自分を呪った日

話題:メンタル
長い躁状態が終わり、ある日私は身動きひとつ出来なくなった。
頭を掠めたのは仕事!
これじゃ、仕事が出来ない!
病院にやっと行けるようになって言われたのは鬱。
でもね、鬱の薬は効かなかったんだ。だって本当は躁鬱だから。躁鬱にとって、その薬は、逆に酷くさせる薬だったのだ。
頭の中は、ずっと昔からのことと、それに伴う感情と仕事出来なくなった恐怖で埋め尽くされていた。
だって唯一の自信。一人でも生きていける。という自信が、木っ端微塵になったのだから。
まあ、もともと、いつのまにか躁鬱だったんだけどね。
半年間仕事と家事手抜きなしが出来たと思ったら、次の半年間は寝込みがちになるという周期を繰り返していたのだから。
でも病気だなんて、気付かなかったんだよー
私は、そういう人なんだと思ってた。短気集中型というか、完璧に半年間やり過ぎるから、ダメなんだと思ってた。
現に家事を手抜きしたら、仕事は半年以上続いてたしね。
仕事は、自分をキチンと評価してくれるから好きだったんだー
だけど…仕事が出来なくなった…手につかなくなった…いや、それどころか、寝込む以外何も出来なくなったんだ。
男に食わせてもらわなくても、一人で食っていける!という根本が崩れた。
恐怖しかなかった。
私は役立たずになったと思った。
捨てられる…捨てられる…捨てられる…
そんな恐怖。
私は役立たずになった自分を呪った。
私にとって結婚とは契約だ。どちらかが倒れれば、どちらかが助ける。でも、それは建前で、私と結婚したい人は私を利用したいだけだと思ってた。
つまり…働けなくなったら用済み…
まあリーマンショックくるまでは、主人も別に私を捨てようとはしなかったけどね。
でも…用済みの時は来たんだよ…
私の貯蓄が僅かになった時にね…
結局、主人も私を利用したいだけだったのか…と落胆したね。
今でも、ちょっと思ってるね。
でも…もう今更、私は仕事出来ないんだよね…
躁鬱でも、若ければ仕事出来るかもしれない。でも私は年で…体力もなくて…今は生きてるのが、やっと。
もう主人に養ってもらう以外ないんだよね…
それがちょっと…負い目。
いつのまにか病気になってたから、何が原因かは、わからない。
病院では、原因を重要視しないからね。
どちらかというと、今から、どうするか?
だからね。
私は、大躁や大鬱が来ないように調整されてる感じ。調整するように指示を受ける。
上がり過ぎないよう、下がり過ぎないよう、フラフラしてもいいけど、いきすぎないよう。
結局のところ、薬は補助だから、自分で調整することを覚えていくしかないんだよね。体調に響かなきゃ大丈夫だとは言われてるけどね。
まあ最近は寝てるし、もうあんな酷い状態は来ないだろうと思う。
以前は自分一人で抱え込んだりしたことも、先生に話してみたりしてるしね。主人の戯言には耳を貸さないけど、先生の助言はキチンと聞くよー
でも…やっぱり仕事出来なくなったのは辛いね。
また何かあれば言われるのかなぁ…重荷って。
やっぱり利用するために結婚したのかなぁ…という思いは、なかなか消えないね。

注:半年周期の時は、寝込んでる時も家事はしてた。家事をする時以外の時間、寝込んでいただけ。

注2:病気を酷くさせる元凶が近くにある場合は遠ざけられる場合あり。例えば毒親と暮らしてる場合は一時入院などをして遠ざけられる処置を行うこともある。
私の場合は元凶から既に遠ざかっているため、自分自身の問題となっている。
ケースバイケースなので、私が正しいというわけではないです。

壊れてる


話題:愛情
いつから壊れていたのか?
それは私にも、わからない。
ただ、四歳のあの日の夜、私は自分が汚されたと思った。もう、マトモな恋愛など出来ないと思った。
ヴアージンロードを処女(純白)で歩くという夢は脆くも崩れ去ったのだ。
それ以降私は、自分にマトモな恋愛など舞い込むことはない。と思い込んで過ごしていた。
だからなのか、好意を寄せてくれる男性には最初のうちは感謝すらした。こんな穢れた私なんかを好きになってくれるなんて、なんていい人なのだろうと。しかし、その幻想が砕けるのも早かった。恋心なんてものは一瞬なのだと悟った。
初めて彼氏をもったのは中学生の時。私は感謝した。だが、彼氏が私の体に触れた瞬間ゾワッとした。瞬間、嫌だと感じた。この人に処女を捧げるなんて嫌だと感じてしまったのである。
貞操観念?そんなものも、私は薄かった。
彼氏がいる時は別にして、好きだと告白されれば、簡単にヤれる女だっただろう。
それがたとえ、ヤる為だけの方便だとしても、純粋に好意を抱いてくれたことに感謝してしまっていたのである。
こんな穢れた私なんかでも、抱きたいと思ってくれる。それに対する感謝すら感じていたのだ。だがしかし、男性の告白を丸っと信じていたわけではない。後半は、ただ、タダでやりたいだけなんだろ?と思っていた。
それでも結婚したのは、半分は諦め、半分は、こんな穢れた私なんかをもらってくれる感謝であった。まあ、蓋を開けたら違ったので、感謝の気持ちは直ぐに無くなったけど。
そんなこんなで、DV男とは離婚。
その後も恋愛なんて、男の自己満足だと思い続けた。

さて、そんな私にも好みというものがある。その好みをクリアしないと、私は友達にすらしないのだ。主人は、まあ好みだったかな。
で、そんな主人に、君は愛情が欠落していると言われたことがある。まあ、正しくは壊れているのだ。私が好意を抱くことはある。しかしそれは果して愛情か?と言われると疑問である。
息子にでさえ、そうなのだ。私は母親らしくはしているが、息子を愛してるのかと言われれば謎。ただ、息子には、あまり苦労はさせたくないからとか、息子の健康が心配だったりとか、そういう感情はある。それが愛情から発生しているのかは謎なのだ。なんせ私は本当の愛情を知らないのだから。でも息子は好きだ。好ましいと思っている。勿論、恋愛感情ではない。
友達とも、主人へのものとも違う感情なのは間違いないが。
ただ、そうだなー
息子に何かしら起きたら、自分が身代わりになってもいいくらいの感情はある。
果して、それが愛情なのかどうかは不明だけどね。

インフィニティ


話題:恋愛観
私は、私でなければ、どうしてもダメだ!という感情を抱く人しか信用しないことにしている。私でなくてもよい好きなど、私には不要なのだ。私でなくても好きになれるならば、わざわざ私と付き合う必要はないだろ?と思って生きていた。そしてそれは今も変わらない。
私は一時的な私を好きという感情を相手にするほど暇じゃないのだ。それに振り回されることも、良しとはしない。
一時的な好きという感情など、涼宮ハルヒと同じ考えで、一種の精神病だとすら思っている。無論それは、涼宮ハルヒが言ったからではなく、元々そういう考えの持ち主なのだ。だからこそ、恋愛という面倒事を嫌がるのでもあった。
恋愛なんて、所詮は自己満足。この世に不変なものなどないのだ。そんな不変なものに振り回されるなんて、まっぴら御免。
しかし実際は振り回されてきたのだ。それもこれも、私が永遠…不変なる愛を信じているせいだ。いや、憧れていると言った方が正しいか。
アクエリオンなど、正にそうだな。一億と二千年前から愛してる。そう、それこそが私が信じる本当の愛なのだ。
何度、転生しても私を愛する…そんな愛。他に代わりがいない愛。それしか信じないのだ。しかし、前世のことなど、わからないからな。ホントに不変なのかなんて。
やはり私が思う愛は夢物語でしかないのだろうか?
そう落胆することもある。

さて、どうでもいいが、今の主人は私に3度、恋をした男である。
1回目、主人が高校生で私が中学生の時。私を見かけた瞬間、電撃が走ったらしい。が、その恋は成就することなく終わった。私が家出&自宅謹慎になったからである。そして主人は就職を期に県外へと赴任したという。その間も私のことは忘れることがなかったらしい。ただひたすら、脇目もふらず好きだったそうだ。しかしながら、県外から帰ってきた時は既に私の行方を探す手段もなく、主人は諦めるしかなかった。
それから、しばらくして、主人は二度目の恋に落ちる。
今度は、赤ちゃんをベビーカーに乗せて、ちょこちょこ買い物に来る主婦である。それが私。だが、主人は私とは気付いていなかった。面影のある人という印象。そして主人は店内をウロウロする私に付きまといをしたのだった。毎日、張っていたらしいたから、凄まじい執念だといえよう。しかし、その恋も成就はしなかった。そもそも、相手は人妻なので成就のさせようがない。見ているだけで、幸せだったそうだ。しかしそれも長くは続かなかった。私がそこに買い物に行かなくなったからである。
三度目は離婚してから。
私がホステスをしていた時だ。
その日は、偶々、男友達に電話をかけていたのだが、その男友達が急に別の友達と代わっていいか?と聞いてきた。どうしてかというと、しばらく女性と話したことがない友人がいるから話をしてほしいとのことだった。私は承諾した。
主人とコンタクトをとったのは、これが初めてである。主人と私は、たいそう気が合った。そういう事が何度かあり、主人は、まだ会ったこともない私に恋をした。その数日後、私達は実際に会うことにしたのだった。
そして当日、主人はよりによって遅刻してきた。というか、時間になっても来ないので、家に電話したら寝てた。主人は謝り倒し、マッハで来た。そして私を一目見るなり再び恋に落ちたそうだ。理由は初恋の人の面影があったから。そう主人は、この時も当人だとは気付いていなかったのである。それからだ、主人のストーキングが始まった。当時、主人は無職だったのである。私は当時、このストーキングには気がついていなかった。私は疎いところがあるのだ。他人の恋心にも疎いからなぁ…
なんかいつも、タイミングいいな〜くらいしか感じてなかったのである。
そして主人は私で童貞を捨てた。その時の主人の葛藤は、凄かったらしい。なんせ初恋の人(私)に操を立てて生きてきたからである。まあ後に三度も恋をした人が全て同一人物だったことを知り、葛藤は消えたらしいけど。
そんな主人に、もう恋はしていないのか?と、ふと聞いてみたら、毎日、惚れ直してる。との返事が返ってきた。
ふむ、主人の恋愛は、案外、本物なのかもしれないなーと、ちょっとだけ思った次第である。でも、あくまでちょっとだけね。
私はまだ、主人を信用してはいないから。
因みに主人には、ほぼツンだと言われている。お揃いでアクセサリー買ったのに、酷いわ。少しだけ信じてるから、お揃いにしてあげたのになー

恋愛不感症


話題:最近読んだ漫画
なんとなくタイトルに惹かれて、無料分読んでみた。
この主人公の女性…私に似ている…
外見のせいで、経験豊富とか、男性に媚を売ってるとか…まだ子供なのに大人の女性として見られて…
イジメと虐待のせいで、もう私は怖いとも言えなくなってたし、泣けなくなっていたし…クールだったかな…
他人が怖くて、他人と距離を置いて、男性が怖くて、男性と距離を置いて…いつしか、私は自分から他人を好きになることがなくなっていた。
ライクはあるがラブはない。
ラブを感じたことがない。
今の主人にもライクはあるがラブではない。主人はラブらしいけど…昔はラブを強要してきたりもしたけど、今はそうじゃない。
特に主人に不満があるわけでもなく、ただ私の感情にラブが生まれないだけ。
ラブも感情の1つだから、経験や蓄積された知識、あとホルモンの関係…脳内分泌物の関係だね。努力して得られるものでもない。
でも好きなのはホント。ラブではないけど嫌いではない。まず嫌いなら頼らないしね。まっもともと他人に頼らない傾向はあるんだけれど。
私も言ってみれば恋愛不感症なのかもしれない。相手の出方をみて、それに合わせてきただけ。相手を好きになろうとする努力もしてみたけど、どうやってもライク以上にはならない。そのうち相手が去っていく。その繰り返し。
主人は…根気強かったねー
踏みつけても踏みつけても雑草のように復活してくるんだよ。
根負けしたね(笑)
でも結婚してからは私に愛を要求し強要し続けた。
私の病気は、それでちょっと悪化したかな。距離感がない攻撃は心に刺さるんだよ。それにもともと私は、直ぐになんでもかんでも自分の落ち度だと、自分が悪いのだと思う癖があるから、かなり自分を責めたね。そうやって責めていくうちに、私は徐々に恋愛的にも性的にも、潔癖症になってしまったんだよね。

もう…今更、誰かを…というのはないと思う。主人との今の関係を壊したいとは思わないしね。主人以外の誰かが、もし愛を囁いたとしても信じないだろうしね。
基本的に他人を信じてないから、その言葉は違う言葉に聞こえるんだよなー
ただ今までは怖すぎると自棄になるとこがあったけど、今は自棄にならないように気をつけてるからね。
段階的には怖い→パニック→自暴自棄になってたんだけど、パニックまでで止まるようになったかなー
まあ主人がいつも側にいるからね。パニックになっても、主人が解決してくれるからね。でも…だから一人では外に行けないのさ。パニックで止まらない可能性があるから。

ああ、漫画の感想からは、かなりずれたけど、なんか主人公は克服していきそうな感じだったよー
私もあと20年くらい若ければ、拗らせずに済んだのかもね。もう遅いけど。
でも主人がいい人だから救われてるかなー
私は、このまま変わらず死んでいくんだろうけどね。死ぬ時は主人の愛に包まれて死ぬ。主人は愛してるらしいから。主人の愛は変わらないらしいから。一人で死ぬのは怖いけど、主人が看取ってくれるなら怖くないかもしれないなぁ…
ホントは怖がりなんだよ、私。
まあ漫画の方は、いい作品な気がする。来月から継続して読もうかなー

キャーが言えない


話題:パニック
私は大抵、あらゆることを予測し、対策を練ってから行動する。
気がつけば、いつの間にか、そういう癖がついていた。
そのためか、予測不能の事態に陥ると直ぐに頭がパニックを起こす。次にするべき事は?
パニックを起こしながらも考えてはいるのだが、パニックを起こしているので、上手く頭が機能しない。
なので、大抵、固まる。

痴漢にあったりした時の話。主人にしたら、キャーって叫べばいいじゃん。と言われたが、それが言えるなら苦労はしていないと思う。
主人からしたら、キャーが言えないのは不思議らしいが、私の脳は痴漢にあったら、キャーと言う対策を練っていないんだよ。まず、そもそも痴漢に会う予測をしてないんだから。
これだから、予測してからしか動けない人間は損をするなーっと思うんだよね。
私は病院に行く時も毎回、先生に最低限伝えることをより簡潔に伝えるために、付近になると練習してるんだよねー
なんていうか、失敗に弱いんだよね。失敗すると、自分はダメな人間なんだーと思ってしまう癖がついてるから、極力、失敗を避けるようにするんだよね。
おそらく、そのために予測してからしか動けない人間になったのだと思われる。

あっ虫が出たらキャーって言えるかな。
あれはたぶん、この辺は田舎なので、脳が勝手に予測しているんだろうなー
私自身は意識してないけど(苦笑)
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2020年07月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ