スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

タイトルなし

昨日の、あの瞬間、あの言葉、
私は忘れないし、
重なったと思った。

削れて、削れて、薄くて、鋭くなった
ボロボロだけど
笑いながら泣いて、精一杯

同じ かどうかわからないけど
私たちは
解放されたいって思いながら
踏ん張って、踏ん張ってる。

この辛さを
どうすれば良いのか
それ以外に知らないから

支え合わないと
衝動に、注意して
+

タイトルなし

自分のことに対して何の興味もなくて
生きてる事がよくわからなくて
頑張ることの虚しさが辛くて
ひたすら睡眠をとったり、泣いたり
ボンヤリと時間だけを消費しているけど
いま、を生きる事で
また、葵さんと暮らせる日が来るなら
それがいまの私の試練なので
生きることを、頑張っている

少しずつ、私を理解してくれる人が増えた
それは私であり、葵さんが育ててくれた私であり
好きだといってくれることが嬉しくて、誇らしいです


かろうじて息をしている程度だけど
泣きながらも、弱りながらも
また葵さんと一緒に過ごしたい
それだけ願って生きてる

遠距離に戻ってもう長いけど
年に数回、抱き合って眠って
2人でいる呼吸とか、温度とか
全てがぴったりで
独りよがりじゃない感覚

もう少しで9回目の記念日です
今年は一緒にいる事は出来ないけど
これからも変わらず、
毎日毎日、更に更に、大切に
だいすきを重ねていきたい

おばちゃんになっていく2人を
どうか見守っていてね
自分の気持ちを大切に
大切だと思える人をみつけてね+

タイトルなし

ゆらゆらとふらふらと流されて
自意識を持てば帰宅の電車
そんな日々の中で御座います。

年末の挨拶も
新年の挨拶もせず
便りも出さず
絵も 描かず
歯車のひとつ

プラネタリウムを葵さんから戴きました

味気ない天井が
キラキラ キラキラと
満天の星空で
唯一の楽しみの時間


私らしさを忘れず
姿勢を正さねばと
常に常に思って生きて

そんな私を休めようと
年末前に電源を切った

Twitterには私がいて
だけど息を止めていて
それなのに周りは動いていて
不思議な 気持の悪い感覚

抜け殻なんだと思う 今

ゆっくり充たされる日が
また 来るだろうか

訳なく泣く日も多いけれど
今はそれでもいい

自分のことを考えてあげる期間を
この年になって設けている

通り過ぎた人を想うのは
苦しくて 痛くなるから
なるべく何も考えない努力を。

こんな私を
今も視ていてくれる人
それだけで
本当に それだけが信じられる今

浮上する気配はまだ無いけれど
生存報告、でした+

タイトルなし

キリの良い季節になるたび
伝えたくなる事がある

キリが良いだとかは自己満足で
言ってしまいたい気持ち先走り
伝えてしまったらどうなるのか
こわいきもちもずっとずっとある

いつになれば
もう何年経てば
全ての責任をとれるようになるのか
まだ無力なのかなぁ
まだまだ微力かぁ

キリが良いと思うのは自分だけ
暗中模索、頑張ろう+

タイトルなし

ぱんださんの名前を見付けて
とってもとっても嬉しかった〜
忘れないでいて下さるんだなぁ、
不思議な関係だとは思うけど
ずっと大切にしたいと思っています

有難う御座います、
お元気でしたか?
嬉しい+
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
アーカイブ
カテゴリー