7/2 GRANRODEO LIVETOUR2017 Pierrot Dancin'仙台PIT


覚えていたいと思ったのでロデオ仙台の覚え書き。
記憶あいまい&レポじゃなく感想だと思ってください。なのでライヴだけでなく私の仙台道中旅の話も有り。

いつもブログ読んでくれる方々には例のごとく、ですが長文。

楽しいレポ感想ではないので注意。



7/2!

東京は曇りで朝家出た時はそこまで暑くなく過ごしやすい天気。
悩んだけどロデオリュックでしゅっぱつー!
OUTDOORコラボリュックはマジで私のリュック観を変えた(それまでリュック使ってなかった)し、いっぱい入るから遠征にはもってこいだわー。

新幹線でいざ仙台へ!
しかし当日チケット買えばいいやーとか思ってたら立席もあって泣く泣くグリーン車にのりました…(白目)
親が起きてきちゃって家を出るのが大幅に遅れたんで焦ってたのです。
グリーン車とか初…?いや人生でもそんなに乗ってない…やってしまった\(^O^)/
しかし快適だった…グリーン車も満席だったのですが、横のおじさんには申し訳なかったです。悠々自適なグリーン車の一人席のつもりが横に乗ってきて。
お隣もいるので、静かに本を読んでたらあっという間に仙台到着!

仙台はロデオのトラキャンツアーで行った以来の一年ぶり!(三年連続?ロデオで仙台遠征)
到着したらさくやが出迎えてくれました(*´∀`*)
今回ロデオのツアー全部で三回行く予定ですが、その中で唯一連番がいる!(最近家の事実等で急遽行けなくなる事もあるので他全部単番でとってる)

仙台にはロデオという目的もあるけどさくやに会えるのも私の目的の一つ!
いつもはさくやがこっちに遠征してるけど、私が東北遠征してそこで会えるのも嬉しいんだよね。

で、合流してすぐにアイライナーを買いにコンビニへ(笑)

行きの電車で窓に映る自分の顔見て、なんかいつもと違うな〜と思ってたらアイライナーを引き忘れてて!笑
ライブだし化粧なんかどうでもいいかとも思ったんですが他の部分はしっかりメイクしてるのに目だけしてないとなんか違和感あったから買う事にしたのです。

その後、さくやに代行してもらったライブTに着替えて時間までちょっとだけ駅前のべローチェでお茶して。
Tシャツの代行だけ頼んでたんだけど、まさかの会場限定ストレッチリボンを買っておいてくれて…!
ツイッターでちょうど仙台のカラー今までので一番かわいい!って思ってたのでとても嬉しい。ありがとう…!


途中すれ違った地元の人が「最近ストリート系ファッションする人多いよね〜」って話してたけど、ごめん…この電車にいるそういう服装の子は全員RGRBや……笑

そして一年ぶりのPITへ。
6月のDivercityで全く物販を買えなかったので空いてるPITでさくっと帽子購入。
あとガチャを一個やったらコインケースでした。
コインケースいらん!笑
G5トートに参加ライヴのバッジを一つずつ付けてるのでバッジがいいよう!


とか思いつつ、番号が早かったのでサクサクコインロッカー入れて待機列へ。
待機列行ったらほんとにすぐ呼ばれたかんじ。仙台はわりといつもいい番号だな。
おかげで一番前のバー前をゲットできました。
そこでさくやとアイマスの話したりしながらのんびり開演待ち。

前日ツイッターできーやんちょっと声調子わるそうだった…という呟きを見て、大丈夫かな?とぼんやり思ってた。
でもツイッターの様子だとそこまで深刻そうじゃなかったし、ちょっと心配する程度で今日は今日出すきーやんの全力に、こっちも全力で返したい。なんてこの時は思ってた。


もうすぐ開演する時、ピエダンのツアーは紗幕が張ってあってそこにツアーロゴが印刷されててライトが当たってるからDiverの時も思ったけど綺麗だな〜と思って見てた。
正直ピエロモチーフが苦手だからこわいんだけど、ピエダンツアーはまじで照明がいいと思ってたから、そのロゴに代わる代わる色んな色が当たるのが綺麗だった。


そして紗幕がゆっくり開きながらの「おっけっしょうして〜」でピエダン開始。
東京と同じ演出。
でもこの時明らかに様子がおかしくて会場一瞬ざわってなった。気がした。

●Pieerot Dancin'

最初はあ〜確かにいつもより声出てない、というか声かすれてるな位だったんだけど明らかに様子がおかしい。
イントロの所で腕を顔に当てて隠すように何度も咳をして(この咳をする仕草は公演中ずっとだった)何度もドリンクを飲んでた。マイクにしがみついてなんとか立っているようにも見えてさくやと(というか会場全体が)想像してたより、いや、その何倍もきーやん体調悪いのでは?と話した。

ちょっとMCの順番とかわわすれたんだけど、きーやんがいつもならどうもGRANRODEOですー!って言う最初のMCの所でほとんど喋れなくて。
ちょっと間があってからezukaさんがきーやんに何か耳打ちして、ezukaさんが喋りだした。きーやんにはスポットライトが当たってなかった。
仙台ベイベー!の挨拶。

ちょっと見てのとおりな感じで声も楽器だから、ちょっと調子が悪くて、みんな勘弁してね。って話して。
で、まだちょっと話そうかってなって。
「仙台から来た人ー!」とか
「今日初めてイーヅカ見た人ー?」とか聞いてた。

たぶんこの時だと思うんだけど、会場から「もう終わりでいいよー!」「今日やめよー!」「終わりにしよー!」って声が飛びかった。
私ももちろん、立ってるのがやっとのきーやんがこれ以上大声で歌うのが辛かったし見てるのも胸が痛かったから終わりでいいよって思ってた。

そしたらヅカさんがそれを受けてかどうかはわかんないけどちょっと遮るように喋りだして。
「俺さ、エゴサすんじゃん」って。
みんなそれでなになにー?ってちょっとフフッてなって。
「俺がエゴサするのはさ、自分の悪口書かれてないかなーって見るだけじゃなくて、ライヴに来てくれる人が何日も前からバイトや仕事ずらしてくれてたり、色々準備して楽しみにしてくれてるのを見るためなの」

って急に言って。
直接的な言葉ではなかったけど、この時の言葉は「だから終わることは出来ない」って聞こえてすごく涙が出た。
だからか、って。
でもその時も横できーやんはしゃべれず咳したままだったし、私はなんでスタッフさんは椅子持ってこないの、歌わなくていいって思ってた。

でもそれは私がロデオのライヴも仙台ロデオもピエダンツアーも初めてじゃなく、更に最後でもなかったからそう思えたのかもしれない。頑張ってチケット代出していった学生さんもいるだろうし、だから、そういう全てのお客さんのためにまだこの公演は終われないんだって思った。

この時なかなかきーやんが復活出来なくて、何話そうか?もうおしゃべりしよう!歌えなかったらみんな一緒に歌ってねって結構最初のMCで長々おしゃべりして。

きーやんが最後にいけるってちょっとだけ声出したんだけど泣いてて。
この公演の第一声が涙を拭いながら「ちょっと、フォレストガンプの事考えちゃって、トムハンクスがさ」って言ってた(泣笑)

今の若い子フォレストガンプわかんないよ!ていうかいつも泣いちゃうとジブリとか世界名作劇場を出してたのにフォレストガンプかよ!と心の中でちょっと突っ込みつつ精一杯声を出してくれる紀章にありがとう申し訳ないって気持ちでいっぱいになった。

ただこういう時に頑張れー!って声かけられる人の気持ちがわからない。だってどう見ても頑張って自分を奮い立たせて気力でステージ立ってくれてる人によく言えるなぁって。


たぶん最終的にはやっぱりきーやんがやるって言ったんだろうし、そこにパフォーマーとしての意地みたいな決意も感じた。
でもほんとフラフラで、「頑張って注射5、6本打ったけど副作用でふらついちゃって〜」って言ってて。頼むから座ってくれ!って感じでした。


そしてまた曲始まって。

わりとアップテンポなノリのいい曲がおおい今回のアルバム。
だからすごい好きなんだけど、それをこの時ほど恨めしく思った事はないし、東京の時のような激しい曲が続いたらどうしようって思ってた。ツアーのセトリ的にアコステもないし。

それでもきーやんは歌って会場もみんなすごい心配そうにしてたけど、それに応えるようにみんな腕振ってた。
FAT SHAPERは忘れられない。
あれ、観客の手拍子から入るけど、すごく力強く聞こえてみんな全力できーやんの為に手叩いてるように聞こえた。

歌いきるたびにすごい拍手と声援で。
日常ホライズンあたりではもうほとんどかすれて歌っててでもみんなで歌って。
すごい好きな曲だけどもうほんとに終わりにして見ててつらい〜ってずっと思いながら見てしまった。
それほどきーやんを見てると胸が締め付けられる公演は後にも先にもないしもうあって欲しくない。


でもインストとか他のMCでもヅカさんだけじゃなく、瀧田さんやシン君が一生懸命繋げようと笑わせてくれて。
シン君はなぜかバナナを加えながら叩いたり、お客さんで遊んだり(笑)
インストでヅカさんは公演の雰囲気に合わせてかゆったりとしたジャズっぽいリズムだったり、アメイジンググレイスを弾いてくれたり。

きーやんが捌けてる間、本当にみんな頑張ってくれてた。
ヅカさんがかわいー!って言われて、可愛いといえばシン君!みたいなフリがあって。
シン君「昨日牛タンいっぱい食べた!二、三皿位ぺろっと食べちゃう」
可愛い顔して大食い発覚。
シン君「燃費わるくて〜」

e-zuka「そういえば牛タンだけじゃなくて味噌カツも食べたんだけど、名古屋とかより仙台の方がすごく美味しかった!…あ、でも名古屋行ったら名古屋が一番おいしい!って言うと思うw」

なんてMCがあったり。

順番うろ覚えなんだけど(きーやんがまだ話せてたからもっと前の方でかも)MCでイーヅカさんに可愛いー!ってなったりシン君可愛いー!ってなったりしてたらきーやんが泣きながら「お前らほんっとかわいい!」って言い出して。
「RBもほんとかわいいよ!」って可愛い連呼して笑っててそれが妙に嬉しかったなー。


インスト明けにはファイヤーホーンも登場。
そしてバラライ。
私はファイヤーホーンがツアー来てるの知らなくてびっくり。金管がきけるのはとても嬉しい。
きーやんが「今日こんな感じで申し訳ないけど楽しんでいってね」って言ってたのが印象的だった。

バラライの次はまさかのレモン。
3rdアルバムが大好きなので嬉しい!嬉しいんだけど!って感じで。
そういえばさくやと連番すると3rd曲聞ける事が多いかも。
コーレス多い曲だけど、最後の方は客が歌ってきーやんが入れられたらコーレス入れる、って感じだった。

月に抱かれて眠りたいは唯一のゆったりした曲で、みんな静かに聞いてて瀧田さんが今ハスキーな声だからすごい合うよってよくわからないフォローをしてた。

なんかこの辺りになるともう終わってくれって思いながら見てたせいでイントロがかかるたびに心臓が縮まっていた記憶。
ダーリンからのシャニムニ、mscowboyはセトリ変えろおおおおってなった。
でも全力で歌ってくれてたから全力で腕振って跳ねたよ、それがパフォーマンスに対する礼儀だと思ったから。

最後のUNDER THE SKYは本当に忘れがたい。
何度もロデオの曲を聞いているけど、私はこの日のUNDER THE SKYは一生忘れないと思う。
死力を振り絞って、最後はもう崩れ落ちて立てなくなってたんだけど、しゃがみこんで辛そうなままそれでも最後まで歌い切ってくれた谷山紀章の全力のUNDER THE SKY。

実は私ゆったりした曲がそんなに好きではなくアルバムに入ってるこういうバラードもあまり耳に残らないんですが、歌詞も相まって本当にすごかった。この空の下〜の所は綺麗に伸びた歌声で。
よく歌い切ってくれた。



そして、アンコール前にみんな捌けた時、本当に見てて辛かったから(もちろん曲はいいし歌もしっかり歌ってくれてて、辛かったというのはもう受け手の感情ゆえなんだけど)これで終わりだなと思ったんだよね。
そしたらいつものようにライトが点滅し始めてグラン、ロデオコールが始まって。
私の周りの人は結構泣いてる人の方が多いからアンコール言ってる人は少なかったけど、私も生まれて初めてロデオのアンコールしなかった。
いつも何があってもそこでだけは大声出そうって決めてたから。
ただこの日だけは呆然としてた。

でも結構ついったーできーやん体調わるかったのにアンコールあったの?みたいな批判があったけど、私はあの時アンコールした人が悪だとは全く思えない。
だってみんな、きーやんにもう一度出てきて歌ってほしいからコールしてたんじゃなくて、なんていうか歌ってくれてありがとう、と伝えたくて声張り上げてるように感じられたから。

言葉にするのは難しいし、あの場にいなかった人にあの時のアンコールの正当性を説明するのは難しいんだけど本当にアンコールで声を上げてた人達もみんなきーやんのパフォーマンスに敬意を払ってたように感じた。


ていうかそもそも本当に曲数削りながらの続行やアンコールライトの点滅に対して公式に異義を唱えたい。なんで続行したんや…それが本人の意志だとしても。


しかもアンコールPFLとかー!もうー!セトリこのやろー!PFLもほぼ客みんなで合唱してた。
どの曲もきーやんが声につまるとみんなが代わりに声を張り上げてた。

最後、きーやん出てきた時、涙のせいか薬のせいか目が真っ赤でそれを隠すように目深にタオルをまいていて。

「頑張ろうと思ったんだけど、やっぱりどうしてもどうにも出来ない事があって。もう本当今日来てくれた人には申し訳なくて。こらえてつかぁーさい。もしかしたらさしばらく声だめになるかもしれない。今度のCDも発延になるかも。本当にごめん」

って謝ってて。ここまで歌い切ってくれた事への感謝しかなくて謝ってるきーやんが辛かった。
この日の無理が一生に影響しちゃうかもしれないのに。

でも本当に周りがサポートして、最後みんながタオルとか投げてる時にシン君が前の方にバナナ上げてて笑ったw
盛り上げようとしててくれて、イーヅカさんも空回りしてるように感じるほどいっぱい喋ってくれた。

イーヅカさん、また絶対仙台帰ってくるよ!って言って仙台民じゃないけど私もまた絶対行く。

最後、ファイヤーホーンや瀧田さん側だったんだけどみんな笑顔で手を振ってくれて。
そして二時間ちょっとですごく長く感じたこの日のピエダンが終了した。
終わっても泣いてる子多くてさくやと言葉がないね…って。


私は最初の飯塚さんのエゴサの話がなかったら運営に抗議してしまう程納得が出来なかったかもしれない。
正直に言ってしまえば出てきた瞬間一刻も早く終わってほしかった。ほんとに。泣きながら歌われると本当につらかった。
私いつもロデオは俯瞰して全員見るんだけどきーやんから一秒も目を離せない公演だった。。
ほんとさ、プロとして最高のパフォーマンスをって気持ち、とファンとして体調第一にしてほしい、の折り合いはどこなんだろう。
ドクターストップはなかったの?
もちろん間にお金が発生してるんだから、プロの全力を受け止めたいってファンもいるのかもしれない。
でもそんなノーブレスオブリージュも声帯がダメになったら意味がなくなっちゃうじゃん。
お願いだから養生してほしい。
だってツアーもまだいっぱい大阪名古屋追加東京があって、めざましアニサマあって学院祭とか声優のレギュラーもあってG12も全部直近に控えてる。
ここ数年らんてぃすまじでおかしいと思うんだけど、最近はそんな忙しさも楽しんでみせてる気もしたから嬉しかったんだけど、今回はあんな姿で歌ってるきーやんが本当にすごくて辛かった。

痛風の時はさ、痛みやうまくいかない感じがどちらかといえばイライラな方向にいってるように見えたけど今回は本当に弱ってて。
あの状態でゴーサインは本人が悔しくても出しちゃダメだと思ったよ。きーやんの声が好きでさ、まだ聞き続けたいから。
立ってくれてありがとう歌ってくれてありがとう。
ロデオもサポメンも楽しませてくれてありがとう。
見てて正直本当につらい公演だったんだけど、曲は最高だしいつもどおり楽しかったし、参加できてよかったです。本当に。


私がだいぶショックを受けたから重く受けとめちゃって、この感想読んだ人も重苦しく受けとめちゃうかもだけど、どうかそれら全てを杞憂でしたーって今日の大阪で払拭してほしい。

どう見ても公演後は悪化しただろうしあのまま入院してもおかしくない感じだったのに何事もない感じのろ組公式に、ほんと不信感しかないけどじゃあ何事もなかったんですよーって感じにしてほしい。
いまだに公式からも本人からも言及ないのが心配すぎてもやもやが溜まった結果、こうして仙台二日目の感想を書く事にしたんですが。

……ほんとに延期も中止もないのかよ〜〜〜



うろ覚え&ショックが大きくて感情的な読みにくい感想ですみません。

ただ、ほんとに「ちょっと」調子が悪いレベルではなかった事を伝えたかった。。
読みにくかったり思い出した事あれば追記するかも。

笑わせてくれるトークもあったんだよ。(今思い出した)
イーヅカさんが「イーヅカあるあるの歌〜」みたいな事を言って(おそらく芸人のRGのネタ)、話の流れでイーヅカあるあるがいっぱい出てみんな笑ってたんだけど〜!(記憶消失)





で、まあいったん置いといて私の仙台こぼれ話。

会場出たらもうグッズ買う予定なかったのに今日のお礼を少しでも伝えたくてバスタオル購入(配色が好みだった)
あと、ガチャガチャ二個買ったら缶バッジ(無事ゲット)と、リスバン!
リスバンが欲しかった方の黒ピンクのやつでマジでめっちゃ嬉しかった。これからのロデオに付けていきたいな。


で仙台駅に戻って打ち上げ牛タン♪
以前もロデオ帰りに言った撰 利休で!
牛タン美味しかった〜気付かないうちにめちゃくちゃお腹減ってたのかも。
あと、ブラッシュありがとうの意味を込めてレモン酒(*´`*)
撰 利休さんは本当に美味しいからさくやに紹介してもらえてよかった!
二人でお刺身も食べたよ!あ〜お刺身も美味しかった〜東京じゃ食べられない味をこの日はしみじみと堪能。


最後はお土産とだいすきずんだシェイクを買ってまた新幹線で東京へとかえってゆきました。
さくやは一緒してくれて最後まで見送ってくれて本当にありがとう(´∀`)
道案内からお土産選びまで本当にお世話になりっぱなしでした!
また絶対ロデオで行くぞ!仙台!もちろん観光でも!

ずんだシェイクの後ひく甘さが嬉し悲しい帰り道でした。



あーほんとこのまま今日の大阪では心配かけてごめん!もう平気だよ!って笑顔でいてほしい!
もしくは中止か延期!(大阪参加を楽しみにしてたフォロワーさんもいっぱい見てきたからこんな事言うのも私の身勝手な感情だけど)

徒然



ご無沙汰しています!


かなり間が空いてしまいました〜。
いや、本っっ当にブログはやめたくない!笑

ブログ変えたい一番の理由が写真をいっぱいアップしたかったから、だった私。

実はLivedoorとか別のブログに引っ越そうと準備していたんです。
が、生来の機械音痴。加えてガラケー使い。
全然慣れず事ができず…なかなかブログが更新出来ずにいました(T_T)

他にも

書く暇がない。
ガラケーでしか長文打てない、
そのガラケーの充電が持たない(今まで移動中とかに書いてたんで)、
しかもガラケーは2020年までは使いたい(オリンピックという記念年&人生変わった2010年から十年&使い続けて十年)

……等々、私のなぞの執着によって更新出来ずにいました。

いや、ブログはいいぞ。
振り返ればいつでもその時の気持ちや感動を思い出せるし。
そう考えると本当に大好きだった大学生活を文字に出来たの私の数少ない幸運だと思う。


ただ我が家にお犬様がきたこの一年をブログに書けなかったのは不運だ。。
去年の10月あたりから更新出来ず、書きたかった幸せなイベントいっぱいあったな。ブログに残せなくても忘れずにいたい〜〜。


で、
なぜ写真載せたい〜新しいサーバーに慣れるまでブログ更新できない〜とか言ってた私が急に更新したかというと。


やっぱブログという媒体でしか書けないものがあるよね〜と。
今メインで見てるツイッターという媒体が適していない時もある。



ていうか、つまり先日のロデオ仙台の日記を書きたくて。
すごく色々ぐるぐるしちゃって。あの時の気持ちを書いて整理したいなあ、と。
大阪(中止か延期かを切に願っていたんですが…)始まる前に書きたかったんですが日付変わってもう今日。
まったく様子は伝わってこないままピエダンの日になってしまいました。

とりあえず相変わらず不眠なので、大阪公演前に仙台の感想書けたらいいなー…ガラケーもってくれ〜


なので後で更新します。
レポじゃなくてあくまで感想を。



で、ロデオはちょっとおいといて。
私はというと、最近四足のわらじ(ネオロマンサー、ロデオガール、王国民、プロデューサー)を履いてるせいで…て、いうか!

生粋のネオロマンサーが三足のわらじを履いてると言った方が正しいんですが、それのおかげで毎週末各方面レポ漁ったりテンションをどこに持っていけばいいかわからなくて楽しいです(笑)

今週は至誠館op2届いて姉とまた長嶺ユキについての激論をかわし、めちゃくちゃ至誠館づいてて、更にゆかりんのラジオ復活!更に週末は初デレライ現地!ときて脳内大混乱です。
でもずっと谷山さんの心配をしていた一週間でした。

どこに!気持ちを!持ってけばいい!?
とりあえず日曜はデレに全力。


今日は火積君誕生日に全力なりながらピエダン感想を待つ感じで行こう。
時事ネタ的にはてらしーしゅがご結婚おめでとうございます。
私たち世代の青春が二人の代表作にはつまってるな〜昔から好きだった二人の朗報はすごく嬉しいね!!




これからもこんな感じでまたブログ書きたいな。
そして然るべきタイミングでサーバーお引っ越ししたい!
<<prev next>>
カレンダー
<< 2017年07月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ