことよ。
いい加減将来を見据えたい。
本気でやるから環境を整えるのよ。

次の仕事は決まった。
来月頭からの出勤。

新宿のは落ちて、受かったとこは新宿から2駅離れてて、ちょっとビジネスやりづらいかもって思ったけど。
ビジネスで使ってる場所が私の職場に来月から変わるっぽくて、むしろ追い風かもしれん。

シェアハウスで数ヵ月過ごすことも考えてる。
それならほとんど初期費用かからないし。
ただ母を残して出ることをやっぱりちょっと気にする。

私には実家なんてないし。
家を出るなら私の荷物は全部持っていかねば。
引越でひっかかるのはそこだよなー。
身軽にしたいんだけど。
父と母の家に少しずつ物を置かせてもらえないかな。


5連勤折り返し。
あと2日。

落ち着きたい

どこぞの後輩のせいで寝不足。
もーやだ。
昨日から5連勤なのに。
ちゃんと寝たかったんだけどな。

相変わらず電話繋がらないし。
メールも返ってこないし。

早くみつかれ。
戻ってきて。
安心させてくれ。


頭を仕事に切り換えて。
今日は魔の土曜日。
昨日落としたから今日は売上立てなきゃ。

泣いてる場合じゃない。
仕事もしなきゃいけないし、この前面接受けたとこから電話かかってきたから折り返さなきゃいけないし、都内に出る計画も立てなきゃいけないし、今月のビジネスの目標を落とさないように作戦立てなきゃいけないし、来月の準備もしなきゃいけないし、友達に返さなきゃいけないメールも溜まってる。

私が泣いててあの子が帰ってくるから泣くけど、無駄だもんな。
落ち着かないけど、やるべきことはやらねば。

ほんと、早くみつかれ。

現実感がない

情報化社会じゃん。
なんで後輩の一人くらいみつからないわけ?

なんか落ち着かないから家で飯食ったあとに、同期たちと会ってきた。

奴が残した書き置きの内容はわからないけど、推測するに縁起でもないような内容のようだとか。
勘弁してよ。
かえってきて。

私基本的に何かが起こったとき、大団円しか認めないからな。
どこにいてもいいし、いつでもいいから、最終的に帰ってきてうちらに殴られろ。


同期が結構参ってて、お盆に飯誘えば良かったとか、もしこれであいつになんかあったら立ち直れる気がしないとか。
うちらでこの状態なんだから、ご両親今どんな心境なんだろうとか。

優しい子なんだよ。
大好きな後輩なんだよ。
あんまりネガティブなことも言わないし、気を使うし、ろくでもない先輩だったけどたててくれてさ。
当時のうちらの愚痴とかもやんわり諌めたり流したりして。
自殺癖とかあるかまってちゃんでもなんでもないんだよ。
だからほんと失踪とか洒落にならない。


現実感があんまりなくて。
心配だし、怒ってるし、不安でもあるんだけど。
妙に冷静でもある。
寝て起きたら何事もなくあいつも帰ってきていて、お騒がせしましたてへぺろ、みたいな展開になっている気もする。

とか言いながら今すげー私泣いてるからやっぱ不安だし、心配。
衝撃的な出来事って起こると、相反する感情で混乱する。
大丈夫だ、帰ってくるって思う一方で、万が一のことがあったらどうしようとか。

こんな心配させてあいつはほんとに何様なのさ。
早く帰ってきて。
帰ってこなくてもいいから、ちゃんと過ごしてて。

この前会ったとき、あたし生き延びることが一番大事って言ったじゃん。
死ぬほどつらいことがあるなら、死ぬくらいならやらなくていいって言ったじゃん。

ばか。
メール返してよ。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2013年08月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
カテゴリー