蟹の美味しい季節が今年もやってきまし

蟹の美味しい季節が今年もやってきました。


蟹の醍醐味といえば、なんといっても丸ごとで買うことでしょう。


丸ごとよりも、脚だけなど「不完全」なセットがお得に買えるという話はよく聞きますが、値段は蟹の種類やサイズによりけりですので、丸ごとの商品でもお得な値段で購入できる商品は少なくありません。


お勧めするのには理由があります。


だって、蟹の美味しい食べ方といえば、丸ごとのまま茹でるのが最良なのです。


それなら風味を損ねることもありませんから、蟹自体の風味や旨みを味わい尽くせるのです。


色々なかにの通販がありますが、どこまで加工したものを買うかということで、ボイル?活かに?でフリーズした方も多いのは仕方ないことです。


これからはこう思ってください。


通販でかにを決める場面では活かにを選びましょう。


どんな調理をするとしても、その方が新鮮でおいしい、と考えるのが妥当です。


かにって本当に美味しいですよね。


自他共に認めるかに好きの私は、四六時中かにが食べたくてたまりません。


そこで通信販売ならすぐ送ってくれるし、食べない手はないと、早速注文してみたのです。


あまり期待はしていなかったのですが、想像以上に美味しく、感激しました。


今でこそ、世界中の食べ物がクリックひとつで頼めるようになりましたが、そんなことを考え付きもしない頃から、旅行が出来ない人でも自宅でかにが食べられるようにと、発送するシステムはあったというのです。


少し前までは、生ものは発送に適さず、冷凍すると味が落ちると受け入れられづらい状況もあり、物好きな人が通販でかにを買ったのはいいのですが、味の方の保証もないわけですし、途方もなく無謀な試みに思えたものです。


とはいうものの、お取り寄せ全盛の昨今、産地直送のかには人気上位を保っています。


これを食べないのは損だと思いますよ。


ここだけの話、通販で買ったかにで大失敗したことがあります。


アレルギーでなくても、かにの食べ過ぎには用心してください。


おいしそうな毛蟹がたくさん手に入り、買った品のほとんどを彼女と二人で食べていると、だんだん寒気を感じました。


気にせず食べるのを止めなかったので寒気は収まらず、震えだしてしまいました。


皆さん、おいしいかにがたくさん手に入っても、たくさん食べると、冷えて体調を崩すことがあります。


私のような目には遭わないようにしてください。


激安が売りのかに通販も多々ありますが、実際に見て選ぶのとは違い、品質が保証されたものばかりと思い込むのは間違いです。


店舗がたくさんある中で、信頼の置けるところを探すことが激安通販を利用する際の最重要課題です。


通販でかにを買ったことがないという方は本当に一からお店を探すことになるので、先に買った方に評判を聞くなどして安くておいしいかにを食べてくださいね。

誰だって安心して蟹通販を利用したい

誰だって安心して蟹通販を利用したいもの。


それなら、なんといっても楽天市場の利用がお勧めです。


楽天市場はその規模と信用性が最大の強みです。


ここなら、店舗とのやりとりなどに不満を感じる機会はほぼ無くなると断言できます。


それだけ、楽天はユーザーが安心できる効果があるのです。


楽天を通じて買っておけば、最低限、他の通販ではありがちな商品不着などの可能性もほとんど無いと思ってよいです。


かにといえば脚肉、の方も多いですが、味噌こそ、本当のかにの醍醐味ですよね。


味噌でかにを選ぶとすれば、毛蟹が他を圧倒しています。


こってりした濃い味の味噌こそ寒いときにはたまりません。


毛蟹のボリュームは結構という方には、ぜひ、ワタリガニの味噌を味わってください。


毛蟹よりは小ぶりですが、独特の味わいを楽しめます。


日本でかにが多く水揚げされるところとしては、北海道、そして北陸でしょう。


かにと温泉が楽しめるのも北陸の良さで、石川県にある粟津温泉はおすすめでかにを味わった後、温泉に入る楽しみを求めてかにのシーズンには、全国から多くの客が湯治などに訪れます。


粟津で食べられるのは加能がにというズワイガニで、甘みのある味が特長です。


旬のかにと温泉を堪能したい方は最高の地だと言えます。


ご馳走の代名詞といえば蟹。


しかし、蟹には産地や品種など様々なブランドがあるので、蟹通販の初心者の方は、ぜひ色々な蟹を食べ比べてみることをお勧めします。


私の一番のお勧めとしては、松葉ガニ、越前ガニなどの銘柄で知られるズワイ蟹です。


ズワイ蟹の魅力といえば、身に詰まった強い甘み。


そして蟹のもう一つの醍醐味であるミソも、濃厚で美味しいのです。


他の蟹と比べると甲羅のサイズは小さく、表面がツルツルしているのが印象的であり、慣れればすぐに見分けられます。


ちょっとした臨時収入があり、美味しいものを食べようと思い、通信販売でもかにが買えると知り、初めて思い切って注文してみましたが、こんなに美味しいなんて、うれしい誤算でした。


元だけでも取れればいいやと思っていたのが、お釣りまで来たぐらいです。


今でこそ、世界中の食べ物がクリックひとつで頼めるようになりましたが、そんなことを考え付きもしない頃から、産地から自宅へとかにを配送するところはたくさんあったといいます。


その時点では、生鮮食品のお取り寄せというのが今ほど浸透しておらず、利用されているという話を聞くこともほとんどなかったので、物好きな人が通販でかにを買ったのはいいのですが、産地に行って食べるものとの違いが大きく、その辺のスーパーで売っているものよりひどいと聞いて絶対に買うのはよそうと思ったものです。


しかし、冷凍技術や配達のスピード化など様々な進歩により、通販でも十分満足できる品質のものが味わえるようになりました。


一度利用してみては如何でしょう。

かにの味は、国産と外国産で違うのでしょ

かにの味は、国産と外国産で違うのでしょうか。


タラバガニで比較すると、国産も外国産もほとんど同じ味だと認識されています。


ところが、ズワイガニになると話は別です。


味がかなり違うという説が主流です。


国内でもズワイガニは産地の名がブランドになるわけで、獲れた地によって味が変わることが知られていて、国内でもそうですから、国産と外国産の違いはかなりのものといえます。


お歳暮でかにを贈るのも良いですよね。


そのかにを買う際には詰めを甘くしてはいけません。


どういうことかといいますと、贈るかにを決める際、店側に勧められたかにを安易に選ばないことです。


とてもよくある話ですが、お店の人の見る目を安易に信じてしまうと、店が早く処分したい品を選ぶかもしれません。


お歳暮のかにには特に念を入れて、お店が信頼できるところか、もう一度考えてください。


蟹が大好きな人は多いですね。


でも、蟹にはいくつもの種類があって味が違うので、蟹のことをもっと知りたいというあなたは、特定の蟹にこだわらず、色々食べ比べてみましょう。


特に美味と言われ、人気のある蟹といえば、なんといってもズワイ蟹が良いです。


この蟹の特徴としては、身には強い甘みがあり、蟹味噌も濃厚でおいしいです。


最も蟹らしい蟹といえるでしょう。


甲羅は全体的に小ぶりで、表面がツルっとしているのが外見上の特徴として挙げられます。


私の見た限り、蟹通販の「激安通販」に興味津々の方は少なくないように見受けられます。


その名の通り激安なので、一見、いいことずくめのように見えます。


とはいえ、注意するべき点もあります。


リーズナブルだという度合いを超えて安価すぎるなら、通販のていを装った詐欺だったりすることも考えられるので、十分気を付けてください。


口コミやレビューなどで、その業者の評判を見てから判断することをおすすめします。


かにのおいしい食べ方はいろいろありますが、まずは「焼きがに」が絶品です。


自宅で十分、かにのおいしさを堪能できます。


まずは、解凍ですよ。


水分が逃げないよう、新聞紙などで殻ごとくるみ、冷蔵庫に入れるのがベストです。


理想は、半日くらいかけてゆっくり解凍することです。


半解凍の頃を見計らい、殻付きのまま焼けば、うま味が殻に残った状態で、おいしく食べられます。


焼くときは、水分が残るようにしてくださいね。

かにがある食卓を見れば、うきうきしてきたという思い出

かにがある食卓を見れば、うきうきしてきたという思い出は強烈なものがあるでしょう。


もしもそのかにが丸ごと一匹だったら、みんなのにっこりがあふれたことでしょう。


かにの産地でない限り、地元のスーパーでは一匹丸ごとのかにはそうそう売っていません。


少し時間をかけて、産地直送の通販でかにを買うと市場で買うのと同じくらい新鮮で、それより安いことが多く、みんなが納得、満足できるはずです。


モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、世界でその名を知られた上海ガニの種は異なりますが、同じ族のかにです。


上海ガニと似ていないのは背中の黒く細かい模様で、成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。


また、重さは170グラムから180グラムの個体が多いと考えてください。


なぜか、雄の方が雌より小さいことが多いのです。


丸ごと使えるかにとして、日本では昔からいろいろな料理にされています。


蟹通販を利用する際には口コミを参考にしたいですが、レビューや口コミというのはネット上にたくさんありますよね。


レビューといえば楽天やアマゾンがまず思いつきますが、そういったサイトでは簡単に多くの口コミが見られます。


また、それ以外にも、数えきれないほどのWEBサイトが蟹通販のレビューを扱っています。


これら全てに目を通すことなど出来る筈ありませんね。


そうなると、役に立つ情報はどうやって選べばいいのでしょうか。


購入者の心情が多分に入った口コミばかりを頼りにするのではなく、客観的に表れる実績によって業者の良しあしを判断すれば業者の選定で失敗することはほぼありません。


どうせ買うなら、より安いかにをと思っている方、あちこちで見受けられます。


市場に買いに行ける方ならば市場に出向き、まとまった量を買うことで確実に安くなります。


交通費と手間はかかりますが、ずっと安く買えるのでおすすめです。


通販も検討してください。


産地直送で安く買えるのでおすすめです。


現在、多くの業者が「ワケアリ」の蟹を取り扱っています。


本記事でもあえて皆様にお勧めしているのにはそれなりの理由があるので、ご説明します。


まず、普通のお店で蟹を買うとすると、蟹のグレードも値段も通常通りであり、特にお得だと感じることはありませんよね。


ここに通販の利点があります。


蟹通販では、形さえ気にしなえれば、傷物の蟹が訳ありの品として普通より安く売っていることがあるので、これを利用すればお得に蟹を買うことができるのです。

かさばるかにも、通販ならお店から持ち帰る大変さはない

かさばるかにも、通販ならお店から持ち帰る大変さはないので思い切って大量に買えますし、しかも、大口注文すれば、びっくりするほど安く買えることもあるようです。


ですから、底値でかにを買いたい方は、ご近所の方や、職場の同僚の注文を集めて、通販でとことん安くなる数を注文するのもありですよ。


断っておきますが、注文した方のところには、しばらくの間自分でかにを保管して、それから分けることになるのでそのスペースは確保しておいてくださいね。


便利な蟹通販ですが、難点もあります。


それは、手元に届くまで商品を見ることができない点であるといえます。


蟹を買う際には身入りなどが気になりますが、実店舗ならそれを確認できますし、その場で試食させてくれる店舗も多くあります。


それに、蟹を茹でる際の塩加減などは人によって好みが分かれますから、自分にとって「アタリ」のお店を探せばより美味しい蟹を楽しめます。


手軽でお得な蟹通販のメリットは誰もが認めるところですが、一方、そうしたデメリットもあり、一長一短といえます。


蟹通販で蟹を取り寄せるなら、活きた蟹とボイル済みの蟹、どちらを買ったものかと悩んでしまう人もいるでしょう。


どちらがいいかは、考えている食べ方によって変わります。


私は家族で蟹鍋をよくするのですが、鍋に使うなら、殻剥きの手間などがない、ボイル済のポーションタイプが最適といえます。


ご家庭で蟹しゃぶをするなら、鍋とは違って、生冷凍か活蟹を選択するのが最も美味しく味わえます。


このように、調理法に応じて最適の商品を選択すれば、商品選びにも困らず、もっと手軽に蟹通販を利用できます。


蟹の美味しい季節が今年もやってきました。


商品のタイプにも色々ありますが、私のイチオシは丸ごと買いです。


脚だけのポーションの詰め合わせや、いわゆる訳あり蟹が一般に安価だと言われていますが、丸ごと買いも捨てたものではなく、サイズや品種によっては安く購入できることがあるのが蟹通販です。


お勧めするのには理由があります。


だって、蟹の美味しい食べ方といえば、蟹の風味を活かした茹で蟹ですよね。


丸ごと茹でなら、蟹が持つ風味や味わいを損なわず、旬の蟹の風味と味わいをたっぷり楽しめるのです。


日本人の多くは、食べ放題で出てくる蟹はあまり美味しくないものだと思っているでしょう。


実は私もかつてはそうでした。


確かにそういうところもありますが、全てがそうではありません。


最近では、ただ安いだけでなく、美味しい蟹を食べられる食べ放題もあります。


食べ放題の中でも、ちゃんとした蟹専門店や、蟹の産地での食べ放題なら、プロも認めた高品質の蟹を存分に味わうことができるでしょう。


ですが、正真正銘の極上ランクの蟹を食べたい方ならブランドのお墨付きをもらった蟹を選ぶに越したことはないです。
前の記事へ 次の記事へ