やるしかないと

すごく憧れてる人から
「狩野さん」
って呼ばれるのが恥ずかしい。

私なんかに敬称をつけられている。
なんてことだと思う。

あのコミュニティで私のことを狩野さんと呼ぶ人は、仕事と打ち合わせのときに先輩がたまに呼ぶくらいで、ほとんどいないのに。
だいたい狩野ちゃんって呼ばれてるから。

恥ずかしくて仕方ない。
胸を張れるだけの結果を出してないから。
そのくせ毎回打ち合わせしてもらっているから。

彼との打ち合わせは逃げ出したいくらい嫌だ。
恥ずかしいし、緊張するし、みっともないし。
いつもいつも「もっと考えろ」って言われる。

他の人にはお前とか呼び捨てとか、そういう感じなのに。
よりによって結果を出せてない私をさん付けで呼ぶ。


慧眼のある彼のことだから、何かこの辱しめに意図があるのではないかと深読みしてしまう。
ノープランで打ち合わせ行ったとき、ノープランがバレたことは記憶に新しい。

先輩に言われた
「狩野ちゃんは考えてると思ってたけど、考えてるふりしてるんたね。俺は気づかなかった」
と。
ふりをしているというより、集中力がないんだろうな。
思考かとっちらかる。

きつー

成し遂げるためならなんでもするって思ったけど。
流石にきつい。
どうしても拒否反応が起きるのは、自分が女扱いされること。

おえ。
悪いけどやらせる気はねーよ。

勘違いさせる気はないんだけど。
まぁ今日のは私が不注意だったか。
はー。
まぁこれで終わった訳じゃない。


ま。
いーや。
お互いドンマイってことで。

悪いけど、相手が悪かったと思って。


私は私で目的があって。
相手には相手の目的があって。
それが相違しただけで、そんなことは日常的にある。

反省点といえば、食事代を出してもらったことにあんまりごねてもみっともないかと思って、ひいてしまったこと。
みっともなかろうと、そこは出さねばならなかった。

次から気を付けよ。


はー。
もやもやしてタバコの量増えすぎた。
そして真夜中に暴食なう。

寝て起きたらバイトの面接いこー。
日給12000円。
受かる自信しかない。

やる気スイッチ

メンタル安定してきた。

ビジネスの話。
コーチを変えた。
つまり、私と打ち合わせをしてくれる人を変える。

今までのコーチが悪かったかといえは、勿論悪くはなかった。
色々打ち合わせもしてもらったし、出来ないことはやってもらったし。
最強のコーチ陣だと思う。
でも結果がでなかったから、コーチ変えようという話になって、コーチを変えた。

新しいコーチは、いままでとやり方が全く違う。
でもこっちの方が私にはあっているのかもしれない。

新しいコーチに言われた。
「3ヶ月間、自分のビジネスだとおもって手伝う」
「それだけ本気でやれば結果が出る。それで結果が出なければ、またコーチを変えた方がいい」

頼もしい。
頼るのみならず、頑張らねば。

胃液がせりあがる日々

恥ずかしい。
殺してくれるのを待ってる。

そうよ、逃げたいのよ。
でも逃げずに新宿駅で降りて打ち合わせにいくことを決断できた自分を褒めてやらないと、また明日から生きていけなくなる。

げろはきそー。


明日実家に帰る。
確定申告ってしなきゃだめなのかなー。
別にやらなくてもよくねー?

帰るだけ無駄だから帰りたくないんだけど。
帰ってこい言うなら交通費だせやボケ。
邪魔ばっかしやがって。
てめぇがこっちこいよって話よ。

自分と今の自分が解離している

イライラする。
ほんとこの女ムカつく。
早くこの女を殺さないとまたおかしくなる。

成功するしか道がない。
この道を進むしかないし、この先には楽しいことが沢山あるのは知ってるのに
そんなに大変な道のりではないはずなのに、
被害妄想に取り憑かれて動けない。
くだらない。


攻撃的なメンタリティが全部内に向いてる。
内にというか、今の自分に向いてる。
自分はひとつ高いとこにいる。

それはそれでなかなかイラつきすぎて禿げそうになるけど、内に向いてればまだましで、
これが外に向くと目も当てられないほど子どもっぽい行動になる。

外に対して攻撃的になればメンタル的には少し楽だけど、ろくなことない。
子どもみたいに当たり散らすしかなくなる。
ましてや今共同生活をしているから、暮らしづらくなるわ。

メタ視点の自分が今の自分を憎んでいるだけだから、別にそんなにつらくないはず。
今の自分が今の自分を憎むとイライラしすぎて死にそうになる。

若いときそれでどうしようもなくなって、クッションを切り刻んで母親にめっちゃ怒られたのを思い出した。
なんかやらかしたあと、賢者モード的な、なにやってんだ自分くだらねぇってなってるときに、母親から怒られるっていう。
自分の存在価値が宙に放り出されて何処にも着地できないような虚しさがあって、死にたいとさえ思えない。

あれはもうほんとに内に向けた攻撃性が限界だったんだろうな。
手元にカッターがあって、自分に刃物を向けるのは、人にダメって言っていた以上自分でするわけにもいかず。
クッションを自分に見立てて滅多刺しにした。
そうして強制的にメタ視点にたたないとどうにかなりそうだった。

頭おかしくなりそうだったらODするしかなかったし。
それがタバコになっただけね。
ODみたいに依存もしてないし、嗜む程度だし、メンヘラも落ち着いてきてるわな。


もういいとしな訳で感情なんかに振り回されないわ。
今のこのバカ女が大変だろうとそんなの知ったことではない。
こんな価値のない女に気を使うことはない。
ぼろ雑巾のように使いきって、自分の価値を高めていくのよ。

滅多刺しにしたら死んじゃうから、この憎たらしい女を隅から隅まで利用していくしかない。
残念ながらこの女が私だから。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2014年03月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ
カテゴリー