今期観るドラマとアニメ(自分専用記事)

4月17日と21日に拍手ボタンを押して頂きました貴方様、有難うございます。とても嬉しいです。




※自分専用記事です


個人的な感想を物凄く簡潔に書いています
文章力や語彙力がありません
ネタバレにご注意下さい




・コンフィデンスマンJP
脚本 古沢良太…が視聴の決め手。インパクトはあるけれど色々有り得ない初回からの、初回に比べれば落ち着いた2〜3話に何故か安堵(笑)細かい事を考えなければ十分楽しめる筈。
・シグナル
過去と繋がる無線、という設定に惹かれ視聴。覚悟はしていたものの、後味の悪い結末はどうにも辛いものがある。三枝の過去、大山の今後が気になる所。
・植物男子ベランダー
『植物男子ベランダー1』とあるのに「ハードボイルド・リターンズ」って事は、単発ドラマから連続ドラマに昇格?した…のかな。タイトルからしてまったり観られそうだと思い視聴。ドラマだけじゃなくお悩み相談や歌、多肉植物が主役のドラマと、飽きない工夫がされていて面白い。入野さんと緑川さんには驚いたな。
・正義のセ
目新しさは無いけれど安定感がある。壁にぶつかりながら成長していく新米検事と、何だかんだ言いながらも見守る事務官のやり取りが楽しみ。
・未解決の女 警視庁文書捜査官
初回だけでは何とも言えない。ヒットまでは行かないものの、安定感ある視聴率を叩き出してシリーズ化…に期待。
・モンテ・クリスト伯 −華麗なる復讐−
どうして観ちゃったかなあ…と後悔中(笑)もう初回は2度と観たくないという位に嫌な気持ちになったものの、ここからどう展開していくのか気になるから今後も観る…筈。今はハッピーエンド以外認められない気分(笑)3人の男の思わせ振りな態度が気になる。
・やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
タイトルからしてスカッと爽快な話に!と期待していたのに(笑)学校が舞台だから仕方ないかな。初回は阿呆な女子生徒やその母親が憎らしいやら呆れるやら。弁護士によって学校にどんな変化をもたらすのか、弁護士自身に変化はあるのかに注目。
・ゲゲゲの鬼太郎
子供に丁度良い感じの不気味さ加減が好き。クールな鬼太郎に、スマホを普通に使いこなすツンデレな猫娘が可愛い。
・ルパン三世
今時な内容で観ていて楽しい。OPEDも気に入った。第2話ラストのルパンの台詞好きだなあ、カッコ良すぎるよ。

最近読んだ小説

4月14日に拍手ボタンを押して頂いた貴方様、有難うございました。凄く嬉しいです






個人的感想を簡潔に書いていたり、感想を書いていなかったりします
文章力がありません
ネタバレにご注意下さい




残月 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)

高田 郁
角川春樹事務所

明らかに前巻とは違う、大人びた?たくましい?芯の強い?しっかりとした?女性になったな……が今巻の澪の印象。
佐兵衛の件は残念だったが仕方ない。でもラストのラストで良い方向に動き出したのも感じられて、残る2巻は上がり調子かと期待する一方、高田先生の事だから…と油断も出来ず(笑)まだまだ道程は険しそうだ。

双頭の悪魔 (創元推理文庫)

有栖川 有栖
東京創元社


女王国の城 上 (創元推理文庫)

有栖川 有栖
東京創元社


女王国の城 下 (創元推理文庫)

有栖川 有栖
東京創元社

とうとう読み終えてしまった。面白かった。勝手なもので、こうなると早く最終巻が読みたくなる(笑)発売されたとしても、文庫本派の私は更に待たねばならず。待ち遠しいな。

最近読んだ小説(自分専用記事)

こちらは自分専用記事です

個人的な感想を簡潔に書いていたり書いていなかったりします
自分専用記事なので、何時もより更に文章に気遣っていません
ネタバレにご注意下さい


センバツ面白かったなあ。良い試合ばかりだった。これは夏が楽しみだ。




想い人との別れは残念に思ったものの受け止められた。でも又次さんは…。予兆からのまさかの展開に思わず「嘘でしょ」と叫んでしまったくらいショックだった。このシリーズは確か全10巻の筈。この時点で7巻。この先まだ何かあるんだろうな。最終巻まで情け容赦なくボキボキと心を折られそう。



『江神二郎の洞察』を読んで、江神シリーズブームが再燃。内容を適度に忘れているので新鮮に感じながら読んでいる。江神シリーズは確か、長編1作と短編集を残すのみの筈。早く読みたい気持ちもあるけれど、寂しいからまだ当分は…な気持ちが混ざりあっている(笑)

おそ松さん第2期まとめ(自分専用記事)

こちらは自分専用記事です

個人的な感想をとてつもなく簡単に書いています
文才はありません
ネタバレにご注意下さい



・好きな話
チョロ松事変
びん
カラ松タクシー
新春恒例トッティクイズ
となりのかわい子ちゃん
UMA探検隊 デビルイエティ篇
旅館
カラ松と十四松のデリバリーコント
イヤミはひとり風の中
デカパン大統領
ふくわ術
バレンタインデー
トト子とにゃーのデリバリーコント
カラピノ
財布
迷路
社会科見学
絶対英雄チャントシター
スケルトン
深夜の日松屋
BANANA
ニート矯正施設
海外旅行
悩むイヤミさん(複雑ではある)
深夜の日松屋B

最終回

何だろう…何か忘れている気がする(笑)

『イヤミはひとり風の中』は素晴らしいの一言……やっぱり陳腐でごめんなさい
今期は挿入歌が多かった印象。その中でもチャントシターとBANANAがとても好き。どんな時でも頭の中で勝手に流れ出すのは多少苦痛(笑)
松野家電話記事にも書いたけれど、いつしかアニメより松野家電話の方が楽しみになっている自分がいた(笑)
3期は……やるなら物凄く喜んで観るだろうけど、今は別にそんな気分じゃないなあ。1期最終回を迎えた時は2期を強く望んでいたんだけどな……松野家電話の所為?………最終回で殆どのキャラクターが登場して満足感を得たのかも(笑)

・おそ松
予想していた通り、好印象のまま最終回を迎えた。それにしてもおそ松回の少ないこと(笑)色々あったけれど『桜』で全て報われた感はある…かなあ
・カラ松
こちらも変わらず好印象のまま最終回を迎えた。24話で社交性ある一面が見られたのが良かった。もし3期があるなら仕事仲間?3人との話が見てみたい
・チョロ松
大して印象は変わる事は無かったけれど、アニメでも松野家電話でもライジングしていて色々心配に(笑)トド松が指摘してからツッコミが増え始めて嬉しかった
・一松
『チョロ松と一松』からの最終回で、一松の印象が随分変わった(笑)結局チョロ松と一松の気まずい雰囲気は一体何だったんだろう。投げっぱなしになるとは思わなかった
・十四松
十四松回は色々な意味で安心して見ていられた。でも正直、不思議回や感動(風)回以外の十四松回を見てみたかったなあ。やっぱり祭回でやり尽くしたんだろうか(笑)兄弟との絡みは…一松以外思い出せない(笑)
・トド松
本人は不満だろうけど、素晴らしくツッコミが冴え渡った2期だった(笑)ボケは3期(があるなら)に期待。こちらもカラ松同様、3期は男友達とのエピソードが観られたら良いな

第2期はサブキャラが光っていたと思う

おそ松さん最終回感想

個人的感想をとても簡潔に書いています
文章力はありません
ネタバレにご注意下さい



置いてきぼりの3人の表情がとても好き
だからどんな壊れ方だ(笑)
凄いな、ピンポイントだよ
死んだ(笑)このアニメ、結構な確率で死んでいるから、あの世は常連感覚だと思ってたけど初めてなのか
流石カラ松、グラサンは忘れない
「僕達、死んでるよね」の言い方が好き
「最終回」とか言われると封印していた赤塚劇団設定が復活しそうになる
納得しちゃうんだ(笑)
カラ松の「死ぬしかないか」の言い方がとても好き
あっけらかんとしてるなあ。この6人なら何処だろうと楽しんでそうだ
鬼に頭下げるチョロ松が可愛い
カラ松は何を見せているんだろう。タンクトップ?身体検査?持ち物検査?
トド松の友達とかカラ松の仕事仲間?とか期待したけど来ていないのね
にゃーちゃん優しいな
キンちゃんもいるのか
デカパンは期待を裏切らないな(笑)上に何か羽織ればそれっぽく見えるのに
焦る青鬼が好き
閻魔大王な聖沢さん良いなあ
「はあ?」な上3人が可愛い
青鬼苦労人ぽいなあ
揃いも揃って出て来ないのか(笑)ハタ坊友達回は、オチ以外は良い思い出な気がするんだけど
「あれー?」が可愛い
「こいつらマジか」的な目で見ているお坊さんが好き
「そういう噂は耳にするよね」に笑った
チョロ松と一松の、都合の良い・悪い時だけの兄さん呼びは可愛くもありウザくもあり(笑)
「偶々思い出せないな」に笑った。でっち上げても良いのに(見破られるだろうけど)何だかんだ正直な六子が好き
真面目だし頑張り屋かあ…1期はまだ分かるけど2期は24話以外は別に(笑)
ナイスだカラ松
謙虚で控えめで物凄く良い奴…こんなに自己主張する一松は初めてだから新鮮。危機的状況とはいえ、自分の事をそこまで言えるなら上等だ。一松はカラ松の事をとやかく言えないね(笑)
あの世にもスマホがあるんだなあ
十四松は一番人気と自覚しているのね。実際の所、十四松って一番人気なの?コンビニコラボやらアニメイトグッズやら諸々を見聞きして勝手に一松だと思っていたよ
「俺ってそういう奴だから」が、ちょっと何言ってるのか分からないけど良い声していて好き
醜い争いだなあ
綺麗に一周した(笑)殆どが何故指さした?と疑問に思うものばかりなんだけど、別に意味は無いだろうからどうでも良いか
ただ、チョロ松はおそ松を、カラ松はチョロ松を指さしたのを見てバレンタイン回を思い出し、チョロ松はおそ松に対して「いつ死ぬの?」なんて言ってたから納得……となるとカラ松がチョロ松を指さした理由はクソダサいからか!……とあまりにも下らない事を考えてしまった
上3人の扱いの酷さ(笑)松野家の近くにあんな急な坂があるなんて知らなかったよ
おでんの提灯が取り敢えず間に合わせました感満載で好き
常識人なチビ太が好き過ぎる
6人分の霊柩車は色々大変だろうから仕方ない…とはいえ軽トラって(笑)
振り落とさない十四松に対し、問答無用で叩きつけるトド松に笑った。「黄泉ー黄泉黄泉ー!」でカラ松に頼ってた癖に勝手な…!(笑)
おそ松の無限地獄が怖過ぎる
カラ松と一松はモテて良かったね(笑)
十四松とカラ松は同じネタを使い回していて残念だった。何かに追い掛けられる状況も一松と被ってるし
麻雀は普通に楽しそう
これは辛い(笑)顔は見えないけれど可愛い鬼っぽいから余計に……がんばれチョロ松(笑)
卒業文集ときたかあ、若気の至りだし可愛いけどイタいなあ(笑)
必死に取り繕うトッティと半笑いな聴衆、淡々と読み上げる鬼が好き
「あーやばいやばいやばいやばい」がとても好き
ナンバーワンだのオンリーワンだの…何処かで聞いた事ある(笑)
涙目なトッティが可愛い
まさかの高校編に笑った。是非拝聴したい(笑)
うわあ、一松もやらかしてたか
これローテーションなのかな。他の兄弟の卒業文集が気になる
六子=F6と思っていただけに、今回死んでいるのが分かってからというもの、よく分からない存在になった
「ロボも死ぬんだ」が何か好き
イヤミも死んでたのか…そりゃ死ぬか
えー…
口を押さえる4人が可愛い
キレるチョロ松がとても好き
もう来世で良くない?道程は険しいけれど(笑)
赤塚先生のご登場には驚いた
蜘蛛の糸かな?
爆笑する赤塚先生に笑った。楽しそうで何より
喪服じゃなくて普段着なのね。これはカッコいいし頼もしいな
水鉄砲で攻撃するハタ坊が可愛い
新曲とやらが気になる
はなまるぴっぴはテンション上がるな
何故地獄行きなの?というか何故死んでるの?なキャラが多過ぎるんだけど(笑)特に照英さんは何があったんだ…
実松はどういう立ち位置にいるんだろう
カラ松が助けたのは…今までもよく転んでいたしチョロ松…なのかな?
助け合いながら走る六子がとても好き
うっわ痛そう
チビ太達5人がひたすらカッコいい
焼くのも纏めてなのね、経費削減を徹底してるなあ
腐ってる(笑)そりゃ怯えるわ
イヤミの墓適当過ぎるだろ
エンドカードイラストが予想外過ぎて笑った
お喋りする六子の声が楽しそうで和む


これにておそ松さん第2期感想は無事終了ですね。拙い文章を読んで頂き、誠に有難うございました。

非公開記事は第2期第1クールまとめの様な内容です。吐き出したい、でも下らない記事を読んで頂くのは申し訳ない…じゃあ非公開にしよう!…というわけで、恐らく当ブログ初めての非公開設定に致しました。
前の記事へ 次の記事へ