『若者言葉で、すごい。自身の心情が、ひどく揺さぶられている様子についていう。』ref.三省堂/大辞林第三版


昨日の出来事です。



我ながら著しい語彙力の欠如。
この画面見た瞬間のテンションの爆騰がすごすぎて「ヤバい」としか言えなかった。
日曜日だぜ? ミキ広だぜ?
やばたにえん以外の何物でもないっしょ…
ここ数年のアホみたいな抽選落ちの日々は全てこの日のためだった?!

天気もショーは最高でした。
例えるなら“青空BBB(豪華版)”といった感じでしょうか。
初見だったので余計に感動がヤバすぎてヤバかった。

何度も言いますが当選が嬉しすぎて、なんかもう「記録せねば!」の一心で書いてるだけの日記です。
大丈夫? 私明日死なない?




記録ついでに少し前にやったお遊び診断(#もしもTDSの住人なら)の結果も残しとく。
ガチ本名でやってますww


なんだろう、勝ち組すぎて(特に住所・職業・友達)今すぐこれに生まれ変わりたいんだけど。

かぞくになる



何故かまた急に書きたくなったエイトフット夢


・あくまで一キャラとして捉えています。
・中の人などいない(真顔)
・『兄×妹』です(血縁はないため近親相姦ではない)
・捏造設定、キャラ崩壊のオンパレード。ぶっちゃけ捏造しかない
・「一度死んでる」発言をものすごく曲解してる
・夢主は人魚
・多分ハッピーエンド



以上がOKな方は↓からどうぞ




【かぞくになる】






▼追記

不幸せな魂に呪縛のキスを

暑中お見舞い申し上げますm(__)m
いやー毎日暑いですね。こう暑いとつい秋に思いを馳せたくなりますよね(夏は大好きです)。


まぁぶっちゃけ今年も手下アトモス開催と聞いて「やっほーい」となっただけなんですが。

そんなわけで急に書きたくなったエイトフット夢です、はい。



・あくまで一キャラとして捉えています。
・中の人などいない(真顔)
・捏造設定、キャラ崩壊のオンパレード
・夢主は元ゲスト→リクルート成功
・ちょっとだけ『インサイド・ヘッド』ネタあり
・あんまり明るくない話
・微ヤンデレ(双方)


以上がOKな方は↓からどうぞ




【不幸せな魂に呪縛のキスを】
※一応半生ジャンルなので簡単なパスつけてます。






追記は雑談



▼追記

むしょうのあいす



少し前にアップしたボカロKAITOのSS【青色申告のすゝめ】(これ)の番外編というか、空白期間の日常話です。
出会ってまだ1年以内、当然お互いまだ恋心未満なあたり。

おkでしたら↓からどうぞー


【むしょうのあいす】





間接キスを避けてあげてるあたりにまだ遠慮が見られますね。
相手が男女問わずこういう距離感ってリアルでも本当難しい…


「何の打算も下心もなく好物を買ってきてくれたり、自分が食べてるのを分けてくれたりするとときめくよね」って思って書き始めたけど、よくよく考えればそれって恋人というより親がやってくれてたことだし、なんか自分が異性に父性とか母性を求めてるような気がしてちょっと凹むっていう。


ちなみに青色申告の本編では普通にちゅーさせたり告白させたりしましたが、本当はもっと家族愛的な方面に寄せるつもりでした。
読み返すと、すれ違ってぐだぐだしてるあたりにその辺の迷走が見られますw
とりあえずキスすれば話がオチると思ってる節が無きにしもあらずなので、収拾つかなくなると「もういい加減終わらせたいからキスさせちゃえ」ってなります。話の構成力ってどこで養えますか?

この類のテーマだとやっぱり弟サトシが書きやすいと実感。
微妙に映画のサトピカに影響されてるところがあったりなかったり。




いいぞっいいぞっ♪ サ・ト・シ!



今年のポケモン映画見てきました。

ネタバレかもしれないので追記で↓



▼追記

青色申告のすゝめ



会計・税務関係の記事だと思った?
残念。夢小説でしたー



唐突にボカロのKAITO兄さん夢です。

・カイトが実体化してる(身体がある)
・多分カイマス♀
・正確に言うとカイト×マスター♀の娘
・でもやっぱり実質的にはカイマス♀
・一応近未来設定だけど文化的には現代と大差ない(想像力の限界)からSFとか期待しちゃダメ
・後半兄さんのテンションが迷子
・だけど別にギャグじゃない

おkでしたら下のリンクからどうぞ↓

【青色申告のすゝめ】



本当に唐突ですが久しぶりにProjectDIVAを引っ張り出してプレイしてたら微妙に再燃しまして。
数年前の私は激唱のHARDがクリアできなくて積んでたっぽい。
何故か今ちょっと頑張ったらできました。
EXTREMEとか完全に無理ゲー。
お助けアイテム全部使っても多分ムリです。

DIVAはともかくmiraiは知らない曲の方が圧倒的に多くて時の流れを感じますねー。
まぁ一番ボカロ熱があったのは大学生の時だもんなぁ。
具体的に何年前かは考えないようにしよう。


兄さんにアイスを買い与えるだけの簡単なお仕事に就きたい…


冷静に熱愛を誓う


唐突にオーシャン(シーのナブル)夢とか書いてみた。


・あくまで一キャラとして捉えています。
・中の人などいない(真顔)
・捏造設定、キャラ崩壊のオンパレード
・具体的に言うとオーシャンは人魚
・前半はオーシャンがハイパーウジウジ男
・甘いんだか甘くないんだかよくわかんない終わり方
・フィクションです。現地で真似しないでください!


以上が大丈夫な方は↓からどうぞ。

【冷静に熱愛を誓う】
※一応半生ジャンルなので簡単なパスつけてます。





▼追記

「身体が縮んでしまっていた!(ナメクジ的な意味で)」




子供の頃は嫌んなるくらい健康だーったんですが、社会人になってからはそうでもなくなりました。
まぁ今でも滅多に風邪引かないし、引いたとしても全然重症化しない程度には丈夫なんですが、一度前の職場で上司に怒られまくってる最中に倒れてから失神癖?みたいのがついちゃったんですよね。
その時は軽度のパニック障害らしいってことで、まぁあの時かなり困ってたしなぁと納得したんですが(目撃した同僚曰く「アイツめっちゃ怒られてるのに平然としてるw」と思ってたらいきなりバタンとぶっ倒れたらしい)、それからは何故か何ともないときにも酷い眩暈がして急に気が遠くなることが度々起こるようになっちゃいまして…
毎年やってる血液検査ではヘモグロビンも足りてるし、学生時代も朝礼で倒れたことなんてないのに。
私はこの現象を失神癖と勝手に呼んでます。


まぁね、ふら〜っと倒れる程度なら儚げキャラで通せるけど、私の場合この症状の時は大体吐き気を伴うものでね…

この間なんてディズニーで盛大にリバースですよ。連れとキャストさんマジごめん。
数えきれない程行ってるけど救護室に初めて入りました(すごい綺麗で落ち着いた独特の癒し空間なので、余裕で一日居れる)。
倒れる度に吐く病弱キャラとか嫌すぎる!



原因に心当たりが無いわけでもないんですが…、まぁ、ダイエット、よねー
気に入って使っていたサプリが米国で死人が出たとかで販売中止になり、最終的に行き着いたのが悪名高いホスピタルダイエット。
ちなみにMDクリニックじゃなくてヤンヒーっす。過食衝動とかはないんで。
ここ半年くらいはずっと服用してて先月からレベルを上げてみたんですが、届いたのがこれ↓


カプセルが完全にAPTXな件ww
まぁ飲むと身体が小さくなる(ダイエット的な意味で)には違いない。

一応今日までで6kg痩せました。
件んのサプリ服用中から数えると約9kgの減量。BMIの数値17代。やったぜ。
体重だけで見ると痩せ型っぽいが、ひんぬーだし筋肉ないしで見た目は普通〜ふくよかっす。
今の身長での過去最低体重なのでデブではない、と、思いたい…
もうね、水風船かな?ってくらい全身プヨップヨだから。

よくよく考えてみたらさ、女性の胸=脂肪じゃん?
んで、私の腕脚腹=脂肪なわけですよ。
つまり私の全身=おっぱいと言っても過言ではない!
うわー男のロマンだわーどんな巨乳も敵わないわー
はぁ…


結論:魅惑のマシュマロボディを手に入れた!
前世はナマコだよ!踏むと変な汁出るよ(リバース)!


我々の業界では…


ダイゴさんに追いかけられる夢を見ました。
言葉にするとご褒美にしか思えませんが、実際体験するとかなり怖かったです。
ダイゴさんが私のことを好きすぎて追っかけてくるなら確かにご褒美ですが、残念ながらかなり違った…。
なんかすげー剣呑だったんだけど、結局なんでそんなことになったかはわからないっていう。



流れとしては、どこかのオフィスビルかホテルでダイゴさんから必死に逃げている私がエレベーターに駆け込んで慌てて“閉”ボタンを押すと、こちらに向かって走ってくるダイゴさんが舌打ちをして階段に向かったのが見えました(この時点でかなりおかしい)。
とりあえず1階に下りてこの建物から脱出しようと思ってたのですが、1階で待ち伏せされてたらどうしようと急に怖くなって、途中の階でエレベーターを降りました。
かなりの高層階から降りてきたので普通に考えて階段がエレベーターに敵うはずがないのですが、夢の中の私のビビりっぷりがヤバい。
とりあえず身を隠さなきゃとエレベーターホールの物陰に身を潜めた直後、誰かが階段を上ってくる影が見えた訳ですよ。誰なのかは言うまでもないですが。
ていうかエレベーター完全に追い越してるし。ダイゴさんの脚力パネェ…。
とりあえず息を殺して隠れ続けますが、まずい事態に気づいた。
私の隠れてる場所は階段やフロアの奥からは死角だけど、エレベーターホールに一歩入れば丸見えだということ。
言うまでもなく、ヤバい。
どうか見過ごしてくれと願うけど、心の奥底では「あ、これ見つかるわ」と確信しちゃってる。
そしてそういう勘ほどよく当たる。
まぁエレベーターがこの階で一度止まったんだから普通に隈なく探そうとするよね。
もうね、夢の中の私が絶望的に馬鹿すぎる。
で、ここまで怖がって逃げ続けたのだから見つかったからには当然殺されると思うじゃん?
でもそうじゃなかった!
よくわからないけどめっちゃ怒られた。
怒られた、というと語弊があるか。
冷たい目(でも語気は強め)で延々と責められた。
そこで初めて私は夢の中の音が聞こえないことに気づきました。
いや、聞こえないのはどうやら夢を“見ている”私だけのようで、“夢の中の私”はダイゴさんの言葉を受けて「すいません」とか「でも、」とか謝罪や言い訳を返してたので、多分ダイゴさんの声は聞こえてたんだと思います。
一方私は夢の中の自分が発した声しか聞こえない(しかも発言の内容的なことは一切覚えていない)。
そんな感じでかなりの長時間(夢なので正確な時間の経過はわかりませんが)罵られ続け、さぞダイゴさんも満足かと思いきや、最初よりもずっと激しい怒りの表情で私を一瞥して去っていきました。
もうね、カンカン。激おこ。
「言語道断!ボクが相手だ」のシーンが霞むレベル。
泣き出さなかった夢の中の自分に拍手を贈りたい。

当然のことながら精魂尽き果てた私は、階段にひとり項垂れて座りこみ、顔が上げられない。
段差が低めの階段に腰かけてるので多分正面からはパンツ丸見えだろうけど、もう指先一本動かす気にもなれない。
その後、おそらく女友達が来て慰めてくれたような気がしたけど、相変わらず声は聞こえないし視界には自分の膝しか映らないので、結局誰かはわかりませんでした。



夢の内容は以上です。
私は普段ゲーム脳が祟ったせいか、第三者視点?神視点?で夢を見ることが多いのですが(自分の姿が視界に映る感じ。ただし思考や感情はリンクしている)、今回は普通に現実と同じような視点でした。
マジFPS。臨場感パナイ。
一晩中エアコンつけっぱだったのに、起きたら背中汗びっしょりだったもん。
第三者視点よりも登場人物視点で夢を見る人の方が多いらしいですが、みんな夢見るたびにこんなに疲れてんの?可哀想すぎない?

正直なところ、これは紛れなく悪夢にカテゴライズされるべき内容だと思うけど、ダイゴさんが出てきたというだけでオールオッケーな気がしてくるから不思議。
こんなに大好きなのになかなか夢に出てきてくれないんだもんなー。
ましてや、そのレアな夢の中で直接話をすることなんて本当に稀だし。

それにしても、夢の中の私は一体何をしでかしたんでしょうね。
ダイゴさんのあの怒りよう…世界中の石をスライムに変えるスイッチでも誤って押してしまったんだろうか。


今までの人生の中で「あー、やべーこれ絶対怒られる」って察知した経験は数えきれないほどありますが、今回みたいに逃亡(物理)したことはさすがにありません。
言い訳を考えたり、自分がやったという証拠を隠滅したり、せいぜいがその程度です。可愛いもんです。
逃亡はいかんよ、逃亡は。
と言いつつ夢に見るってことは逃走願望でもあったんでしょうか。
まぁ結局捕まったけど。


浦島嬢のネバーランド計画



アニポケトリップ夢でサトシにサザエさん時空を暴露する話を妄想をしてたけど、よく考えたら地方を跨いでバッジを集めてる以上、“前進”はしてるっぽいですよね。時間の経過が感じられないだけで。


そこまで考えて、サザエさん時空である事実を突きつけられて一番絶望しそうなのはコナンかなと思いました。
目的(元の身体に戻る)も果たせない。かといってこのまま成長もできない。
日々死体の山を掻き分けながら組織の尻尾を掴もうと奮闘する彼にとっては残酷な事実と言わざるを得ないっすね。
でもむしろ、蘭と年が離れたまま別々の人生歩むよりはこのまま時間が止まっていた方が彼にとっては幸せなのかなぁ。
まぁ実際には半年くらい経ってるらしいんで、これもやはりサザエさん時空ではないけど。

ちなみにコナンのアニメは子供の頃は普通に観てましたが、もうずっとまともに観てません。
知識的には灰原が仲間になったあたりで止まってる。
劇場版も世紀末の魔術師のより後のは観てないなあ。
組織がもはやスパイだらけでがばがばになってるってことは最近知ったけど。
これ、コナンが別に危険を冒して組織を追わなくても放っておけばそのうち空中分解するんじゃね?とも思いましたが、それじゃダメなんでしたね、薬の現物手に入れなきゃ。
先は長そうですねー(国民的アニメの宿命)


よくよく考えれば、コナンの境遇ってすごく私の理想に近いわ。(事件ホイホイ体質除く)
記憶保ったまま子供に戻ってそのまま時間が止まる(ループする)とか最高じゃん!



追記からコナントリップ小ネタ↓





前の記事へ 次の記事へ