楽しい山野草フリマ。

市内のイベントへ遊びにいってたんだけど、そこに出店してた山野草などの苗もの売ってた“お店”が楽しすぎた。

話題:ガーデニング

どうも近くに住んでらっしゃるご一家が、自宅で栽培〜自宅の土地内に自生してる苗をポット詰めにして格安(どれでも2ポット750円→500円だったかな?)で売ってるようなんだけど、

商品が足りなくなるとおばちゃんが「ちょっと待っててね!」とお店ブースを出て……自宅の苗をゴソッと掘ってそのまんま持ってきて「お待たせ! 好きなの選んで!」って言う(笑)。
あまつさえ、(私が行った頃はもう午後も2時前で片付けも始まってたからか)「これとこれも持ってきなさい!」と更にタダで苗がサービスされると言う。

私は紅アジサイ(花の色が白から紅色に変わる山アジサイ)を2つ買ったんだけど、サイハイラン(山野草。確か花が采配って言うモノに似た形をした花が咲く自生蘭)と“古典菊(古い日本の栽培品種な菊……らしい←おばちゃんのたまわく)”がオマケに付いてきたよ(汗)。



……と、山野草系マニアが聞いたら色んな意味でとんでもない感じだったけど、楽しすぎたので来年もやってたら今度はちゃんとお金持って早めに行こうと思った(日本サクラソウとか出てたみたいで、“客のキープ品”の中に結構綺麗なのが有って後悔←言えば掘って来てくれるとおばちゃんの孫上らしき方からは言われたけど、夏か! って気温なピーカン晴れの日に他人さまをアッチコッチさせるのも、ねえ?)。

マイクロオータム。

雑音もぐれ庭を良く見たら、
イヌタデとゲンノショウコの花が。

母の遺したシュウメイギク(白)も。

話題:小さい秋

彼岸花は終了したけど、
代わりにススキや山の萩などがちらりほらり。
ドングリも転がりだしたようだし、
異常気象(笑)の中でも秋は深まってる模様。

1度に数見つけると運が悪い、って聞いたけど

雑草畑と化した庭を見ながら「草どがぁずせにゃあのう……(デモメンドクサイ)」とか思ってたら、
ふと見た足元に四つ葉のクローバーが。
「おおっ♪」と思って屈み込んだら、その傍らにまた四つ葉がふたつ。
その向こうに四つ葉。更にあっち側にも四つ葉がみっつ……。
足元の株が四つ葉だらけだった(笑)。←店で売ってる園芸品種のアレでは無く、普通に野良のクローバーです。

たちまち葉っぱの綺麗なの8本とクローバーの花5本ばー採って、たまたま洗って取っておいたリポDの空き瓶に活けて洗面台に飾ってみた。

話題:どうでもいい話

あの辺り、昔やたら四つ葉の発生率高い野良クローバーの株が有ったんだけど、
もしかしてコイツは(随分前に父に駆除されてしまった)アイツの末裔なのかな……。

苦い……?

先日、カーラジオ聞いてたら、
つくし食べるって話題で司会者が「つくしってちょっと苦いんだよね?」と言っていた。


ふきのとう(の花芽)とお間違いでは?




え〜っと、……普通、つくし食べる前には
はかまとアタマのトコは取るモンなんだけど、
もしかして司会者さん、そのまま料理しちゃったんじゃあ……?
(つくしのアタマ……胞子出すトコ……は、食べるとちょっと苦いらしい。←死んだ祖母は、昔そがにぃ言うとりんさった。)

よっしゃあああ!

2〜3年くらい前の5月(故まめちの狂犬病予防接種の日だった)に種採り蒔きした
シロバナタンポポが、この3月に咲きました。

話題:花

種からだと育たないってより、
芽が出る&咲くまでに、
やたら時間がかかるだけと判明(笑)。


種の鮮度が関係するかも知れないから、
ヒトに贈るなら根っ子かな……?←この株、去年根っ子折ってる件。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年09月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30