【熊野・遙か巡礼記G】12日〜那智の滝編



そしてついに辿り着きました!
眼前に那智の滝!!!!



那智の滝を遙かで知ってから数年。
そもそも熊野を知ったのも遙かでした。
足を滑らせて将臣君が助けてくれた那智の滝。
そんな場所に将臣君の誕生日当日に来られてよかったです。


夜には敦盛さんとも来るよ!
そして紅の月を直前に観ていったせいで、懐中時計も持っていきました。
紅の月ではここで懐中時計をもらいますね。ああ将望…!


今回、雨が長いこと降らず、現地の人が言うには滝の水量が少なかったそうですが、普段滝を見る機会のない私は大きな滝(しかも息も絶え絶えに歩き切った先にある)は涼しくて神聖なものに思えました〜!

近くによったり、延命水という水を汲む事ができます。


で、ここで写真を撮りまくる私達。
この時点である事を悟っていました。


それはバスの時間。
実は那智まで戻って新宮駅に行き、バスに乗らないとその日の宿がある温泉地に辿り着けない事態だったんです。

東京と違うわけですし、バスが一日数本しかない。
最終を逃したら行く術がない状態に。
事前に作っていった旅のしおりにも『絶対!!!このバスは!!乗り逃すな!!!』と赤い太字で書いてありました。


しかし熊野古道の道をナメてたせいで思った以上に時間がかかってしまい、さらに那智大社と滝で写真撮りまくって完全にバス間に合わなくなってしまったんです。

まあとりあえず、荷物を取りにコインロッカーを入れた那智までUターン。
観光案内所できいたり、宿に連絡を入れたところ、やはり残された手はタクシーしかないとの事。


出費が痛いのはもちろんの事、乗用車に乗り慣れていない私は車に乗ると最近酔いやすくなってしまい、さらに一時間半くらい乗らなきゃいけないとのこと!


あ〜昨日と同じホテル浦島に泊まっておけば、電車で帰れたし、今日の花火も見られたのにな〜
唯一八葉全員揃う、ひとときの那智勝浦の花火(;_;)(;_;)
もっとスケジュール詰めておけば…!


と思いつつ、仕方がないのでタクシーへ。
これから本宮大社近くの湯の峰温泉に向かいます。
(距離考えるとまじで望美達は那智からあんなに軽々と本宮いけないよ!)

しかし今思えばタクシーも次のお宿も正解でした!
まずタクシーの運転手さんがものすごくいい人だった。
事情を説明して大変だねって長距離走って下さって、しかも軽快に通り過ぎる町の説明してくれて。
あまり話しかけられるの好きではない私でも、へぇ〜って楽しく聞けました。
途中でトイレや酔いの心配までしてくれて。
最後にはメーターを途中で止めて頂いたりしました。
この運転手さんだったからこそ、長旅もあっという間に感じられました。
本当にいい人にあたってよかった…!
感謝してもしきれません〜。


ちなみにこの時、車窓に和歌山に来て初めてコンビニをみました(笑)

あと、途中から熊野川沿いに走ったんですがびっくりする程エメラルドブルー!
えっこんな熊野川ってきれいな色なの!?っていう。
新宮で見た時とは違う、山沿いに流れる熊野川の景色はゲームにも似た感じですし、まさに風光明媚という景色でした。
熊野川見てて飽きなかった〜!


おかげで酔う事もなく湯の峰温泉到着。
ここは日本最古の温泉といわれる場所で(有馬とか道後とか諸説ありますが)本宮参拝の人の湯垢離の地でもあります。


本当に辿り着くまではホテル浦島への未練たらたらだったんですが、来てみたらすごくいいところでした!
そもそも雑誌に載ってたいいお宿。
小さな山間のひっそりとある温泉地の小さな宿なのですが、ものっっっすごい接客が素敵でした。
しかも仲居さんがめちゃくちゃ優しいお姉さんだった。


辿り着いた時にすでに汗だくのぼろぼろ状態だったんですが夕食の時間ギリギリに着いてしまったので部屋付きのシャワーだけ浴びてご飯。


地元の野菜や肉、魚をふんだんに使ったご飯。
泊まった宿で最もご飯が美味しくて、ぱくぱく食べられました〜!


そして温泉(*´∀`*)
ここも源泉掛け流し。
勝浦のしょっぱく、硫黄くさいお湯より、龍神温泉のつるっとした感じに近かったかな。(そもそも龍神温泉に近いし)

蒸し風呂があったから試しに扉を開けてみたらこもりすぎててこれは死ぬ!(入り口から息ができなかった)と思ってやめました(笑)


広くきれいな部屋で外からは静かな虫の音しかしなくて、のんびりと夜を過ごしたのでした。


【ついに本宮大社編に続く→】

【熊野・遙か巡礼記F】12日〜古道編



滝が遠くに見えてきたところに小さな食堂があったのでそこで昼食。

食べ逃した和歌山ラーメンを発見したので注文してみました。



…あ、あれ?
美味しい、けど、なんだかとてつもなく味がうすい気が…?
小さな食堂だから水でうすめてんのかな?(←失礼)


と、思って店を出た後、同じものを食べた姉に聞いてみたんですが、どうやら普通にしっかりしょっぱく味がついてたらしく、私がものすごく脱水症状に陥ってたこと判明(笑)(笑)
だってほんとに味しなかった……
古道歩きながら、水と飴は舐めたんですけどね。
本当に夏の熊野古道は体力不足野郎にはキツかったです(;∀;)


そして那智大社〜!!!

ここもまんまで感動です。
弁慶さんが薬草摘みに行ったり、あっつんと那智の滝に行く約束したり。


あと那智大社にも重盛お手植えの木とか、清盛の話が残ってたり、ほんとに熊野と平家は繋がり深かったんだなと思いました。

楠木?の胎内めぐりをしたりして、次目指すは那智の滝!


三山の中では那智大社が一番賑わっていた気がします。
もちろん信仰の場所で人の賑わいなんか関係ないんですが、那智大社は観光の要なのか、観光バスいっぱいでお土産とかも多様だった気がします。

みんなバスで来たのか…いいな…笑

那智大社のならびにある青岸渡寺もお参り。
アブが大量発生してて中辺路歩いてる最中も追い払ってたんですが、ここでついに刺されたり。

滝は見えてはいるんですが、こちらも意外と那智大社から遠い!
遠くの上方に見えてるのに一度下らなくちゃいけないという(^o^;)


そしていよいよ那智の滝へ!



【那智の滝編へ続く→】

【熊野・遙か巡礼記E】12日〜那智編



はい、またまた熊野旅行記!



勝浦から那智へ移動です。
この日も日差しがキツくてめちゃくちゃ暑かった。
古道を目指す前に駅からすぐの補陀洛山寺へ。
ヒノエ君の「補陀洛浄土に送ってやるぜ〜」のあれですね。
普通のお寺なんだけど、維盛の供養塔があるときき、どうしても行きたくて。


本堂でお参りしてたら何故か「ご朱印やりますよ」とお寺の方に話しかけられる私。
ご朱印帳を出していたわけでもないのに何故だ…と思いつつ、やってもらったんですが、まさかわざわざご朱印をしにきたテレビで勝手に作られたイメージの「ご朱印がーる☆」みたいに思われたのか!?そんなのはいやだ!と思いつつ、
「あの…平維盛の供養塔はどちらでしょうか?」
と聞いたら、ああ!なるほど!みたいな反応されました。
たぶんご朱印がーるから平家好き位にはなったはず…←
丁寧に説明して頂きました。

でも場所聞いておいて正解でした!!
お寺の裏手にいくつかの供養塔があるんですが、特に説明があるわけではないので聞かないとどれか維盛かわからなかったと思います。
場所は一番上の一番左が維盛だそうで。

ちなみに遙かでは惟盛ですがここでは史実上の維盛明記にしています。



それから熊野古道〜那智大社方面のバスまで時間があったので、那智の海に出てみることに。
駅からすぐの浜だったんですがあそこはなんていう海だったんだろう…笑

天気がすごくよかったので青い海!
人もいて賑わってました〜。
でも関東近辺でみるようないも洗い状態ではなく、ほどよく賑わってて素敵な海水浴場でした。
とにかく海が透明!
和歌山ってこんな海きれいなのね……



砂浜でジャリジャリになりながらなんとか砂をはらってバスで古道の入り口の大門坂へ。

大門坂に入ると、大門茶屋さんという平安衣裳を着付けてくれるお店があるんですがくそ暑いのに姉がやりたがっていざ!やってきました!
暑いけど、うまく簡易的に着せてもらうのと、笠が思った以上に日避けになったので意外と大丈夫でした。

コースはお店の周りで写真が撮れるかんたんコースと、着て道を歩けるコース。
今なら着て滝まで行くコースじゃなくて!ほんっっっとによかったと!!!


着物は悩みつつ赤色に。
ちょっとヒノエ君が助けにきてくれるさらわれた時の衣裳っぽい?笑


あのヒノ望スチルで望美ちゃんが肩あたりに着けていたリボンのようなものは、邪気払いの襷だったんですね〜。

道行く外人さんに写真を撮られたり、暑くないの?と他の観光客の方に声を掛けていただいたり。


で、写真を撮ったら着替えて古道へ!
便宜上、熊野古道と呼んでいますが実際熊野古道は三山に通じる五つの道の総称なので、大門坂から那智大社や那智の滝をめざす道は中辺路といいます。

いや〜神倉神社以上にやばい道はもうないと思っていましたが。

中辺路もすごかった!
石段がひたすら続きます。


緑の林に石段と夏の暑さ。
これは景時さんも音を上げちゃうよ!


途中の杖置場に自由に使っていい杖があったので使ってみたんですけど、石段の隙間に引っ掛けて使って、楽になったような気がします!

はぁはぁゼィゼイしながらやっと!
果てのないかと思われた道に終わりが!


と思ったら、
まだ途中の駐車場でした〜(泣)



さすがにちょっと黒飴ソフトでひと休憩。

身体中の水分抜け切っててよくわかんないけどめちゃくちゃ美味しく感じました(笑)

そこから道を行くと、どうやら激しい林道は終わったようで。
遠くに滝がみえました(´∀`)
あああ将臣ィイイ


【那智大社、那智の滝編へ→】

横浜お貴族でーと



フォロワーさんと横浜一日巡ってきました♪



ずっと憧れだったニューグランドホテルのアフタヌーンティー!
初めてニューグランドの中入った〜
やっぱりクラシックホテルの内装は素敵。トイレまで可愛かったです。
人が少なく、窓際に案内してもらえて!
お茶を注いでもらうたびに「芹沢…」「睦ちゃん…」と呟いてました(笑)
アフターヌーンティーしながらネオロマトーク出来て楽しかった〜
おもわず長居してしまいました。


そこからノープランだったのにとんでもなく贅沢な一日になったのでした。


まず私の希望で月森に会いに港の見える丘公園へ。
ここに来ると安心する。


そして山下公園まで戻ったのですが、ふと目に留まったナイトクルーズの文字。
120分フレンチのコース付き\8000。
なんか神南みたいだね〜いや天音か〜はははって言ってたんですけど、「どうする?乗っちゃう?」「えっいいよ」みたいな事で少しお高めだったんですが軽率に乗船決定。
二人ともものすごく軽率でしたww


で、出航までまだまだ時間があったので時間つぶしにふらふら。
ワールドポーターズで極濃パインの文字をみつけて、極濃榊大地だ!とフルーツジュースを飲んでひと休憩。
(私は黄色ということでレモンジュースを飲んで水嶋悠人感!)


その後、またまた軽率にコスモクロックへ!
過去一度のったのはリア友とだったし、日記メンバーとは残念ながら休止だったしで、念願のネオロマンサーとの観覧車(*´∀`*)!
そしてどこからともなく流れだすコズミックラッキーデー(笑)
タラッタラ♪とコズミックラッキーデーを熱唱しだすネオロマンサー二人。
観覧車の中でコズミックラッキーデーが歌えて本当に楽しかったです。


で、プリクラを撮ったりしたらちょうどいい時間。
山下公園へ。
途中こうもりやカモメがいたりして、榊大地とヒノエ好きな友達が反応してて楽しかったw


山下公園〜!
私たちが乗ったのはマリンルージュという船!
横でマリンシャトルという船もあったんですが、パーティーピーポー達がワイワイ貸切でこわかった…笑
打って変わってマリンルージュは入った時から品の良さが漂っててドキドキ。

ロブスター捌いてくれる冥加さん探したり、楽団で来てる月森を探したり。

ちなみに私達はフレンチのコースにしてしまいましたが乗船券だけ買って中でカレーとかの軽食が食べられる方法もあってもっとお安く手軽にナイトクルーズ出来ます。

飲み物を色で選ぶ系ネオロマンサーは月森色でアマルフィを選択。
友達はヒノエ色でベリーニ!
勝手に月日と言ってごめんなさい!


フレンチのコースは美味しかった〜
けど、アフターヌーンティーでお腹いっぱいのまま来たのでわりと無理やり食べました(´∀`;)もったいない!

そして景色もすごくきれい。
やっぱりネオロマンサーなので他のお客さんが綺麗と思う以上に付加価値があってより楽しめました。
こんなに大切に思える景色があってネオロマンサーやっててよかったな〜


あと、笑ったのがカモメが超大量に並走してくるんですよね。
光に集まってくる魚をとりにきてるのか、ずっと大群のカモメ!
ヒノエ〜〜


嬉しかったのがベイブリッジを間近で見た事がなかったので、ベイブリッジの下をくぐれて念願でした。
海岸線を〜なぞってくように〜


そしてやっぱり聖地が近づいてくるだけでテンションあがる!!
なんと終点が!!!


ここ!

\ただいま〜!!!!!!/


ネオロマンサー的にものすごく嬉しい終点でした。
帰ってきた感はんぱない。
また半月後に帰ってくるよ。


昼は神南で、夜は天音な感じのものすごく贅沢な一日を過ごしてしまいました。
一日贅沢しすぎて罰あたる(;∀;`)

ハトキラAメロまんまの世界を体感出来て、真夏の夜の夢をもらったので秋も頑張れそうです。


そんな横浜帰省でした〜!

晩夏な最近




熊野旅行、那智編に行く前に。
ちょっと通常の日記が溜まってきたので通常の話を。
熊野の話を思い出しながら書いてると一気に熊野の気持ちに戻れて楽しいんですけどね。



★最近のこと〜。


・ハリセンボンさんのトークライブに行ってきました!
「のます」という隔月位でやっているトークライブなんですが私が行くのは三年ぶり二回目。
昔ブログにも書きましたが、小さな地下のライブハウスで座って食べたりゆるゆるっと面白い事を聞くライブで、前行った時、おもしろかったのと雰囲気が好きだったのでまた行きたいなぁと。
で、今、ラジオ形式でトークするよしもとのテレビ番組があるんですが、それのハリセンボン回を見てたら(ちなみにユニゾン鈴坦日とかぶってから同時に聞いてる)、のますの情報を話してて、そういえばまた行きたいから行ってみよう!と思い立ったわけで。

今回は壁際(よっかかれる)&前に机ある席をキープできた!
安心して飲み食いして聞いてました(*´∀`*)

そして相変わらずトークが面白い。
ゲラゲラ笑うお腹抱える感じじゃなく、下品な笑いもないし、ほんとにゆるゆる聞けて楽しかったです。
24時間テレビの前日だったのでそのネタもあったり。
客層もわりとサラリーマンの方や、年齢層高い方が多くまったり聞けました。
また思い立ったら聞きに行きたいな!




・カイポクレースの虚無
……皆さんはどういう時に虚無を抱えるでしょうか?
悲しいとき?
つらいとき?
もちろんそれもあるんですが、私はずっと目標にしてたものや乗り越えられなかった壁を乗り越えちゃった時、急激にむなしくなります。
で、大神ってゲームがありましてね(唐突)
約10年位前に買ってめちゃくちゃハマってすでに全クリしてるゲームなんですが、実はどうしても手に入れられないアイテムがあって。
ストーリーに関係なく、ゲームをとおしてマップに散らばったはぐれ玉というアイテムを100個集めると二周目からは無敵の武器が最初から装備できる…といったものがあるんですが、そのはぐれ玉の1つだけが昔やった時にどうしても手に入れられなくて。
攻略見てもお手上げ。何故なら攻略見てもなんとかなる代物じゃないから。
それは登場人物の1人と走りのレースをして勝つ…といったものなんですがどうしても勝てない。ぶっちゃけゲームのラスボスより強い。プレイヤーの憎しみを一手に背負っているキャラ、その名もカイポク。そして勝てないまま月日は過ぎまして。
今年に入って姉がいきなりPS3を買って、ついでにPS3版の大神を買ったんですね。
で、まあ昔と違って今はそんなに時間がないからたまに触る程度だったんです。
その時にまたレースに挑戦したりして、やっぱり勝てないなぁなんてやってみたりして。
そしたら……


前ふりが長い???
まあつまり結論から言うと、そのレースに勝っちゃったんですよ。
詳細に言うとまず姉がやって勝ってしまい二人とも「え!!??」と困惑。
そのすぐあとに私もやったら私も勝利。
あんなに昔何度も何度もやって勝てなかった敵に、急に勝ってしまって二人とも放心状態。
そして急激なむなしさ……
ほんとに今でもビックリです。
っていうよくわからない話。



・学校前の沖縄料理屋でしろくまを食べた!
かき氷だいすきなんですが学校前の沖縄料理屋さんがしろくまを売っている事に気付いたのは三年前。
誰か友達誘ってたべよ〜
と思ってるうちに夏は過ぎ、夏が過ぎるともう売ってなくて。
翌年はちょうど友達と仲悪くなって夏にもうだれかとごはんなんて…って状態で、だからこそ逆に1人で食べるのが癪で。
普段1人でごはんとか余裕だけどたぶん意地になってたんですね。で、またその夏は機を逃し…
今年その話をしたら面白がって一緒に食べるよ!と言ってくれた同期とついに食べることに!
で、ついにしろくま〜(´∀`)
でも東京極寒の日で、もう秋なんだな…とさみしくシャリシャリしてきました(笑)
でも練乳も白玉も美味しかったです!

ただ私が最低最悪な遅刻&スケジュール管理のわるさを露呈し、短時間しか滞在出来ずに多大な迷惑をかけたので仕切りなおしたい。しろくま終わっちゃうけど〜〜



・月森コースターゲット


ついに、ついに、ついに月森きしました!!
しかも自引き!
嬉しすぎて応援してくれた友人達にメールするっていう。
なにげなく引いた時に出てくれて本当に嬉しかった!というかコースターひとつでこんな幸せになれるのやばいな、と思う。
長い…長い道のりだった!
だって夏制服立ち絵って主に100コルでしか見られなくてガラケーだと小さくしか見られなかったので手元に置いておきたかった。。本当にみんなの応援のおかげだと思っています。ありがとう



そして交換とかしたり月森をゲットした結果………
・100コルコースターコンプ!

わ〜
なんでこんなに飲んだんだろう(笑)

答え→月森が出なかったから


ちなみに同時進行で集めてた3とネオアンはあと、冥加さん、ユキ、レインです。
ここまで来たならコンプしたい!
でもメンバー的に交換みつからない!
という状況。
そろそろ普通に遙かとか下天とかひきたいなぁ…
でももうすぐカラ鉄の夏も終わりですね。
諦めるためには冥加さんが欲しい



・キャラソンリクエスト発表
びっくりした。
中間発表の方がまだわかる〜!って感じなのでびっくりしました。
3曲嬉しいけどあまりにも3すぎるし、3なら実は一番あっつんが聞きたかったのでどこにもそれが言えない状況(笑)
朝露も好きだけど…!

私は結局、
初嵐、オオカミ、氷原、草原、半夏生、枷鎖、そしてお前に、狩人、流星、孤影、天泣、日蝕…と各2曲ずつ投票したんですが。


ぶっちゃけね、熊野行ったらあまりにもどこまでも青く続く海原すぎて、移動中ひたすら狩人聞いて、帰ってからも狩人歌いまくって、その結果、熊野フィーバーで狩人と枷鎖投票したんで、狩人まさかすぎてめちゃくちゃ嬉しい!んですが!!!
どうしても喜びが隠せないんですが!!!
でもそしてお前に聞きたかったなぁ〜〜


絶対そしてお前にか天秤だと思ったからびっくり。
私の他に熊野フィーバー起こった人がいるんでしょうか…(笑)

まあ固定曲が決まっただけで人気上位のは歌いそうだな〜という希望的観測。
でも和彦さん全部景時はなにがあった(笑)
和彦さんは1234全部いい曲だから選べないし。

私結局一票ずつしか入れてないけど一人何票も同じ曲に入れていいのかとか今回投票規定がよくわからなかったもんね。

でも確かになんでこんな3ばっかとはなる!けど!私も記念イベントなら風早とかイサト聞きたかった!けど!気持ちはわかるけど私の前で3叩きはやめてくれ〜



そんな最近でした。
慟哭撮り直しだし、ロデオベストアルバムが楽しみで楽しみでしょうがないよ!
<<prev next>>
カレンダー
<< 2015年08月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ