通販といっても様々な種類の蟹があります。

通販といっても様々な種類の蟹があります。


そんな中で、初めての方でも安心して注文できるのはどういう蟹かというと、冷凍の蟹、それも獲れたばかりの蟹をすぐに茹でて冷凍したものです。


冷凍を勧められると、多くの方は意外に思うでしょう。


しかし、生の蟹は上手く調理すれば冷凍蟹に優るとはいえ、素人には捌きづらいというデメリットも抱えています。


茹で蟹はあれでいてなかなかコツが難しく、一般家庭では大変なので、あらかじめ茹でた状態で冷凍した蟹を買ったほうがいいと私は思います。


インターネットでもかに通販サイトはおいしそうなかにの写真をたくさん載せています。


だからこそ、どこを選んでいいか迷ってしまう人もあるでしょう。


おいしいかにを通販で買いたい、でも失敗したくない、という人には、テレビでかに通販のチェックを勧めます。


扱う期間は限定されますが、テレビ通販のかになら質の良い品を全国に紹介していることが多く信頼できる品だと思って良いでしょう。


どんな人にも無難な通販です。


現在では、蟹を買うのに専門の店まで出向く必要はありません。


蟹通販を利用してズワイガニやタラバガニなど、好きな種類の蟹を買うことができます。


便利な時代になりましたね。


しかし、注文は簡単ですが、その前段階が大変です。


蟹通販の業者は大変多く、サービスの質もピンからキリまでですから、慎重に選ばないと、美味しい蟹が味わえないということにもなりかねません。


新鮮で美味しい蟹を味わいたいなら、なんといっても「産地直送」は大事です。


それを掲げている業者を選びましょう。


とにかく慎重に選ぶことです。


業者の質により、蟹の質も大きく変わります。


業者選びは妥協しないようにしましょう。


蒸して食べても、点心の具にしても上海ガニと言えば、独特の味があるので、その名にふさわしい有名なブランドです。


チュウゴクモズクガニという名の通り、中国原産で結構、生息地域は広いようです。


生息地域が広いのも当然で、雑食なので侵略的外来種扱いを受けています。


養殖などで持ち込まれ、拡散することを防ぐため上海ガニが輸入されないように一切禁止になっているところもあります。


ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。


地方により様々で、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。


雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、普通よく行われる調理方法は、脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにする方法です。


逆に、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえ味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、わりと、このような部位を茹で珍味として愛されています。

グルメの代表である蟹は、定番である脚の身

グルメの代表である蟹は、定番である脚の身はもちろんのこと、私は同じくらい蟹ミソも好きなのです。


蟹ミソの旨さを味わい尽くせる蟹に関して一家言申し上げるなら、蟹の中でも毛ガニが一番のオススメです。


ねっとりととろけるような旨味で知られる毛ガニのミソなら、蟹ミソ嫌いの人でも気に入ってしまうほどです。


通は、脚の身をほぐし、蟹ミソと混ぜ合わせて食べます。


酒好きでもある私には欠かせません。


年末に、テレビでかにの特集を観ました。


かに通販の話もしていて、たくさん入ったかにを探していましたし、おいしそうだったのでちょっと不安もありましたが、送料無料が決め手になり注文しました。


実は、生鮮食品を通販で買うのは初めてでした。


本当にテレビで見た商品が届くのか心配していましたが、届いてみれば身が詰まったかにばかりで、安心しました。


しかもゆでて良し、鍋で良しのおいしさで、新年早々みんなにこにこでした。


もちろん、今年も購入したいと思います。


自宅にいながらにして新鮮な蟹を取り寄せられる蟹通販は、便利でお得な方法として知られていますが、注意しておかなければならない部分もあるのです。


蟹の王道といえばタラバ蟹ですが、その購入にあたっては、蟹の大きさや新鮮さといった重要ポイントをよく見て確認しておく必要があります。


写真だけを見てもよくわからないことが多いでしょうから、説明文も併せてチェックすることが必須です。


また、利用者の口コミやレビューといった情報源もダイレクトにお店の評価を反映しているので見ておきましょう。


近頃あちこちの番組でかにを食べるシーンばかり見せられて、何とかかにが食べられないかと探した結果、かになら通販で頼むのが断然便利でお得と知り合いに勧められたのを思い出し、申し込んでみました。


こんなに美味しいなんて、うれしい誤算でした。


元だけでも取れればいいやと思っていたのが、お釣りまで来たぐらいです。


今まで全く知りませんでしたが、結構長い歴史があるらしく、私が生まれる前からかにを宅配便で全国に販売する会社はあったらしいのですが、一昔前、冷凍してあっても生鮮食品扱いのかにの発送に関して信用できる根拠もあまりなかったので、かにを買うのに通販を利用することの利点などなく、評判が悪かったり、味に満足できないなんていう噂があったりしました。


昔と違い、通販会社も高品質のかにを届けるための努力の甲斐あって、美味しいかにが通販でも買えるようになったのです。


新鮮なかにが手に入る時期になるとお店でも、かにに目が行ってしまうものです。


寒いときにみんなで囲むかに鍋は一度食べれば、忘れられないおいしさですね。


せっかくの鍋をさらにおいしく食べたいなら、かにをスーパーなどで買うと少々もったいないので、市場でいろいろ見てから買った方が新鮮なかにを食べられます。


市場が近くにない方は、産地直送の通販を探すのも近頃では常識です。

便利で知られる蟹通販ですが、皆さんが気にしている点

便利で知られる蟹通販ですが、皆さんが気にしている点と言えば、蟹が新鮮かどうかわからないということだと思います。


蟹通販を初めて利用するという人の場合は、そんなに新鮮な印象はないのかもしれないですね。


しかし、実際の場合、蟹通販の蟹は十分に新鮮だといえます。


考えてみてください。


蟹通販は漁港から直送で蟹を送ってくるので、一般的なお店で売られている蟹よりも鮮度が落ちないまま自宅まで届けられるのです。


蟹を買おうとするときの注意点。


それは、選ぶ方法に注意すべきです。


蟹がどんな種類なのかにより、選ぶ方法に違いがあります。


買いたい蟹がズワイ蟹だった場合には、どこを見ればいいと思いますか?それは、腹側です。


ポイントは腹側の色で、白いものはやめて、アメ色をしているものを選ぶのがいいでしょう。


そして、硬い甲羅をしている蟹も美味しいです。


「さあ蟹を調理しよう」という時には「蟹がどういった状態であるか」に合わせて様々な注意点があります。


中でも特別気を付けた方がいいことは、冷凍してある蟹の解凍の方法です。


多数の人々が解凍を早めたいと、水の中で蟹を溶かそうとして浸します。


そうしてしまうと、旨味のある蟹が味気なくなってしまうため、冷蔵庫に入れた状態での時間をかけた解凍が大切です。


蟹はどう食べても美味しいものですが、中でもお勧めできるのはまず蟹鍋、そして茹で蟹でしょう。


これまでに色々な調理法で蟹を食べてきましたが、間違いなくそう思います。


蟹刺しなど、生で味わうのも本当に新鮮な蟹ならいいのですが、生のままという特性上、鮮度が落ちると味も良くありません。


私が茹で蟹や鍋をお勧めする理由はそこにあります。


これなら、多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。


塩ゆではシンプルな調理なので、そのままでは口に合わないかもしれませんが、今時は蟹専門店と同じ土佐酢が通販で売っており、それを使えば見違えるほど美味しくなるので試してみてください。


皆さんは中華料理と言えば何を思い浮かべますか。


いろいろな中華がある中で特に高級な料理として有名な上海蟹ですが、上海蟹とは、中国で水揚げされる淡水蟹のうちでも、揚子江の下流付近に生息している蟹を上海蟹と名付けています。


四季に関係なく流通しているので、常に口にすることができますが、メスの場合は多くの卵を含んでいる10月あたりと、11月の時期の上海蟹のオスの白子はねっとりとして舌触りが最高の時期で、最高においしい一品として重宝されています。

少し前までは通販の宣伝といえばテレビでした

少し前までは通販の宣伝といえばテレビでした。


テレビを見て巧みな宣伝につられ、蟹通販の利用を検討した人もいるかと思います。


しかし、情報源がテレビだけではもったいないです。


ネット上でも、テレビ通販よりも安価で新鮮な蟹を売っていないかどうか、ちょっと検索してみましょう。


WEB上の方がテレビ通販よりずっと多くの業者が競合しており、よりお得になるケースが多いためです。


一方、詐欺やトラブルの危険性を気にされる方は、テレビ局のお墨付きを得ている通販番組を利用するのが無駄な心配を防げるという点ではいいでしょう。


今日では、楽天市場をはじめとする多くの通販サイトで蟹通販を利用でき、タラバガニや越前ガニ、松葉ガニなど色々な蟹を手軽に購入できます。


しかし、通販の利用が初めての方は、実物を見て買えない点が怖いかもしれません。


蟹通販を利用したい方は、いきなり購入を決めるのではなく、既に購入した人の声である「レビュー」を確認して選ぶのをお勧めします。


さて、レビューを見る際に注意するべきは、サクラを見分けられるようにすること、これに尽きます。


レビューの数がそれほど多くないにもかかわらず、「良い」評価ばかりが不自然に並んでいるなら、おそらく業者が人を雇って書かせたヤラセ評価です。


通販は不安なので事前に口コミを参考にしたいという方は多いでしょうが、蟹通販に関する口コミは溢れ返っており、困惑します。


有名なのは楽天やアマゾンなどですが、それらのECサイトのレビューをまず参考にするという方も多いでしょう。


また、数えきれないほどのWEBサイトが蟹通販のレビューを扱っています。


これら全てに目を通すことなど出来る筈ありませんね。


重要なのは、これらの情報に惑わされないことです。


口コミにはいい加減な内容やヤラセも多いです。


口コミばかりではなく、ちゃんと実績を公表している業者を選ぶのがいいでしょう。


この方法なら業者の選定で失敗することはほぼありません。


ネットで見かけた蟹の激安通販が気になって仕方がないとう方は多いかもしれません。


その名の通り激安なので、一見、利用してみたいと感じるかもしれません。


とはいえ、注意するべき点もあります。


他の店と比べてあまりに安すぎるところは、商品に重大な欠陥があるということがありえるので注意しましょう。


口コミやレビューなどで、その業者の評判を見てから判断することをおすすめします。


紅ズワイガニというと、ズワイガニに比べたらおいしくないともっともらしく言われますがそれは思い込みかもしれません。


記憶をたどって、紅ズワイガニは全部大したことはなかったとすれば今までおいしい紅ズワイガニにあたったことがないためでしょう。


新鮮な紅ズワイガニは、それはもう実においしいかにです。


なかなか新鮮なものを食べられないためおいしいものを食べるのは難しいのです。

ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。

ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。


誰でもズワイガニを選ぶとき全体的な大きさと、脚の長さや太さを見て決めていることが多いでしょう。


それは当然のこととして、同じくらい欠かせない点もあると知れば、失敗はしません。


持ったときの重量感を意識してください。


見た目の割に、どうにも身が詰まっていないという情けない事態になりかねません。


持って確かめられるなら、重みをチェックするのは当然です。


かにの種類はいろいろありますが、最もおいしいのはどのかにかとよく言われます。


私の一押しはズワイガニです。


ズワイガニというと、水揚げされた地の名がブランドになっている地域ブランドのかになので、松葉ガニだの、越前ガニだのご当地ブランドのズワイガニならばブランドに恥じないおいしさです。


お値段高めはご容赦いただいて、有名ブランドのかになら味噌までしっかり堪能できます。


ネットで「かに通販」を検索すると、比較サイトや特集サイトがおいしそうな写真でみんなを誘惑しています。


通販で食品を買うのは難しく、どこから買えばいいのか迷う人がたくさんいるのは仕方ないでしょう。


かに通販のビギナーです、という方、テレビでかに通販をご覧になったことはありますか。


一年中あるわけではありませんが、テレビ通販のかには質の良い品を全国に紹介していることが多く届いてがっかり、ということはまずありません。


ただ、かに特集の放映をチェックして、電話やネットで購入する手間はかけてください。


松葉ガニのメスを、ある時期セコガニと呼びます。


松葉ガニと比べてみれば、おおむね小さめサイズが多いのですが卵が甲羅の中に詰まっており身も濃厚な味とされていて、松葉ガニにはない味を求める方も熱く語っています。


とても出回る期間が短く、一年の内で11月から1月の間でしか漁の期間は決まっているので幻のかにといわれる所以です。


蟹を入手しようとする際、気を付けるべきこと、それは選び方です。


一口に蟹といえどもいろいろな種類がいるので、様々な選び方があるのです。


例として、ズワイ蟹を買おうとする場合には、腹側に重要な手掛かりがあります。


避けるべきズワイ蟹は腹が白くなっているもので選ぶのに重要なのはアメ色のものを選択することです。


他に挙げられものとしては、硬い甲羅をしている蟹も美味しいです。
前の記事へ 次の記事へ