穏やかで、順調に。

1人ぼっちの夕方休憩が帰ってきました。ここ1〜2年は、アイちゃんやタマちゃんとお喋りしながら…が当たり前になっていたので、同僚且つ友人の2人が異動してしまって→久しぶりの1人きりは沁みます。

ですが彼女らも同じ場所へ移ったわけでもなく、関東圏内であっちとこっち…みたいに離れているらしいので、結局、みんな1人で踏ん張っていくのです。来たる秋…からの年末。どんと来いっ(`・ω・´)!

ところで昨日、恋仁と会ったー的な日記を書いたのですけども。
その前の日記には→”ここらで一つ、ときめきたい”って書いてて、その前には→”次に会えるのは今月か来月か〜”って書いてて…当たり前のように言霊発動してるなーって。びっくりしたなーって。思ったわけですヽ(´ー`)ノ

で。そうして言霊の威力が証明されたとなると、更に↑もっと↑親密になりたいっ☆みたいなお願いをしたくもなりますが。本気で効力があるのならば、やっぱり…災害に遭った土地の復興とか、父の復調とかを願う。わけです。

こんにちはー(微笑)。の応酬

今日、というか昨日と呼ぶか…つまりは水曜日の午後、恋仁に遭遇しました。お得意の廊下でバッタリ☆すれ違いです。

先月の一件以来、自分の恋の方向性として→あんまり期待し過ぎない。自然の流れに身を任せ(テレサ・○ン?)…みたいなイメージを持ってました。
落ち込むのも怒るのも辞めて、一旦リセットでーす(´ー`)ノみたいな。高知墓参りを経て、そういう境地でした。

そして。廊下ですれ違った数分後、今度は別のフロアの離れた位置でバッタリ☆しました。お互い別な人と話をしつつ、何となく恋仁が私が居る方へ数歩ずつ距離を詰めて来るのが横目に見えました。
ドッキドキしました。勝手に。

けれども。こちらも近づいて声を掛ける…程の勇気は無かったです(=_=)
他の人の目もあるし恥ずかしい。のと、何だか変に満足してしまって。勝手に。
たぶん、大きな期待をしてガッカリしたくないから、今日のところはこの辺で…(´ー`)ノみたいに思って。

で。その後1時間くらい→勿体無い事したなァ….って思ってました。勝手に。
やーれやれ(´・ω・`)

夏の終わりが近づいて

おはようございますm(._.)m
暑いです。寧ろ蒸します。

職場の男性社員は、営業部門の人に限らず度々出張に出られます。関東が多いですが、時々四国やそのほかの地方へも。←大変羨ましい。限りです。

疲れるし取り引き相手先と話したり気を遣う場面も多いのは判りますが、とにかく旅立てるのが羨ましい。わけでして。

そんな事を思う私は。変わりばえのしない日常に、退屈してるのでしょうか。
それとも。現状の延長線が、自分の人生として確定していく事にビビってるんでしょうか。……両方でしょうね(=_=)

ここらで一つときめきたい。ものです。

海は見た 美並

最後です。
釈然としないのはさて置いて。
悩ましいのは、私が恋仁を困らせてしまったのだろうな…という点です。

どっちつかずで判りにくい態度を取るなんて、普段仕事をしてる時の恋仁では考えられません。明朗会計が売りのオッさんです。
なので今回は、雑談や個人的な愚痴を言い合ってるノリと、仕事の話とが入り混じってる中での話だったから、こんな変な具合になったのかなと。
その事にもう少し早くから気付いて汲んでいれば、と。九十九は分析と反省をします(´・_・`)

とは言え。どのみち過ぎた事です。
恋仁と次に会うのは今月か来月か。いつになるかまだわからないですけど、これから、今後はよりスマートに、たおやかに。精進したいと思います。

☆閲覧と拍手ありがとうございますm(._.)m →I wish you all the best.

海は見た 二波

承前。
雑談の中で恋仁に→”(恋仁が)作業してるところを5分〜10分見せて貰えたら、より良く解ると思います…”という発言を私がして。
それに対し→”いいですよっ。じゃあ近々時間を取りましょう〜”って恋仁が答えてくれたわけです。

ですが結果的には、先月ここの日記に書いた通り→私の現上司の手前、厳しいかなァ…みたいな。感じで消滅しまして。消沈しました→私(=_=)

最初に提案したのは自分ですが、恋仁が即答でわりと快諾?されたと感じていたので、まさか消滅するとは思わなかったのです。無理っていう結論が出るに至るまでも二転三転、夏期休暇の前か後に〜とか、予定を立てつつの話し振りもされたり。
とにかく、よくわからない恋仁の態度にムカついたわけです。

小さい人間です。私ったら。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年08月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー