彼女がその名を知らない鳥たち

風邪をひきました。絶対、虎君のがうつったんだと思う。喉が痛い。鼻が詰まる。寒気がする。最悪です。

でもこれは現状で、午前中はまだましだったのね。そして今日はどうしても映画を観に行くと決めていた日で。
なので一人で「彼女がその名を知らない鳥たち」を観てきました。映画館なんて1年以上ぶりで、わくわくした。
蒼井優、あの声で関西弁とかずるいわー。
終盤に十和子の記憶の断片が流れた時に「あれ?」って思った直後に全部わかって、繋がって、「あああー」ってなった。
なかなかの体当たりな映画でした。主に蒼井優が。
水島の「あー」って言わせる性癖?はなんだったのか気になる。喋り方に軽薄なナルシスト感出てて良かったなー。

帰宅して夜ご飯作ってたらどんどん悪化してきて今に至ります。さっさとお風呂入って寝よう。

無題

ここは、返事がなくて、でもたまに拍手をくれる方がいて、見てくれてるのがアクセス数で分かって、誰宛てでもないから気にせず「助けて」も「死にたい」も言える場所です。とても丁度良い場所です。
ありがとうございます。

G行為


話題:自傷


折角上がってた瀉血へのハードルが、いとも容易く片足跳び出来る程に下がりまして。
昨日500mlの血を棄てました。2週間ぶり。
月末は従姉妹の結婚式に母と姉と出席するので、今月はもう抜きません。多分。
瀉血は体へのダメージが大きいし鉄剤を飲んだりしない限りたいした回復は見込めないので、いつどれだけ抜いたかをちゃんと記録して体調と相談しつつやらないといけないですよね。
まあ瀉血したくなるのはメンタル面が関係してくるからそう上手く管理できないんだけど。




出口を探してたけど、そんなもの元からなかったのかもしれません。

本日も強風なり

拍手ありがとうございます。
今月の拍手は勝手に新年のご挨拶と受け取っています←

さてさて先月30日、そして今月1日と実家にお邪魔した訳ですが、何故だか今日も実家にいます。びっくり!
まあ当然理由はあって。ジョゼがこっちに用事があったのと、母方の不幸で急遽愛犬のお世話係が必要になった為です。快く送り出してくれた虎君に感謝感謝。
なので明日も泊まって、明後日おうちに帰ります。年末に車買って本当に良かった…。
しかし一軒家は寒いですねー。うちのアパートは朝起きても17度くらいあるけど絶対ここ一桁だから。
折角の地元なのでどっか行きたいなーと思うものの面倒でもあって。結局引きこもって終わりそう。
とりあえずまだまだ眠くないので今夜は夜更かしします。

謹賀新年

年が明けて早1週間。
皆さま良い年を迎えられたでしょうか。
ってそれが分かるのは今年の終わりですかね。
ジョゼの毎日は滞りなく過ぎ去っています。
こんなジョゼですが、今年もどうぞよしなに。

さてこれは今となってはもう昨年の話。
12月の30日にいそいそとジョゼと姉は実家へと帰りました。
19時にはジョゼの誕生日メニューであるハンバーグとスパゲティサラダとコーンスープが食卓に並び、グラスには日本酒が注がれ、ジョゼと姉の怒涛の会話が始まりました。
翌日早朝の朝市に備えいつしかお父さんが寝室へ消え、お母さんも寝室へ消え。
それでもジョゼ達の会話はとどまる事を知らず、時計の針はぐるぐると回り、そしてお父さん達が起きてきました。3時半です。
簡単に支度を整えいざ出発!まだ暗い中、市場の明かりは煌々と輝き客寄せの声が飛び交います。
いつも通りブリとサーモンと海老と野菜を買い、いつものうどん屋さんで少し早い年越しうどんを食べました。寒い中、熱々の海老天うどんを立ち食いでかっ込むのが最高に美味しいのです。
おうちに帰ってようやく自室のベッドで眠りにつきました。実に11時間も姉と一緒に居て喋っていましたね。我ながら凄い。
姉は昼前に帰ると言う事で、その時間に合わせて起床しお見送りをしました。ジョゼは昨夜の残りをお昼に食べて、のんびりして、夕方頃に虎君のお迎えで帰りました。

そして翌日の1月1日にはまた実家に集うのでした。今度は姉の旦那さんと虎君もね。新年のご馳走会です。美味しいお肉ですき焼きをして朝市で買ったお刺身やお母さん手作りの煮物をお腹いっぱい食べました。

更に翌日の2日は虎君と初詣に行きました。お昼ご飯は久し振りのケンタッキーです。そしてそして久し振りに虎君とカラオケにも行きました。やーーー楽しかった!付き合ってた頃のデートを思い出した!でも2時間じゃ全然歌い足りなかったです。

そんな感じで三が日も過ぎ虎君のお仕事が始まり、もうすっかり日常に戻りました。

今年はどうにか、現状から脱したいジョゼでした。それでは。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年01月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アーカイブ