武装

久しぶりに特別な用事もないのに化粧をした。
体調を崩してからは、朝のタスクを少しでも少なくするためにメイクをやめた。
メイクをするよりも、朝無事に出勤することの方を優先したから。


化粧というのは武装である。
女性として生きてる以上、お洒落をすることは武装である。

お洒落をすることで、自分を価値付けることができる。
人並みの顔面でもお洒落をするだけで、可愛くなる。
可愛いというのは大きな武器。

素っぴんで歩いているときより、
メイクをしたときの方が強い。
自信をもって生きていられる。


いま私は何かにつけて自信がない。
自信がないのに丸腰ではどうにもならない。
せめて武装しよう。

できるかぎり毎日メイクしよう。

気付き

色恋沙汰がとても私にとって厄介だと感じる理由に気付いた。
嫌わば嫌えというテンションで接することができなくなるからだ。


人から好かれているか嫌われているかは興味なかった。
私が気持ちよければそれでよかった。

ただ、いま私が習得したいものは、人たらしにならないといけない。
人から好かれる技術、嫌われる技術。
それを彼から学んでいて。
人のことを見るようになった。


自分と相手の関係性について考えることで、最近自覚的になった。
私にも嫌われるのが嫌だと思う人がいるということ。
そういう人にどう接すればいいかわからなくなること。

いま欲しい技術を習得することで、目標を達成するだけでなく、
もっと生きやすくなるのかもしれない。

悲しみが顔を出して

夕方になると憂鬱が襲ってくる。
メンヘラ乙。
昨日は薬飲んだんだけどなー。

全方位不信感なので、完全にもうだめ。
生きててごめんなさいって感じ。
誰も私の生を断罪できないと理性は知っていても。

病院もいきたくないなー。
先生変わっちゃったし。だるい。
薬もうそろ切れるから、行かなきゃだけど。


一息つくと、思考の隙間から忍び寄る。
憂鬱感が。
思考の隙間を埋めるように働くと、具合はどんどん悪くなる。
悪循環。

ゆっくりしたらいいとはわかってる。
でもこの残り少ない20代を何もせず終わることに恐怖を感じる。


これから彼の会社に行って、色々と教えてもらいにいくけど、
すでにもう若干具合悪い。
続きを読む

死にたくなっても助けてはくれないくせに

今日も元気にメンヘラぶりっこ。

2000円どぶに捨てた。

5時間をどぶに捨てた。

もういや。

それだけの無駄で、死にたくなる程度には病んでる。


根強い自己不信と、
彼氏とかいうものの存在に対する不信感。
性別アレルギー。

相手を信用しすぎるから、
相手に期待しすぎるから、
重たいメンヘラ女。
どうせいつも私が悪い。

私が悪うござんした。
そう言っておけば楽なのよ。

何も成し遂げられないなら死んだ方がましだ。


何もかも昨日薬を飲まずに寝てしまった私が悪いのよ。

弱い自分は殺せ

この恐怖はどこから来るのか。


金が欲しい。稼ぎたい。
稼いだ金でやりたいことが山ほどある。
パトロンになるためには金を稼ぐ他ない。
金がない奴は社会貢献なんかできない。

稼ぐことに対する謎の恐怖心があることに気付いた。
このままではなんの商売をしても成功しない。

稼ぐことは悪いことではない。
私は資本主義社会で生きている。


勝ち癖をつけろ。

怖いことが沢山あるのは、病気が見せる幻覚よ。
恐いことなど、何にもないの。


目標を見失うな。
稼ぐことは手段でしかない。
金は手段だ。
稼いだ金で何がしたいのか、見失うな。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2015年06月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
アーカイブ
カテゴリー