過度な期待をしないと言ったその口で

彼と別れた。笑
今回こそはお互いに合意のマジのやつ。

需要と供給が合わないよねって。
冷静に考えたらそうなのよね。

仕方ない。


「誕生日、おうちに忘れたプレゼントは頂けるのかしら?」
「もう捨てる」
「え。じゃあ何くれるつもりだったか聞いていい?」
「ゆびわー」
「えっ」
「結構ええやつやったんやで」
「でしょうね!あなたのことだからね!」
「でも渡せへんかったっていうのは、意味があるんやな」
「あーもう、ずっとすごく欲しかったのになぁ」

でも、買って用意してくれる気持ちが
当時あったことがすごく嬉しい。


さて。
私は私のミッションを、決断しましょうか。

毎年鬼門の誕生日ですが

今年は幸せに過ごせている。
誕生日は鎌倉に旅行に行った。
地元だが。

地元だからか、
やたらと知人友人に遭遇した。


彼と一緒に居たんだが、
友人にばったり会うたび
「えっ、彼氏さん?」
と言われる気恥ずかしさよ。

彼と一緒にいるところを
知り合いに見られるのは
もしかして初めてじゃなかろうか。

いや、そもそも
彼と「彼氏彼女」という括りで見られるのが
初めてなんじゃなかろうか。

誰かといるときは
基本的にビジネス上での関係として
お付き合いをしているし。

知っている人の前でも、
仕事中は当たり前だけど
断固として崩さないし。


なんだかんだ彼と1年半以上続いているのに
カップルという括りで見られるのが初めてだと気づいた。

1年くらい
くっついたり別れたりしまくっていたけど、
ここ半年ほどは安定している。

まあここ半年ほどは身内に妊婦がいるから
それどころじゃないんだけど。



しかし今年の誕生日は
ここ10年で一番幸せだった。
もしかしたら思春期こえてから
誕生日がしんどくなかったの初めてかも。

なんであんなに苦手なのかわかんないんだけど
ほんと誕生日って苦手で、
毎年自意識こじらせて大変なんだけど。

仕事も放棄してのんびりして。
幸せだったー。


久しぶりに思い切り甘やかされた。
付き合いたての頃と同じくらい甘やかされた。

私が行きたいって言ったところは
文句も言わず全部連れて行ってくれたし。
食事だって私よりこだわりあるくせに、
何が食べたいか選ばせてくれたし。

そのくせプレゼントは家に忘れられるという。


月末に仕事仲間たちで祝ってくれるらしいので
そのとき渡してって言った。

あんな甘やかされてた誕生日当日を思うと
なにを頂けるのかしらと舞い上がりそうだが、
お付き合いを公表していない仲間の前でも
渡せる程度の代物だろうから過度な期待はしない。笑
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2016年11月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
アーカイブ
カテゴリー