スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

買っちゃおうかな

来月…ローナのフィギュア買っちゃおうか…。
でも、のぼうの城とかDVDほしいしな…。
悩む…。

いや、マジでフィギュアばっかり買ってる場合じゃないですよね。置く場所ないっての。
でも、イサリさんフィギュアがほしい。ディランさんもほしい。二人並べたい。並べて飾ってhshsしたい。

黒咲練導さんの『ユエラオ』が届きました。
縛り師は彼氏兄なんでしょうか?
だとしたら、後輩君はどうした!この浮気者!!って感じだったのですが、最後の最後で後輩君来たので満足。
ここからon/offにつながるのだろうか。
後輩君かわいいよね。ネットで「男装女子かと思った」って書かれてて吹いた覚えがある。

あついー。

あっつい!

こんばんはー!アラキでーす!
…今のがなんのまねかわかった人にはあれだ。
アラキの駄文でいいなら、なんかリクエストする権限をさしあげます(うわぁ、超いらぬ
違うよ!今のはマッ○のものまねするダイ○ジの大○さんのものまねだよ!(答え言うんかい

何だったんですかね、今のテンション。暑いからですかね。頭沸いちゃったんですかね。
酔ったんですかね。コーヒーで。カフェモカで。酔う要素がないわよ。

今日はゲームしたり買い物したり読書したりしてました。休みだったんで。
休みの日にEoEをがんばって進める、という新しい目標ができたので頑張ってる。
今日は戦闘の感覚を思い出すために雑魚と戦ってただけだけど。
なんだろう。もう、どうしようもないくらいレベルあげたらクリアできるかな…。

P4Gもちょこちょこ進めてます。雪子ちゃんいつになったら助けられんねん。
バスケ部に入ってみました。サッカー部の子×バスケ部の子だと思いました。hshs。

ネタがあんまりないので、梶井基次郎との確執について語る。
アラキは高校時代放送部に所属していました。
大会があるのですが、個人部門はアナウンスと朗読がありまして、アラキは原稿自分で考えるのめんどいー、取材すんのめんどいー、という消極的な理由から朗読やってました。まぁ、台詞の部分楽しかったし。
で、朗読で読む本は、毎年4冊だったかな?指定されてるんですが、現代文、古典、純文学、外国文学?ってな感じで分類されて…るんじゃないかな。知らん。
そこでアラキが一年生の時最初に読んだのが純文学系だったので、純文学担当路線になってたんですよ。三年まで。ずっと純文学系読んでた。
(名前失念)→三四郎→檸檬→しゃべれどもしゃべれども(ここで路線変更)だったんですよ。
大会とは関係ないけど坊ちゃん読んだりもしてたから、本当に純文学担当でしたね。

でだ。
朗読は、ってかアナウンスもですけど、決められた時間があって、そこに収まる範囲内を読むんですよ。アナウンスだったらそれに収まる原稿を作らなきゃいけない。
『檸檬』を読むことにしたアラキは、意気揚々と読んでいたんですが、まぁ暗い話が多くて、読む場所が見つからない。
どんだけ梶井基次郎暗いねん、とイラつきながら、先輩の助言もあり、なんとか読む場所を決めたんですよ。

そこで問題発生。
読む場所を大会指定の原稿用紙みたいなやつに書いて提出しなきゃいけないんですけど、それで3冊くらいその読む原稿を作らなきゃいけないんですよ。
まず、タイトルが『檸檬』書けるか。
アラキが読む部分にも『檸檬』
さらに『憂鬱』という単語が何回か。
それを三冊書いたわけですよ!!
もうね、もうね!
あの大会終わってしばらくは「檸檬」と「憂鬱」が空で書けるようになってたわ!!
お前梶井基次郎マジでふざけんなよ!ってなった。
そんな思い出。

え?別に、今となってはいい思い出ですよ。はっはっは。
でも、暗い人、という印象は消えてない。だから文ストの梶井さんが私の脳内イメージと違いすぎて面白い。なんだこの人。
ちなみに、私が路線変更したのは、もう『檸檬』って書きたくなかったからってのが半分、作品内容が暗すぎたってのが半分です。
そしてアラキは『三四郎』で好評だった、恋愛路線に走るのです。
「アラキのやる男役マジかっこいい」と好評だったんですから。一部で。
意図せずに『しゃべれどもしゃべれども』も主人公が告白するシーンでしたからね。

うわー、高校時代楽しかったなー。放送部楽しかったなー。

…なんか、この日記、すさまじく面白くない気がしてきた。
でも、冷静に考えてみたら、私の日記は毎日面白くないので、平常運転だな、ということで落ち着くことにした。

さて。
一次創作するか、読書するか。
読書タイムにしたいのはやまやまなんだけど、締切に間に合うかな…?っていう不安が…。
締切云々より、まずはページ数が規定に届くかが心配ですが。
うだうだ言ってないでやるか…。

妄想の世界から帰ってこられない

文スト。
銀ちゃんは実は文豪キャラ云々の妄想に関しては、いろいろぶっ飛んだ考えに至った挙句、文豪ではないけど、一部の文豪に影響を与えたある人物がちょっといい感じなんじゃないかしら、という妄想に至った。
能力もアラキの足りない脳みそで考えてもこれだ!ってのがあるし。
あと、名前的にどっちでもイケる感じだし(だからもう女の子説諦めろ

そんなこんなで生きてます。アラキです!

にしても暑い。
もうやだ。夏来ないで。夏来ないで。夏かっとばして秋になって冬になって。それでいいわよ。
あー、でも、夏…とりあえずスイカ食べられればいいや。

そいや文ストといえば、谷崎くんが著書のせいでどうしても脚フェチのドMなんだろ?って気がしてならない。
ちょくちょく史実ネタが入ってるから、この可能性も否定できないと思うんだ。
だから、ほら、脚フェチのドMなんだろ?だろ?(やめたげてよぉ
読んだことないんだけどね。
現国の文学史で勉強してる時に、「うわぁ、谷崎潤一郎…。要するに脚フェチのドMなんだな。まったく…」となった。


あっつい。かき氷食べたい。

原典(モノ)がわからなければ云々

文スト。
江戸川乱歩の本をなんか読んでみよう→ブックオ○に行く→短編集が一冊あったけど、書き込みがあったので気に食わなくて見送る→ブッ○オフオンラインで検索→あったよー!←今ここ
でだ。
オトナ買いのコーナーで見たら、一巻がなかったので、別のシリーズに手を出そうとしたら、別の短編集がはぁ!?って値段(中古にしては)したので、やっぱりこっちのシリーズから手を出そう…と思って、某ホラー文庫系列から出てるのを買おうとしたんですが、やっぱり一巻がないことにはどうにもこうにも。
てか、『黒蜥蜴』あんじゃん。これでよくね?てかこれがよくね?これがいいです、って思いながら密林であらすじみたいなの見たら、明智シリーズの中の一冊だったみたいで、いきなりシリーズものの途中から読むのはどうなの、ってなって、結局ホラー文庫としては3巻くらいだけど、明智シリーズのはじめっぽいところを買い物かごに突っ込んでおきました。来月になったら購入手続きする。

で、この『黒蜥蜴』のあらすじ調べてて知ったんですけど、原典の「黒蜥蜴」って女性なんですね。…どうしろと。
…え、文ストの黒蜥蜴に女性要素が見当たらないんだけど。
これはあれだ。あの三人より上の地位にすんげぇ美人で(勝手な妄想です)すんげぇセクシーな(勝手な妄想です)お姉さまがいるに違いない(勝手な妄想です)
それかもうやっぱり銀ちゃん女の子だった展開来い。むしろそっちのほうが大好物だ。来い。ないかー(ないよ

まぁ、とりあえず、びっくりしたんだよ、って話でした。
てか、文ストの黒蜥蜴の地位がいまいちわからない。
広津さんは幹部ではないんだよね?だから中原さんとかよりは下?だろ?
芥川先輩の直属の遊撃部隊というか、そういうことなんだろうか。
今私は意味もちゃんと知らないのに「遊撃」という単語を使ったぞ。きっと後で意味を調べて後悔するぞ。しないかもしれないけど。案外意味あってて、あ、よかったー、ってなるかもしんないけど。
てか、考えてみるといろいろわからなくなってきたから、また読み返そうね。そうしようね。
芥川先輩の地位すらよくわからなくなってきた。あの人は五大幹部なの?あれ?どうだっけ?
梶井さんは幹部でもなんでもないんだよね。そうだよね?
うーん。

そうだね。読み返せって話だよね。
よし、この話はここまで!

そいや、以前、「この事件だと思って調べてみたはいいけど、読み終わってやっぱりなんか違う事件だった気がするんだけどなんだっけ?」的なことをほざきましたが、わかりましたよ。
私が知りたかった、「滝で自殺して、木に残した遺書の写真がお土産屋さんで普通に売られてるあの事件なんだっけ?」は藤村操でした。朝倉家祖母殺害事件とか全然関係なかった。
藤村操の死はは夏目漱石とか数々の偉人にも影響を与えたみたいですよ。

俺も自殺するなら、彼とか三原山の死の立会人事件みたいに、のちにその自殺方法が一大ムーブメントとなるような斬新な死に方したい。
けどアラキは頭が悪いので思いつかない。のでしない。
あれですよ。死にたい死にたいっていう人ほど長生きするっていうあれですよ。

蟲乾燥

あ、タイトル…まぁいいか(直せ
たまにはそんな誤変換もあるよね!てへぺろ。
そいや、巷の女子高生の間では、もう「てへぺろ」って古いらしいっすよ。
じゃあ、てへぺろって気分のとき、今の若い子たちはなんて言ってるんでしょうね。
もう、世の中の流れについていけませんよ。ころころころころはやりすたりがあるわけですから。まったく。激おこぷんぷん丸。

蟲。
行く先々でサンデーがなくて泣きそうになった。
なんとか見つけたんですが、おじさんが読んでて、背後でふらふらしながらおじさんが読み終わるの待ってたんですが、おじさんムシブギョーあたり飛ばして読んでてきっさまこのやろうってなった。おもしろいよ!ムシブギョー面白いよ!

それにしてもこの作品は名前があるキャラはとことん死にませんね。あ、竜さんは…。惜しい人を亡くした。
一信に関しては、もう、無理だと思いましたね。これは死んだな、と思いましたね。
よかったよかった。死ななかったよ。
そして千代ちゃんようやく合流!やったね!

マスラオオカブトなら、もう、無涯さんに任せてしまえばいいんじゃないか…?と思ったけど、無涯さんまだ武器直ってないんですよね。どうしたもんやら。

ネタメモ。
・アラキと梶井基次郎の確執
・黒蜥蜴(原典)←New!
カレンダー
<< 2014年05月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31