反省なんてしない

さて、2年振りにホテルに入ったのだ。
それは勿論のLOVEの方ね。

25歳の彼は私の彼氏とかじゃなくて、ただのお友達。
呑みという名目で入っただけ。

別に“ただ呑むだけ”なんて思うほど馬鹿じゃないけど。←これ去年の暮れにも言ってたよね(笑)
でも紳士な人で気楽で、テキトーで嫌じゃない人。
だから良いかな、まぁと思った。


部屋に入るとソファで呑む。
彼は食べてなかった夕飯を食べ、安っぽい風呂に入り、戻ってきたころにはヘロヘロに疲れきってた。
ベッドに入った彼にギシギシのバスローブに着替えてベッドに来るように言われる。
「こっちおいで。寝よ?」と。
仕方ないので着替えて覚悟する。

ベッドに入るとすぐさま開始。
愛撫が短くて吃驚。
それでも酔っちゃってるしそれなりに準備整っちゃってるあたし。
あれよあれよと入ってくる。
「ゴムある?ちゃんとつけないと、、、」って言うとすぐ抜いて自分でさっさとゴムつけてくれたのでラッキーと思う。
「付けたよ。それに今までもできたことないから大丈夫」と。
いつも思うけど、男の人のこういう根拠のない自信でどこからくるんだろ?
今までとかがどうであれ、できちゃうものはできちゃうのにさ。

で、ヘタってるあたしに後ろからしてくれたけど全然だったなぁ、とか思う。
うーんと、ぺちゃぱいのあたしが言う資格なんてないけれど、悲しいほど短いんだもん。
届かないんだ、奥まで。
それに彼、すぐいっていまって、ひと息ついた頃には眠ってしまっていた。
なのであたしも寝た。

朝目覚めると、まだ彼が熟睡してるのであたしも寝ようとするけど全然眠くならない。
折角覚悟したのに昨日は全然期待外れの結果だったーと思って煮え切らない。
でも退室時間ギリギリまで寝てる彼、起きたら起きたで普段通りなのであたしも変わらない態度で応じる。

退室した後、いつもの待ち合わせ場所に送ってってもらって解散。


あー。またこんな馬鹿なことしちゃったよと思う。
できてないと思う、多分。
てかできたら親の二の舞になるから本気で子どもなんていらない。
でも多分演技するしかない位に微妙だったし奥に届くほど彼の長くないから大丈夫だと、思う。
あたし自身無責任だ。
こういう人間だ。

本気で好きになってくれる人いないから、こんなこと繰り返すお馬鹿さんなんだなああたし。

そんな感じでまだまだ人生歩んでゆきまする。
しかしまぁ不発だったな。(笑)
続きを読む

絶望こそが生きる糧

エレカシのNewシングル出たんだぜ。

新曲聴いて
今だ!今この瞬間の為に生きてきた気がする、あたし!
とか思って嬉しくなったwww



最近はブルーハーツとかユニコーンとか聴いちゃって。
懐メロが良いんだよ(笑)

人にやさしくを聴くのが昔から好き。
同情されてるみたいで嫌なんだけどねー



箱入り娘にさ、努力なしで成功したみたいに言われて苛ついたのだ。
文句言う隙がなくなるくらい置いてくぜ。
追いつけないのは、貴女が苦労を知らないからだ!


とにかく毎日戦です(笑)
あ。仕事以外も頑張るんだもん。
続きを読む

不純

何でだろうな。
いつからかな。

どうでもいいメールを待ったりするのは
気分のせい?

ややこしいのは嫌いだし
面倒は起こしたくない。

きっと優しくて紳士だったから少しばかり気になるのよね?


誰なのか。
何処の馬の骨ともわからない人間なのよ。
でも、それでもさり気なく気遣い出来ちゃう人間って狡いよね。
このまま時が流れてしまえば、甘えてしまうんだろうなぁ。

コテッと身を委ねてしまうんだろうか?

あーあ。
あたしってよくわかんないや(笑)

巡り廻る

あれから約9年が経ち、
私はすっかり天然で誰とでもすぐ打ち解けられるいい子というイメージができた。

色んな人間と喋れるようになって、
色んな人間と遊ぶようになって、
気づけば周りに人がいる。

こんなに克服した。
こんなに明るくなった。


ただいい子止まりかな、、、
誰か私を好きになって下さい(笑)

笑っちゃうほどくだらない人生なんだから。

ぼく

あと3カ月弱で二十歳だ。

もうすぐ自由が増える。


去年の夏、親友と海に行って語り合った。
二十歳までに彼氏つくるって目標立てたんだ。

どうでもいい、
大して頑張る気もないが、
立てた目標。


これから誕生日までにとても彼氏が出来るとは思わないが、
ちょっとだけ気にしてくれてる人が居る。

今までみたいに恋したいと思う自分に惑わされないようにしなきゃ。

ゆっくり、ゆっくり、
歩んでいきます。


僕は結構女の子らしいみたいだから、二十歳にもなれば流石に人肌恋しくもなりまする。


よし!
気合い入れていくぞっ
<<prev next>>