■華桜戦記/アルバムA■

※感謝※hit※
■華桜戦記/アルバムA■

■チョコチョコアップしていたのですが^^;■

話題:小説の更新
■”なろう”サイトにアップしました。・・・・・・・・・・・・・良かったら他長編と短編と見に来てください^^;
https://ncode.syosetu.com/n2491ec/
【破邪鬼伝*乱鬼】<<小説版^^;

■鬼の翼と人魚の哀歌【完】■

話題:毒抜き
■「妖魔一せん!桜吹雪・・・・!!!」

”ああああああああああああ!!!!!!!!”

桜吹雪のように細かいきらめきとなって散るその妖魔。
大きな声が湖にこだまする中鬼似鷹はわれを取り戻した。

はっ!??

「私は・・・・・」

ササメ・・っ・・・・!???そうして湖の真ん中へと視線を向ける。

と、オレンジ色の髪をなびかせ空を見上げる蘭姫が丁度振り向こうとするその瞬間であった。

そして。
「ごめんなさい。だけど、こうするしかなかったんだ・・・・・・」
そう言ってこちらを向いて蘭姫はかすかに苦しそうに微笑んだ。


『涙をこらたその表情に私は一瞬固まった。』

美しい。心を持ったそれに囚われるように、ふらりと体の力が抜けた。



ドサ・・・っ。
そして気絶する鬼似鷹。

ソレが戦いの終わる合図となった。


---
”鬼似鷹さん・・・・・”

夢の中でササメが自分に手を伸ばす・・・・・・

しかしソレを抱きしめたと思った瞬間。それは綺麗なきらめきを持って桜吹雪のように散る。



「・・・・・・」


夢の中で見開いた瞳は暫く元には戻らなかった



***
”その日、私はササメの夢を観た。」

そして朝起きた私は水辺に小さな墓を作った。

「・・・・・」

キラキラしたこの世界、もっと彼女に見せたかった・・・・・・・。


もしかするとそれは”初恋”のソレだったのかもしれない。物心ついたころから城の護衛として育てられ今は主君である鬼長。月代の元から第二子の里利の護衛へと切り替わった。

そんな折に初めて感じたこの感情。彼はどうすればいいのか分からなかった。


しかし・・・・


「鬼似鷹・・・・」

里利と他の三獣鬼たちが現れた。
そしてなにかを慈しむように微笑むその瞳に何かを悟る。

”そっと微笑むその表情を見て”あの方”と兄妹なんだなと改めてそう思った”


本当に良く似ている。

悲しみを帯びたソレを隠すように。そして愛しさを込めて微笑むその姿。


”ごめんなさい。だけど、こうするしかなかったんだ・・・・・・”

その言葉が脳裏によぎる。

そして改めて私は忠誠を誓った。今の主君である若・・・・もとい里利様に。
そして・・・・

遠い未来。”あの方”が鬼長になるその日まで・・・・・・・




***
「結局・・・・」

”人魚に見えたソレは人魚じゃなかったんだね・・・・”

「・・・・」

ココは喫茶きびだんご。お茶の湯のみを手に空を見上げる白刃の横で蘭姫は団子を咥えていた。

”せっかく友達になれたと思ったのに・・・・・”


でも。里の皆も助かったんだし。コレでよかったのかな・・・・・?


蘭姫がそう思いかけた瞬間


「おーい・・・!!」
目の前に戒が走ってきた。

「蘭姫!友達釣ってやったぞ!!!」


「え!??」

---

どん!!!!
という効果音とともに目の前に出されたのは良く分からない物体であった。


「河童だ・・・・!!!!」
と。鼻息を高らかに自慢げにそう語る戒。その隣で白刃が苦い笑顔を浮かべていた。


そして、

「いるかああああああああ!!!!!!!!!」



と戒はその後蘭姫に殴られるのであった。



---
ソレは小さな鬼の話。
”鬼世界”の物語。




【破邪鬼伝*乱鬼】

※鬼似鷹の気持ちがササメ→蘭姫に行く話。
でも雪笹・・・もといこの二人をカップル化させるのが好きなのでこの話の後もなんとなく絡ませて描いてましたが・・・・(確か)ココまで読んでくださりありがとうございました。ありがとうございます^^;

■拍手1件有難うございますー・・・!!!!!■

話題:ラクガキ
■まにまに!の笹目さん好きの方いらっしゃたらつらつらと何か申し訳ないですが。
お礼に朝作業所で描いてたダイナさん(学パロ)を載せていこうと思います。

・・・・・・本当はとなりに戒か雪さんを描くつもりだったのですが隣に人が座ってきたので断念したものです。時間があったら隣に描きたい。そんな感じで文字化ももうすぐラストです良かったらお付き合いくださいませ^^;

■鬼の翼と人魚の哀歌C■

話題:毒抜き
■”違う・・・やはり無等角の”血”じゃなきゃー・・・・・・”

蘭姫・・・早く来て・・・・!!!

”貴方じゃなきゃ駄目なのー・・・・!

***
「な!マジかよ!それは!」
戒の声がその場に轟く。


「ハイ。昔読んだ文献に”人魚達は鬼の血で不老不死になる”と描いてありました。」


白刃が更に続ける。

「おそらく麗姫様もソレで攫われたんだとー・・・・」

”姉さん!!!”

ぎゅっと目を瞑る蘭姫。
「でも!まさかあんな優しくて可愛い子が!!」

不安そうに言う蘭姫に戒が答える。
「ソレはわかんねぇが、時は一刻を争う。」


他の奴らと麗姫が魔の手にかかる前に・・・・!!

”真相を確かめねぇと・・・・・!!!!”


---
「っ・・・・・・本性を表しなさい・・・!!!!」
水面へと血を流した麗姫が顔を上げてササメを見る。

「姿は”人魚”でも心は”悪鬼”・・・・貴方の正体は・・・・!!!!!」


『血に飢えた”妖魔”磯女・・・・!!!!』


磯女とは人間界に住む人の生き血をすする妖怪のことである。


「・・・フン。良く分かってんじゃん」
ササメがソレに答え始めた。

それはいつものテレパシーではなく口から発せられる声であった。
「そう。私は異界から来た”妖魔”、近い寿命を延ばすためにこの里に来たのよ」


里の山には異界への入り口が繋がっているのである。

「でも、死に底無いの貴方に何ができるの?」

バサァ・・・・と獣化した三獣鬼たちが後ろへ降り立つ。
「私にはもうこんなに手ゴマがいるのよ?」

全部吸血して操っている手ごまたちである。
「貴方なんか今すぐにでも焼き払ってー・・・・!!」


『”そうはさせない!!!”』
湖の奥から声がした。
ササメがそちらの方を見やると刀を向ける蘭姫とその後ろに白刃と戒が立っていた。
走ってきたのかはぁはぁと息を切らす蘭姫。

「・・・・待っていたわよ」

水面まで近づいてきた蘭姫にササメは語る。
「どの鬼も私の寿命を延ばせなかったー・・・・”蘭姫”やはり無等角の貴方ならー・・!」


・・・・
「ササメ!!!!!」蘭姫がソレを振り切るように声を上げる。

「一緒に水に入ったのは・・・!!!私達の友情は。嘘だったの!?????」

その言葉にササメは少し驚いたようだったがすぐに笑みを浮かべ笑いかける。

「フン。馬鹿な娘。・・・・本当に”あの姿”で息が続くと思ったの?」

”幻覚で水死させて血肉を奪おうと思ったのよ!!!”

少々大人びた性悪な女性の声が低く響く。

「そんな・・・・」

蘭姫は足元へと視線を向ける。

・・・・


「麗姫!!」
戒が次に叫んだ。

「大丈夫か!???」
その言葉に水面に倒れこんでいた麗姫が顔を上げる。
「えぇ・・何とか」

青い顔に出血が少々ひどそうであったがなんとか息はあったようだ。
「よし!待ってろ!今俺がコイツを片付けて・・・・!!!」

戒が剣を構えると目の前にぼうう・・・と亡霊のように鬼似鷹が現れる

「鬼似鷹・・・!!!」

”三獣鬼!??”

その後ろで白刃もつばを飲む。


「クソ!!!さっきの坊ちゃんよりやっかいな相手だぜ!!」


ちん・・・・。

川におっこちた里利は水面へと引き上げられると気絶したそのままの姿でその場で縛られ放置されていた。


---
「蘭姫!三獣鬼は俺たちに任せろ!!」
戒が蘭姫の後ろで言う。


「お前はあの妖魔をやれ!!!!!」
ササメとの接触の無かった戒には彼女はただの敵にしか見えなかった。
しかし

「え・・でも・・・!!」
蘭姫は違った。

と。そこに、
「そうよ。こんないたいけな”美女”を倒せるわけ!??」

ササメがたたみかける。

「うっせぇ!年増!!!さっさと麗姫を解放しやがれ!!!」

何が美女だ!!!!
戒がそう叫ぶ。

「と・・・とし・・・・」

ガンと一瞬ショックを受けたササメであったが「やりなさい!三獣鬼!!」
雉鷹たちを戒へと向ける。



---
「ササメ・・・!!!!!!」


「何よ・・・!??」
ツイに決心がついたのか蘭姫が叫ぶ。


「ソレが本当の姿なの!????」
今までのことも全部嘘でみんな私達の事を騙してきたの!??

「だから何よ!?」

そういうササメに
「そんな人生楽しいの!??」

と蘭姫が続ける。

「何よ急に!??」

・・・・

「貴方は本当に”妖魔”なの?」
あんな綺麗な心と瞳を持っているのに・・・・・
”ずっとそんな人生歩んできたの・・・・・”

「だからなんだって言うの・・・!!!」ツイにササメがキレ始める。

と、「私は”鬼長”になりたい・・・・・!」
蘭姫は少しうつむいた後こう語った。

「夢も希望も穢したくない」

・・・・貴方のような汚れた生き物に・・・・・・

『これ以上里を穢させない!!!!』

キッと刀を構えて顔を上げる蘭姫。

「うるさい・・・小娘がぁああああ!!!!!!」

そう言ってササメはかぶっていた皮を破って妖怪の本性を中から表す。

「妖魔一せん・・・・・・」


”桜吹雪・・・・!!!”

蘭姫の技が繰り出された。


■NEXT■

■何かまた父親が■

話題:ひとりごと
■夕飯食べながらヒロアカを観ていた・・・・・・・
完全にはまったようだ・・・・。


面白いのだろうか?^^;

前の記事へ 次の記事へ
■HN:ア○ツマ○ミ/流○戒■
■流良戒/アキツマナミ■さんのプロフィール
性 別 女性
誕生日 2月24日
■プロフィール■
■ブログ内人気投票■
■可愛がってください^^;
☆ササメモリアル/学パロまにまにまとめ小説☆良かったら是非!

■(※中傷苦情荒らしその他コメント全て拒絶します※)
■毒垢日記/3垢目■<<コソリ。
駄文同盟.com/お絵描きJP
■創作(オリジナル)と真木司郎(絶対可憐チルドレン/絶チル)が大好きな夢追人です。時々ネタバレとエロが入り乱れた乱筆乱文も発生いたしますので苦手な方はご注意ください。/↓創作倉庫です;■仕事依頼/素材配布/小説■

■参加中企画/まにまに!様■
ことどり図書館/創作サイトサーチbyFF@Search