巨星堕つ...

アメリカンコミックのレジェンド、スタン・リー氏が亡くなった...。
95歳、肺炎が原因との事。

これは...でかいよ。本当にでかい。マーベルどころかアメリカンコミック全体に取っても大きな損失。
アーティストのジャック"キング"カービーやスティーブ・ディッコが亡くなった時も大騒ぎになったけど、スタン"ザ・マン"リーが亡くなったと言うのは...。


どうか安らかに、マーベルの「創造主」よ...

あいや!?

気づけば1ヶ月書いてない!?いかんいかん! 昨日はアイマスのライブビューイング行ってきました。
2年ほどビューイング行ってなかったけど、やっぱり良いわ〜。
曲数も声優さんの数も増えて、2daysで総勢38人。どちらか1日しか出演出来ない方もいましたが、それでも両日とも27人体制で進行です。

...は〜。もうね、最高です。そしてね...。



12/1にこれを生で観られるんです!! 12/1にナゴヤドームで開催されるアイマスのライブに現地参加します!

行くぞ!ドーム!!!

ジャングルの守護者と黒豹

南米  未だ未開の地が残るジャングル

私、ティ・チャラは父の旧き友人が住んでいたこの地にやって来た。
森の守護者の手助けをして欲しいと頼まれたのだ。

「本当に奥地だな」
「オレ二取ッテハ普通。アイツ以外」

守護者である[アマゾン]と合流した私は彼の言う[アイツ]の退治に向かった。
[アイツ]とは獅子の頭を持つ人間...獣人と呼ばれる存在らしい。
かつてアマゾンは獣人達と戦い続け全て滅ぼしたはずだった...。だが生き残り?がいたようだ。

その獣人がテリトリーにしているエリアへと到達すると...妙な光景が広がっていた。
赤い羽根の様なフリンジが着いたコスチュームを着た女達がヒラヒラと動き回っていた。

「なんだ、あれは?」
「ジューシャ。弱イ。ケド多クテ邪魔」
アマゾンによれば獣人の手下で大して強くはないが、数を頼りに襲ってくるという。
だが...
「...フフッ」
「?...ナンデ笑ウ、黒豹?」
「いや、あのヒラヒラ舞っている姿がまるでフラミンゴみたいだと思ってな」
「フラミンゴ...ブフッ!!」
二人して吹き出した。流石に声を出しはしないが、口を押さえて笑う。緊張感が薄れるが、我ながら面白い例えだと思った。
「...ハハハ...黒豹...ハァ...ジューシャヲフラミンゴッテ言ッタノ、オ前ガ初メテダ」
「いやスマン...はは」
一頻り笑うと再びジューシャの方を監視する。暫くするとその内の一人が何やら此方を指差した。
「バレたか!?」
「違ウ...ッ!?避ケロ黒豹!!」
そう言うとアマゾンは私を突き飛ばした!

グガオオオオオゥッ!!!

凄まじい咆哮が頭上から降ってきた!

あと一瞬アマゾンが突き飛ばしてくれたタイミングが遅ければ一溜まりもなかったろう。さっきまで二人がいた場所には


「そいつ」がいた。しかし...それは獣人と呼ぶには少しばかり違和感があった。...獣に似た鎧...の様なモノを着込んでいるようにみえたのだ

続きを読む

ワイシャツと黒ネクタイ

慌てて買ったが、取り敢えず使う機会は無くなった。

今は、だけど

出来ればずっと使いたくない。

気がつけば

貯まってるライドウォッチ。既に10個あるんだよね。これから先、DXは勿論、ガシャや食玩、更には限定のキャンペーンやら、商品のオマケなんかも有るから、どこまで追えるやら…。

…見た目がさほど変わらないヤツは追わなくて良いかな。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年11月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ