話題:差別




 最近、政治の世界で、小池都知事や民進党・蓮舫代表など、女性の活躍が目立っている。逆に言えば、女性の活躍が目立つほど、日本では女性の政治家自体が少ないという現状がある。「女性が政治を変える」をテーマに日本テレビ政治部・原聡子記者が解説する。
 世界を見ると、既に国のトップに女性が就いている国がたくさんある。例えばドイツのメルケル首相、イギリスのメイ首相、韓国の朴大統領、ノルウェーのソールベルグ首相など、各国のリーダーに女性は多い。

――アメリカでも初の女性大統領が誕生する可能性もある。こういった国は、女性の政治家自体が多いのだろうか。
 はい。国会議員の女性比率で見ると、ノルウェーやドイツは約4割の国会議員が女性。一方で、日本の衆議院では、9.5%、参議院でも先日の選挙で増加したとはいえ20.7%となっている。世界の平均は両院合わせて22.8%が女性なので、日本は低い数値といえる。
――女性議員が少ない事でどんな影響があるか。
 政治家に女性がほとんどいないから、“女性の生きやすい環境を作る政策”が整いにくいと指摘されている。
以下略
議員が活躍すればいいのであって
性別は問わない

社会党のマドンナ旋風がなぜ持続できなかったのか?

一番の問題は投票率の低さ
政治家に期待していないので誰がなろうが構わない
という人が多いみたい