Easier said than done.

言霊があるのか?否か、とかいうことを以前書いた気がするが。
結論から言うと……あるね。さてはあるよ、言霊のヤツ。

ただ、御上から異論が出るといけないので注釈を付けると[この夏、私の身辺に限っては間違いなく]あるようだ。

何たら言うと。
近頃けいおん!を見て、深夜に一人で滂沱たる感嘆を…って要は、めちゃくちゃに感激したり懐かしんだりしてたらね。当時(高校です)のバンド仲間から連絡がきた☆
来週お昼におランチなんかしちゃうらしいようひひー。

思えばこの夏…“人に会う・外出する”をより積極的に。と吐いてからメールや電話での連絡も含め、私の身辺は例年に比べてずっと賑やかだ。
温泉旅行にも行った。

…もうすぐ命果てるのかしら。

喝ッ!バカ者。意志薄弱。
誠に有難いことですm(_ _)m

こうなれば。
かかる言霊力に則って我が身の至らぬアレコレを一斉!心願成就してもたろかしらん。レッツぱーりー

・読書に励む
・自宅本棚、衣類の整理
・妹めーかーをコンプ
・歯を磨く。毎日
・けいおん!映画、早く観たいなぁ…
・ベランダに鳩が来ませんように…

…精進すべし。合掌。

幸運にも過積載

毎度の戯れ言。
“プレイする”って…ヤらしい感じすんのは私だけかしら?(知らんがな)

さてゲームの話。BSRクロニクル〜と並行していくつか、プレイ途中のソフトがある。

・俺の妹〜⇒妹めーかー
・けいおん⇒放課後ライブ

どちらも可愛いー彼女らにニヤニヤと‥顔面を弛緩させつつ遊戯する。
更に先日、運良く格安にて戦国BSR Xと戦国無双 at PSPを入手した。幸福。

空いた時間や就寝前に、これらタイトルを気まま遊戯していたところ…今朝方、夢見が可笑しなことになった。


断片的な記憶ではあるが‥学校内を逃げ惑うホラーアクション物だった。

私は友人と共に、悪魔の洗脳を受けた敵方から逃げる。時にはイスを投げつけ、校舎の窓ガラスを破壊し、叫び、走り続けた。
友人に合図し、別の仲間と合流すべく更に疾走。落ち合う相手はBSR闇のエース☆明智くんだ。

ちょっとAngel Bea〜みたいな夢のBGMは、終始けいおん!の『cagayake!ガールズ』だった。なんやそれ。

敵方の大将は、蓮ほー議員だった気がする。うわぁ…

この極めて水準の低い(あらゆる意味で)夢を、かのフロイト先生に診断して貰ったらば。やっぱり『エロス』に落ち着くのだろうか…

懊悩。I messed up.

出先で、知らない人からよく話し掛けられる。
道を尋ねられる、乗車券・食券の買い方を問われる等…とにかく多い。

あんまり多いので
『トイレどこかなぁ?』
程度の質問ならば…(店員じゃないので〜なんてヤボは言わずに)
『あちら→になります』
と、平然答える(※店員ぽい笑顔も付ける)


そう言えば。
数年前、繁華街の往来にて美容師さん(可憐な女性)に
『カットモデルお願いできませんか?』
と声を掛けられた。

折り悪く、近日に礼服を着る予定を控えていた私は、彼女の提案するラジカルなパーマヘアの試用には向かないだろうと思い、お断りした。

その後も街頭を歩いてると路傍から、黒い服を着た中年女性が現れ…
『あなた!占い、するわね?』と問われた、のかも判らないが言われた。
私は、理由を伝えるべきか迷いつつも…
『しません』
と端的に答えた。

どうやら、現役の占い師にスカウトされた…らしい。

たぶん恐らく、先の美容師のお姉さんによるお洒落な勧誘に気を良くした自分は、潜在的に調子に乗って。
無意識に[イキった歩き方]をしていたに違いない。

その結果。(小型)マツコデラックスのような占い師に余計な期待を持たせてしまった。マツコ(ミディアム)すまなんだ。

意気揚々とした態度をすると、占いが出来る奴に見える‥という、自分の特性を知ったさる夕暮れ。

以来。街を歩くときは下を向いて早足だ。

平方の快男児

快晴が続く。
自宅周辺は緑が多いので見目に優しく、生気身に満つ。
シャラララ〜ん

[あせワキパット]って名前はギリギリだよね。脇汗パットだったら完全にアウトだと思う。言葉の妙ね(アホ)

さて。BSRクロ二クルね☆
天下統一戦記を各キャラ順次プレイしているのだけど…ちょっと遊び心で。やってみたみた!家康くん。
自由戦記で→夢の☆本人対決(忠勝×2)実を実現。

私は武器を使うキャラの方が扱い易いので、幼少の[武器康]で大人[素手康]と対戦。お供は共に忠勝。無論だね。

結果は……

・素手康、強い!さすが主役。昇龍拳するよね彼。
・忠勝2体は、どっちが自分の味方か判らなくなる。色(衣装)を変えるといいのかな?

なんとか勝利した。

しかし家康くんはエエ事を言う。

『最後の最後に立ち上がるのは…何度も挫けた人間よ!』
by幼少家康

『情けなくていい…情けがないより、ずっといい』
by大人家康

…相田み〇をレベルやん。
徳、高過ぎるやん。
『ククク』とか『(殺し合いが)楽しいーッ』とか悶えてる明智と同列に並んでていいのかと。さすがBSR。

日光東照宮に行きたい。

It's some kind of love.

昨晩、兄弟から盆の帰省について予定を問われた。
悄然。
再三吐露した通り私は、他出他行、人と会う事に消極的で。
こういう言い方をすると、傲岸不遜で嫌なヤツみたいに聞こえるけれど…

自分勝手に言うと。人様を不快にせんようにと‥アレコレ気を揉んで余分な緊張をし、無駄に疲弊する⇒結果、外出の腰が重くなる。
この不甲斐ない性質を何とかせんければ!と。夏の盛りに我、思案す。えーあー。


だいたい、人に嫌われたくないということは⇒好かれたい、というのと凡そ繋がるわけで。自分の好きな相手(友人とか家族ですね)に良く思われたい気持ちが、私をかくも緊張させる。

あ…何となく予感していたけれども。小さいなァ、自分。忸怩。しょぼん。

だけれども。人からの評価に捕らわれない。なんてのは高尚な僧侶が瞑想・断食等して修行の末ようやく辿り着くかどうかって悟りの心理。解脱。

自分みたいな、ゲームして漫画読んで昼寝して暮らしてるうつけが。そう易々と安穏たる境地に至れるハズ無い。

って。いきなり僧侶レベルで自分を測ってみたけども。要するに、緊張するくらい気合い入れて大事にしたい人ってことなんやけど…ドダナダズ
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2011年07月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー