うれしかったこと、たくさん

なに・・・?気づいたら6月が終わっていた・・・だと・・・!!
久しぶりに日記です
でへーでへー いろいろありました。
とりあえず、この前誕生日でした で、12月くらいからずーっと欲しかったものが手に入って、喜ぶのもつかの間、代償として(カルマ)体が壊れてしまいました
今はもう何をする気もないですし、仕事もギリッギリの状態で通っています
一部の人にだけ体のヤヴァさを伝えて、それ以外の人からはテンション低いなあと思われても、このローなかんじを貫いています
もともと4月から猫かぶってたのがちょうどよかったぐらいで、心地よいローなキャラとして泳いでいます
それにしてもいつになったら治るんでしょうか
これは下手したら夏休みに帰省はおろか、どこかへ出かけることもできないやもしれません
来週に誘われていたすてきな催しも、おそらく電車にのって遠出したらまた調子わるくするだろうという保守的思考により断ってしまった
すっごく行きたかったのに、自分で自分をだめにしてしまった
人間はやはり健康第一でがすね、とひしひしと思う
心が疲労困憊で、温泉の夢ばっかりみる そして会いたくないやつあって、両肩をもって揺さぶりながら文句をいう


誕生日プレゼント、ニンテンドーSwitchでもよかったなあ スマブラ・・・


いままですきだったひとをきらいになる
そして、少しずつ直す
声がきらいだと、もうきらいになってしまう
それくらい体が健康ではないということなんだ

いいこともありました
ぼくがいないところで僕の話で盛り上がったよーという謎の報告(・・・)とか、
あとはおめでとうって心から言えないけど言いたい話とか
正面からぶつかりそうになったときのきみの美しいリアクションとか
ごめんねって言ったらとんでもないって言われるとか、ビイ玉みたいな目ん玉とか、さかなクンのこととか
いろいろ・・・
あと、無言ですきな本を差し出されたりとか、
うれしくて、おもわず悲鳴をあげてしまった
それで、なんかあげなきゃって思ってトマトジュースあげたら、大好物なんだよね、って言われたりとか
いろいろなことがあって、すべてが輝いていたよ
ぼくいがいすべてが輝いていたよ だからよかった

お粥がうまい
ビスコもうまい

朝袋にジャイアントコーン入れて車のなかで食べようと思っていたら袋からジャイアントコーンが消えていて、どっかに落としたんだろうと帰り道を探してもなくて、くっそーと思ったら玄関に落ちていた
それをまた冷凍庫に入れてみてみます
そして様子をみてみます


えーーーー夏休みなにやればいいのこのくそ最悪な体調でさあ
トーン貼りとかでいい?いいかな?←やる気ない
やったことない人もいるかもしれないからさあ
10Bだって知らない世の中なんだから
でもさすがにデジタルがないとできないとおもう 一体何人さばけばよいのか





はやく健康になりたい
冬には治るといいですね、

ホリデイ

自分の中で重いなあと思っていた仕事が終わってほっとした
ご褒美がほしいくらいだって思うけれど、セブンのカフェラテ以外なにも思いつかない燃費のよい脳みそ
悪夢をたくさん見すぎて汗だくで目覚めることが多すぎて
なんかこわいてるてるぼうずの夢だったんだけど、記憶も曖昧になってきている

あらごし大陸

今日は心労を抱えるほど遊び倒してしまった
皆にどう思われたってもう構わない
日々自分を偽る方が不幸だと思うので、いつも自分自身をさらすことしかできません
それをどうおもわれてもしゃあない

人間らしいあなたを嘲笑する人もいるだろうけれど、ぼくはそのちぐはぐを愛している
堂々として入ればいいよ、

忘れないよ、忘れてなんか、いないよ


でも心が疲れるのであまりやりたくないのであった
新しい仕事をください、もっともっと

テンジク

でもだからといってそれは許されるわけでもないのに、一体何を遠慮して接しようとしないのか
それはきっと健全なんかじゃあないっていうのに
そういうことがうまくいかないったことはきっと往往にしてあるんだろうなあ 自分のとこだってそうだったから
かといってそのために誰か何かしていたかって言うとわからない いやでもむしろ不安の大きい子どもだったのかもしれない

その頃には自分がこんなことになるだなんて予想だにしなかった

ただ幼少期は振り返るととんでもないものだったなあって感じる 匿名で自伝ができちゃうくらいあまりいい思い出がないけど、ないからこそ今その分非常に満たされているような気もする いや、それは、どうかな? さて

全智なんじゃないかとかそういったことさえ震えるように感ずる

斜陽のかかる線路にのたくりまわる雑草に、石ころ一つさえ最近見てもいない
最近ぼくはなにも見ていない
目の前の仕事をこなすだけで、タスクをこなすだけで
話も聞いていない 話を聞いているふりをして仕事している 仕事をしているのが気持ちいいのだ
そして早回りして終わらせてできた空き時間で遊ぶことが何よりも楽しみである そうか、遊ぶために働くんだ 遊ぶために勉強するのと似ている
いやなことはさっさと終わらせてっていう感覚 でも、仕事はいやなことなんかじゃない 
仕事っぽい仕事と、仕事っぽくない仕事があって、その2種類が混じり合っている 不思議な心地で日々を過ごす
塗り潰そうとはしていない
うすくうすく
透明になって

色の名は。(常識)

勧められた小説を読破した
レビューしないのは微妙だったから
タイトル書くのも心が痛いくらい、大衆向けっていう印象で、そんなに面白くなかったんだ
ぼくはカギカッコが多すぎる小説はきらいだ
自分がすきな本を何回も繰り返し読む方がましかもしれなかった
でもこれで、君のことがわかった気がする
なんて、なんか、そういうのよくないよね

くろいのが読んでいる本でも探そうかと思ったくらい
ストーカーみたいで、未練くさくて、もうやめなさいって思う
大丈夫、古株にはもう悩んでないよ だってぼくって結構前より器用になってきた方だと思うからさ
譲れないことは譲らないし、確認して間違いないことだけやっていきたいんだ
まだわからないことばかりだからこそ、挑むことはしたいけど
だからといって失敗が許されるシーンでもないので、最善を尽くして確認をしっかりして、
すきなひとなんかおりません


あとは、描かなきゃいけないやつをすべて終わらせました いえーい
結構楽しくできて、スカッとしたかんじっす
でも体調は昨夜から最悪で、狂犬病みたいに涎が出てきてなんかへんなかんじがしていて
途中休憩挟んだ
ミルクティーめっちゃ濃いのいれて、余計気持ち悪くなって

おそらく、昨夜が悪かったんだろうと、
あとエアコンとかそういったもののせいで、体冷やしすぐなんだろうなあ 冷やしトマト

うげえふっへえええ といったフレグランスの奥にあるアルコールの香りに敏感に反応してんてこまい
職場に香水ふってくんなよって思っちゃうよね、シャンプーで充分だって、わかってほしいな って、

こんな満たされた毎日でさらになにか求めますか?
野心を持てと言われて持っちゃうのは不可思議
でうでう 
大丈夫だよそのままで

うわあああ
夏が来る
ブレイバリーデフォルトに心からはまれない自分がいる
主人公たちに共感できない むしろ腹が立ってきた
うげえええ まだ途中だからかなあ

バテンカイトス3まだー?←まだいっている
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
フリーページリスト
アーカイブ