冬野菜を作る

2ヶ月くらい前からちょっとずつ片付けていた裏庭の畑

何を植えていたか忘れた畝のビニールマルチを剥いだり 雑草を鍬で掘り上げて トラクターで耕して…

2週間前に耕した畑には雑草や スイカかなぁ?瓜科の植物の双葉が沢山芽を出してます

その他にもイネ科の野菜が…





そんな状況ですが 日曜日に買った『牛ふん堆肥』を撒いて 『苦土石灰』と『化成配合肥料』を撒いて ついでだから『ヨウリン』(溶性リン肥)と『尿素』も少しずつ


肥料入れすぎやろ!

ヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノ





で トラクターの速度を一番遅くしてゆっくり ゆっくり耕します

畑が狭いから低速レンジの1速ですらちょっと速いので 『クリープ』を低速に…

超〜 遅い (*´ー`*)



耕してながらトラクターを降りて石を拾って 畑の外に石を出してトラクターに戻る余裕があるくらい




ふかふかに耕せました v( ̄Д ̄)v


これに畝を作ります いつもは蒲鉾型の高い畝ですが 今回は背が低い平畝にしました

高畝だと一列植えになるから 平畝で植え付け本数を稼ぎます




4〜6メートルくらいの畝が9本出来ました

そのうち短いほうの5本を使って冬野菜を作ります

が その前にこぼれ種から芽を出した『とうもろこし』を掘り出していたから 植え付けてみます




これは畝作りをやってる最中に現れた妻に植え付けをさせました

畝作りが終わり さて種蒔きするか!と考えていたら とうもろこしを植えただけで妻はさっさと居なくなりました

((ヾ(≧皿≦メ)ノ)) 終わってねぇし






仕方ないから マルチに種蒔き用の穴を開けるだけにしました

午後は道の駅へ行き野菜苗の購入を済ませてから 作業再開

先ずは大根 近年育ててる短い大根




食べきりサイズだからいいんですよ

(o^−^o)


白菜




いつもは『郷秋60日』て種を買いますが今回は変えてみました

京都3号…



( ̄▽ ̄;) 南極2号






黙れ!

ヽ( ・∀・)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノ



大根は30ヵ所 白菜は98ヵ所の種蒔きでした

てか 良く見たら白菜には『郷秋』とも書かれてます

去年までの品種と系列は同じみたいですね

( ̄▽ ̄;)



とうもろこしと大根で一畝 白菜が三畝 もう一畝には道の駅で買った苗を植え付けます





左の箱は芽キャベツ 右の箱の手前はキャベツ 奥はブロッコリー

全部同じに見える(笑)


これを互い違いに植え付けます 白菜も同じやり方ですが 距離が近いです




残った畝は4本

玉葱の植え付けをメインに考えてますが さてどうなるかな?


(。-∀-)


下関旅行記B

場所を二階の飲み屋さんに移して二次会

会長様は戻って来ない

(*´ー`*) アンポンタンが!



とは言え 急遽開けさせたから店の準備も追い付いてないから飲む事も出来ないんですよね

そうこうする内に会長様ご帰還

カウンター席は七人掛けだからと 会長様をカウンター内に招く店のママさん

(*´ー`*) 最大の失敗



心付けを渡してご機嫌の会長様は更にテンション上がってニコニコ顔

メンバーは先が読めるからしかめっ面


会長様はママさんを手伝って乾杯の準備

(*´ー`*) 氷手掴みすんな!


途中 乾杯の音頭を指名されたひむかなんだけど 「それじゃ乾杯しようか」の声に会長様が話始める

(*´ー`*) 他人の話は聞いてない


たしなめられて 黙る会長様 速攻で「乾杯!」と進めるひむか

その後も傍若無人ぶりな会長様はカウンター内だから メンバー一斉に無視

(*´ー`*) だわな



一時間もしたか いい加減飽きて来たひむかは帰りたいけど そのタイミングで店の女の子 一応ひむかより若いから 女の子って事で

ママさんとカラオケをデュエットするはずの会長様 あっさり鞍替え

(*´ー`*) スケベ親父



そこから先はくどいくらいに(実際くどい)女の子を「可愛い!」とベタ褒め

(*´ー`*) メンバーはシラケてるぞ〜



カウンターの中で女の子独り占め状態でお話に夢中な会長様 方言丸出しじゃ伝わらんがな

会長様はお忙しいからと 他のメンバーが会計を促したから 支払いを先に済ませて 暫くして店を出ました

なかなか出て来ない会長様


置いて帰っても間違う事はない一本道

帰って来なきゃ 事ある毎に笑いの種にして 死んでからも語られる

◯(≧▽≦)◯



やっと出て来た会長様は 先に帰り 姿が見えないメンバーが 他の店に行ったのではないか!とご心配

(*´ー`*) 行ってねぇよ


てか まだ飲み足りない雰囲気

ホテルに帰り 部屋の鍵を貰ってエレベーターまでは一緒
会長様は三階 私は五階 エレベーターを降りたら五階まで会長様の声が…

(*´ー`*) せからしか!



なかなか寝付けない

窓の外で騒いでいるのが会長様じゃないかとヒヤヒヤ


翌朝は5時には起きて残金確認

6時半にはシャワーを浴びて 7時から朝食

会長様は7時半になっても現れない


8時にはチェックアウトする段取りを会長抜きで決めてたから 先にホテルを出てバスに給油

ちょうど8時にホテルに戻り メンバーを乗せ 向かったのは『角島大橋』




天気が良ければ絶景なんですが 雨降りではただの橋

(*´ー`*)



15分ほど走った『道の駅ほうほく』で土産物を買い 下関インターから高速へ

乗って直ぐの『壇之浦PA』で一息




この時点で11時

一時間走ったら昼食だから 古賀SAを考えて古賀で止まったら 二時間先の熊本県八代市にある宮原SAまで行くと長老様の鶴の一声

古賀で食べて 太宰府の国立博物館に行こうと思ったが 何も言えずに却下


そらぁ ビール飲んでつまみ食ってるあんたらは大丈夫だろうよ なぁ?

古賀SAから二時間 目的の宮原SA到着


目指すは『いきなりステーキ』

是が非でもステーキを食いたかったらしい

博物館の話聞いてくれなかったから 古賀で食べたら 宮原では食えないと思ったらしい

リブロース300グラム 1枚2000円前後


長老様一口食って「硬い」(笑)


国産和牛肉と思ってたらしい

(*´ー`*) 甘いのぉ アメリカ産じゃ



国産和牛なら倍から三倍だなぁ

あとは 文句たらたらで 終いには「もう二度と食わなくていい!」「熊本ラーメンで良かった」「肉多過ぎ」

だから古賀で食えば良かったのに

(*´ー`*) 年寄りはなぁ




一時間程で宮崎入り インターを降りたら給油して 会長様宅で解散

帰宅したら早速 会計報告の準備


レシートと現金と電卓と…


蘇の夜は 風呂で暖まらなかったせいか はたまた旅の疲れか 謎の頭痛でダウン

こうして一泊二日の旅が終わりました


(*´ー`*) もう行きたくねぇぞ



下関旅行記 A

どうせまた更新をサボるから書く気があるうちに二回目

ホテルに着いてメンバーには先に降りて貰い 私は駐車場にバスを止めてからフロントへ

個室だから一人ずつ受け付けして 私だけは前払いって事だったので一人残り五月蝿い酔っぱらいは各自部屋へ

フロントの女性スタッフと雑談しながら全員分の支払いを済ませました

その前に一言は謝りましたけどね ここでも会長様は高飛車で…

あと 二次会の情報を聞きたくて暫く話をしました でも女性スタッフではちょっと無理が 逆に下手な飲み屋はぼったくりに合うとの情報

表向きは明朗会計をうたっても実際は違ったとお客さんから聞いているらしく 気を付けてと言われました

だから飲む前にメンバーに伝えておいたんですよ


そうなると二次会は何処へ?

と 対策を考えた会長様


やぶれかぶれさんのスタッフに聞いてみたら 同じビルの二階のスナックを紹介しましょうか?って話になり 店のオーナーさんの持ちビルって事もあり 連絡を取って貰う事が出来ました

ただ時間が早かったからまだ店も開いてないし 河豚料理もまだ半分しか出されてない

焦る必要はないのに 会長様は席を離れて厨房入り口まで行きその件を尋ねてる

で 厨房は靴を履いて行く様になってるのに靴下のまま行った会長様

それを見て店の大将 スタッフに「履き物も出してないのか!」と激怒

叱られるスタッフ

店の客は驚くし迷惑だよね

で 会長様 叱られたスタッフさんに申し訳なかったからと心付けを渡そと画策

封筒に入れてそのまま渡せばいいね と言うから 折って小さくして手に隠れるくらいにして 手の内に包ませなきゃダメですよ とアドバイス

(*´ー`*) 上手くやれよ


あとは スタッフさんが一人で居るタイミングで 四の五の言わずに「迷惑かけたね」と 手に握らせたら立ち去るのみなんだけど 私が先にお会計を済ませるために席を離れたら おバカさん追いかけて来て厨房に居たスタッフに大将の前で渡しやがった

再び大将が激怒

(*´ー`*) バ〜〜〜〜カ!



還暦オヤジがこうも世間知らずとはね

座敷に残ってるメンバーも「今度は何をやらかした?」と呆れが顔


スタッフさんにしたら迷惑の上塗り とりあえず厨房に平謝りして 座敷に連れ帰りましたが ひとしきりメンバーから叱られてましたよ

(*´ー`*) 叱って貰えるんだそ!



早々に雑炊で〆て店を出る事にしました また何かやると困るし


店を出ても納得してない会長様は何度も何度も店に戻ろうとするから 何とか二階まで連れて行ったけど 次の店に入ろうとしい

(*´ー`*) 殴るぞ貴様!



もう構ってられん と放置


二階まで誘導してくれた別のスタッフさんを介してか 直接か知らないけど心付けを渡したらしいです

優しさの押し付けは有難迷惑と思わないんでしょうね

当初2000円だったけど増額したかな

◯(≧▽≦)◯



最初は気前良く一万円!とか言ってたし

(*´ー`*) 本当におバカ














翌日 後悔してたし

♪〜( ̄З ̄ )


下関旅行記

土日は月イチの飲み会仲間との旅行でした

目的地はタイトルにある様に『下関』


長距離を降りたひむかは二年ぶりの関門海峡通過

(o^−^o)



渡ったら直ぐに高速を降りちゃいますけどね(笑)

( ̄▽ ̄;)



さて 土曜日の朝は6時前に起きてご飯を準備し 食べたら7時45分にはバスが置いてある会長さん宅へ

自分の荷物を乗せたら運転席へ


今回の旅行は会計 兼 運転手です

σ(o・ω・o)



会長も現役のドライバーだけど地場のみだし 同い年の長距離経験者も居るけど 私の交代要員で控えてくれますが 基本 私が運転します

予定の8時半より早く出発して 地元のAコープで買い出し

高速に乗ったら後ろでは缶ビールで乾杯


今回 旅行は8人全員参加

8人なんだけど借りたのはマイクロバス

(。-∀-)


8人だから10人乗りワゴン車で充分にも思いますが 経験上これは間違い

男8人の旅行には狭いんですよ

行きはまだいいけど 土産物を買い始めるとスペースが無くなる

(´・ω・`)


そんな話をしてても会長はワゴン車を手配しようとしてるし

(っ`Д´)っ・:∴



ワゴン車一日のレンタルが15000円 同じ金額で借りれるマイクロバスを手配してもらいましたけどね

運転手的にも助手席に誰も居ないほうがいいし(笑)


助手席は私のバッグを置いて 会長をシャットアウト

◯(≧▽≦)◯


てか 直ぐ後ろに座ってやがるし

(´・ω・`)



で タバコをスパスパやってる それも半端なく

( ;゚皿゚)ノシ



で 後ろで飲んでる連中は一時間毎にトイレ

下関の唐戸市場までは四時間かかってなかったから 四回止まったから40分に一度か

仕事なら一度止まるか 一気に走るんですけどね


ようやく着いた唐戸市場は日本語よりも中国語が聞こえてるし

しかも半端ない旅行客 食堂やレストランに入れないから ベンチや腰掛けられる場所で 買って来た握り寿司やらを食べてる

見れば通路の両側には新鮮なネタが乗った握り寿司が売られてます

でも それを食べる気にはならなくて 一度諦めた二階に戻り 幾つかある店を見て回ります

客が二人入ってる店 カウンター周りには10席程しか椅子がない

( ̄▽ ̄;)


先客に譲ってもらい 全員着席し 頼むのは『イクラ丼』1600円

それが妥当なのかどうかは知らんけどね

先客は福岡の田川市から来てて 二人を巻き込んでワイワイ
酒も進んでましたよ 会長はご機嫌なんだけど 逆に不安でシラケるのは私

店を出て 土産物を散策していると 握り寿司を見ながら店員が居るにも関わらず「もう寿司ネタが傷み始めてる」と大声で

!!(゜ロ゜ノ)ノ



しかも 飲んでるからくどい 二度も三度も言う 相槌打てるか!バカタレ

( ;゚皿゚)ノシ



予感的中ですわ

まぁ 殴られでもしなきゃ分からないアンポンタンだから

(*´ー`*) ケシメ!※


で 唐戸市場からはホテルまで10分以内 天気も悪いからか 早々とバスに集合するメンバー

チェックインには早いし 直ぐ隣の水族館『海響館』に行くか?との提案は会長様が速攻で却下

と 言っても代案はなし(笑)


「何とかってブリッジがあるらしい」と誰か

「じゃぁそこに行こうか!」と会長様


( ;゚皿゚)ノシ『何処だよそれ!』と思うひむか



彦島ってとこに橋があるから それを渡った公園に行ってみると 渡った橋が全く見えない

┓(  ̄ー ̄)┏


旅行計画は丸投げしてメンバーの一人が立案したんだけど 情報不足でしたわ

で 仕方なく予約したホテルへ

15時前にチェックインして ホテル近くでの飲み会は18時から

パチンコで暇を潰すメンバーや 私みたいに部屋に籠るヤツ 好きに過ごして…

歩いても5分かからないから15分前にはロビーに降りたらいいか と思ってたら30分前には「皆集まってる」と電話


(*´ー`*) 飲んだくれ野郎が


で 「雨だからタクシーで行こうと言ってる」と会長様

「ホテル出たら見えてるんだから歩け!」と一蹴したった

( ̄^ ̄) 大した雨でもないし


入った店は河豚料理の店で『やぶれかぶれ』といいます

先ずは前菜




お目当ての河豚刺し





数ヶ月前の飲み会で誰かが言った一言

「河豚を食べてみたい」で決まった今回の旅行

河豚のフルコース8000円は妥当なのか知らないけど この後唐揚げと鍋物が出て 鍋の残りで雑炊を作ってくれます

その間に会長様がやらかしてくれたので画像はなし

上がってなかったテンションはほぼゼロ


地を這う様なテンションのままお会計!なんですが 再度会長様が…


て 話は次で書くのかな?






思い出すだけでテンション下がるし

(*´ー`*)



※ ケシメ=死んでしまえ

薩摩言葉かと 『死んだ』は『け死んだ』と言います

私の故郷でら『うっ死んだ』と書きますが発音は「うっちんだ」

故郷の出身芸能人は「ウッチャンだ!」

(*´ー`*) ハイハイ


脱線

夏バテ知らずなヤツら

9月に入り日中も過ごし易くなりました

とは言え 九州はまだまだですけどね

異常なくらいに暑かったこの夏でも食欲不振で 元気いっぱいだったのがこいつら

( ̄▽ ̄;)




小屋の扉を開けると一斉に運動場へ出て行きますが 後ろ姿が何となく笑えるんです







牛でも豚でも夏場は食欲が落ちるのに バリバリ食べて 産卵率も下がらない

(*´ー`*) 元気だねぇ






人間をあまり怖がらないし うしろを着いてまわる鶏も…

触っても大丈夫だし


時折『乳草』と呼んでる茎を折ると白い液体が出てくる雑草を与えると群がって啄んで食べてます





多い日には13個ほど産むから食べきれないけど 売るほどの数もない

数を増やして販売したら餌代くらいにはなるかな?

前の記事へ 次の記事へ