雪に埋もれて消えちまえ

また朝から冬の労働

まだ

やったよ!

なんて気持ちがあるうちは

ダメだね

やってあたりまえ


他人の評価は

前ほど気にしなくなったけど

やっぱりちょっと気になってしまう

こんだけ頑張ってやりました〜

的な気持ちがなくもない


誰も自分を

評価しないところに行きたいなあ

誰も自分を

必要としないところに(友達とかは別)

続きを読む

『ザ・ノンフィクションSP 人殺しの息子と呼ばれて』感想

まず最初に

殺人犯の子供に罪はないと思う。

ただ事件が酷すぎる。

昨日の番組では、詳しいことがわからない。

自分は本を買って読みましたが、ただの殺人事件じゃないですよ。

1人や2人、金目当てや怨恨で殺しました、なんてのとレベルが違う。

松永太は、1人も殺していない。

でも死刑。

なんで?と思ったら調べてください。
納得すると思います。

息子さん、しっかりしてますよね。

しゃべりが流暢なところに、ちょっと松永太の血をみたけど。(松永もしゃべりがうまかったらしい)

ミキサーにかけて、鍋で煮込んで〜のくだり、ちょっと半笑いに言ってるように見えたのは気のせいか?
あまりに酷いから、淡々と、しかも半笑いになったのかもしれない。
半笑いじゃなかったら、ごめんなさい。

自分は、松永の子供はそれほど酷いことされてないだろうと思っていたけど、違った。

かわいそうだけど、事件が酷すぎる。
離れていく人もいるのも仕方ないと思う。

教室でブチキレて、イスを投げつけたというエピソードきいて、ああ、それやっちゃうと、やっぱり…って思われてしまうかと。

でも、息子さん、良い人っていうのはわかる。

岡本真夜の「TOMORROW」好きだったらしい。

悪い人なわけがない。

息子さんは、地道に人生歩もうとしていて立派です。

ご結婚されて、仕事もされていて、理解ある方々に恵まれているようですし。

事件からも逃げてないし。

でも事件が酷すぎた。

もし、詳細を知らずに

考えさせられたとか

頑張ってください的に思った方は

まず事件の詳細を知ってから

もう一度考えてみて欲しいですね。

軽々しく息子さんに頑張れなんて

とても言えないです。

でもあんなに酷い事件の犯人の子供さんが

ちゃんと生きようとしてるのは、素晴らしいと思います。

両親の悪い血に支配されないことを願います。

『ゴジラ対ヘドラ』ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX

昭和の子ども激キャワ!(少年)

ヘドロの中で泣く赤ちゃん激キャワワ!

麻雀しながら全員死亡!

サイケデリック!

ゴーゴー!

テレビの上の変な置物が気になる!

ていうか
なんで
ゴジラが正義の味方みたいになってんの!?

つうか
上陸した時点で
たぶん何人も死んでるよね?

若干被害拡大させた気がしなくもない…

噂には聞いていたが

かなりな面白作品でした!

アニメ取り入れたりして斬新だし

なんといっても
若者がゴーゴー踊るシーン!

ヘドロが流れてきて
逃げるんだけど
車の後ろに見えた

アングラ通用口

の文字…

アングラって名前の
ゴーゴークラブなのか!?
笑えるよ〜
アングラはないよね〜

ついてた特典も素晴らしかった

あと
90年代にやってたらしい
『ゴジラアイランド』
なんか安っぽくておかしかった

怪獣人形動かしてるだけやんけ!
みたいな…

出てくる女の子は
AV女優みたいだしさあ

特典映像に入ってました

『シン・ゴジラ』の余韻

今朝起きて…

あ、ゴジラどうなったっけ…

とか思ってしまった

映画だっつうの

そんだけ面白かったってことかな

映画もドラマも
最近ほとんど見ないけど

『シン・ゴジラ』は面白かった!

自分がグッときたシーンは

お父さんお母さん子供が
急いでとか言って
避難の準備慌ててしてるんだけど

ゴジラが近くに来てて破壊中だったから

ドガー!!
と部屋が傾いてドシャメシャになったシーンかな(間違いなく死んだよね)

最後
ゴジラと共存していかなければならない…みたいなこと言ってたけど

これって
核問題(原発)のこと匂わしてんの?って思いました

無人の列車を走らせて攻撃するって
斬新だったなあ

で、結局何人死んだんだろうね?

ニュースやワイドショーやりたくても
テレビ局も壊滅しとるやんけ(たぶん)

どうするんですかね?

地方の局が取材に来たりするのでしょうか

あと
冒頭部分(タイトル出るまで、出るとこ)
昔の映画みたいで良かったなあ

『走れ熱いなら』PANTA

以前、頭脳警察を買いましたがハマれず…

82年のソロもいまいちハマれず…

でも先日


詩の師匠からいただいた音源

「北回帰線」

という曲を聴いたら
良いんですよね

昔も良いと思いました

PANTA&HAL名義の

『マラッカ』

というアルバムに収録でした

今回購入したのは

1977年作品です

今3曲目ですが

非常にいいかんじです!

1970年代後半の音

自分大好きみたいです

昨夜も

そんなことを考えていましたが

78〜79年あたりの音

好きだなと

77年も入れましょう!


気に入った歌詞

曲はまだ聴いてません
続きを読む
前の記事へ 次の記事へ