前に出した新人賞の講評が来たのですよ。

要約すると、「文章うますぎて新人賞にひっかからねぇ」

どないせぇっちゅうねん。

そうか、俺、文章うまいのか…。
まあ、あれは試作品みたいなものだからな。
今回結果が振るわなかったのはまぁいいや。
これはお試しで書いた作品だし。

とりあえず、小説書けるくらいまで回復したいなぁ。