松葉ガニのメスをセコガニといいます。


メスしかいないので、松葉ガニより小ぶりなかにですが、この時期にしかない卵がぎっしり入っていて全体に濃厚な味なので、松葉ガニにはない味を求める方も後を絶ちません。


このかには、11月から1月までしか漁の解禁期間が限られるので珍重されるのは当然です。


一番多く売られているのはかにの脚肉ですが、味噌でかにを決める方もたくさんいます。


味噌好きの方が選ぶかにとしては、もちろん毛蟹ですよね。


こってりした濃い味の味噌こそこれが最高、と言う方が多いのもうなずけます。


手に入りやすく味噌のおいしいかにとして、ワタリガニを勧める方もいます。


一回り小さくはなりますが、味噌は納得のおいしさです。


花咲がにを食べたことはありますか。


根室の花咲漁港が主な産地のかにの一種で、分類するとヤドカリと考えてください。


実際は、見た目ではかにと区別がつかず、味もかにに近いので食べる方としては、かにと同じ扱いで誰も問題にしていません。


身の芳醇さと食べ応えで知られ、産地が限られて漁獲量も少ないので誰もが認める有名なブランドがにです。


蟹通販に興味をお持ちの皆様へ。


多くの商品がある中で、今まで蟹通販を利用したことがないという方にお勧めなのは、意外かもしれませんが、活きた蟹ではなく冷凍の蟹です。


ただし獲ってすぐに茹でたもの。


冷凍に比べ、活きたままの蟹は、上手く調理すれば冷凍蟹に優るとはいえ、素人が簡単に捌けないという難点があります。


それに蟹を茹でるのは大きい鍋が必要だったりして、手を出すのは難しい部分もありますので、そういった下処理が終わっている状態の商品を買ったほうがいいと私は思います。


美味しい蟹が食べたいですよね。


私も蟹が好きなので、蟹通販をよく利用しています。


ですが、通販ならではの注意点もあるので説明します。


通販ではお店と違い、現物が見えないので、事前に蟹の量を確認しておくのは大事なことです。


普通の業者なら大丈夫ですが、中には悪い業者もいますから。


それ以上に大事なのが、冷凍された蟹の解凍です。


生鮮食品の解凍は難しいものです。


解凍の際には急がず、自然に任せるつもりで慎重に行いましょう。


急いで解凍すると、せっかくの蟹も旨みが抜けて台無しです。