おんなのこ

祭前1ヶ月から始まり
継続している。

祭の集まり。

太鼓の練習に通い、
食事に呑み、
呑みは定期的に行くのが決まり。

これがもう快適で仕方ない。

この集まりで久々に再開した同級生の男の子は以前より面白くなってた(^^)
あと後輩と先輩。

4人でプリ撮って呑んで
どーでもいいこと話すのが楽しい。

だからちゃんとお洒落していかなきゃー!
とか
化粧も直さなきゃ!とか
思う。


初めて4人で呑みに行ったときのこと。

朝5時に解散したはいいものの、私だけ家まで遠い。
そしたらこの同級生のKがタクシーかバスが来るまで話し相手になってくれた。
これだけでも嬉しい。

7時過ぎになり、解散をしてトイレに行った。
トイレから出ると
「タクシーつかまえといたから」
と、案内してくれる。

吃驚しながらタクシーに乗せられて、
お礼を言って別れた。
タクシー運転手のオジサンが
「もうお金もらってるからね〜」
と微笑む。

吃驚して私固まる。
まじで?え?Kくんがお金まで出してくれた?と自分自身に疑問を投げ掛ける。

帰宅してすぐに電話をする。
ありがと!ありがと!ほんとごめんね。
と言うと
「大丈夫大丈夫。また○○(←うちらのチーム名的なもの)で呑むか」
と。

もう優男すぎてこの言葉に対してうんとしか言えなかった(笑)

20歳ってこんな紳士になるものか?
とちょっと戸惑う。

と、ちょっとドキドキして
あーあたしも女の子なんだなぁと思った。

でも男の子っていうより仲間って感じで、普通に呑みに行くのが楽しいよなー


あー次回の呑み会待ち遠しい!

不毛な領域

どれくらいになるだろう?

彼と初めて行為に及んだ時
別に嫌じゃないな、
と思ってしまったのが間違いだったのか?

彼氏じゃない
嫌いじゃないけどそこに愛は存在しない
彼との身体の相性が凄く良い訳でもない
別に貢がれてる訳でもない

何がって言われても答えられない。

そんなほぼ無意味とも言える関係。

Facebookにいた。
あたしの可愛い後輩と友達になってた。
こんな関係が知られてはまずい、と思ったから彼と縁を切りたい、切ろうと考えた。

なのに、こんなタイミングで彼からのプレゼント。
しかもオーダーメイドだった。
どうして彼がそんなことするのかわからない。

付き合う気なんてないだろうに、
別に放っておいたら逃げるなんて素振りも見せてないし
我が儘で買ってもらったって訳でもない。

キープか?
好きだとでも言わせたい?

彼から離れるにはまだ時間が掛かりそうだ。



あ。ピンサロで働けるくらいの技術あるんじゃない?ってなんか褒められたんだった。
だからやっぱそこ目当てなんだろうか。


ホテルから出てバイバイって言う前にキスされた、下から。
只でさえあたしの方が身長が高いのに今日はヒールが高くて、170を軽く越えていた。男の人に背伸びされると恥ずかしい。
と、云うか、
どちらかといえば男の人に向かって背伸びしてキスするほうが可愛いに決まってる。

背伸びしてキスしてくる人を動物的に可愛いと思えても男の人としては愛せる気がしないなぁと。

だからどーしよ、って話。
あたし行動力ねぇな。
<<prev next>>