神様の世界について

ポップンのキャラクターであるMZDはポップン界の神だよ。永遠の少年だよ。…という公式の設定です。

ここからは妄想です。ああそうさ、私は妄想の中で生きている!

公式の「永遠の少年」。あと、影の担当曲「neu」の「全部無くなれ!」的な歌詞。それに、DJの姿で描かれるMZDの外見。

私は、MZDが今生きているポップンミュージックという世界は、MZDが作り上げた天国なんじゃないかと思います。作り上げたというより、思い描いていた。世界がこうあればいいのに、とMZDが願っていた理想郷。

以下はMZDについて考えている私の妄想です。



MZDが神様になる前の話です。MZDは人間の世界に人間として生まれました。でも、とても幸せとは言えないような人生でした。冷たい石畳を歩く足は裸足でした。そんなMZDでも愛せるものがありました。音楽です。音楽だけは、MZDの心を優しく包み、時には弾むような楽しさを与えてくれました。でも力の無い子どもだったMZDは、日に日に弱っていきます。だんだんとMZDは歩けなくなり、立てなくなり、座れなくなり、とうとううずくまりました。もう視界は真っ暗でした。MZDは思いました。この先は何もないのかもしれない、でも自分がずっと思い描いていた音楽の世界。何も無いのなら、自分の手で音楽の世界を創ってしまいたい。そこは幸せに包まれていて…音楽があるんだ。そこで冷たい少年の体からは命が失われました。


私は、MZDはポップンミュージックを作り上げた神様なんだと思います。大好きなキャラクターです^ω^
上の妄想は「石畳」とか言ってて中世っぽくしてみたけど、DJなんだし、現代っ子にするべきだよね。家族関係のこじれ+学校の何か、かな。

添付画像は、「永遠の少年」に憧れているMZDって、実は永遠の少年ではないのでは?「永遠の少年の皮を被った何か」なのでは?という妄想です。

MZDについてもっとよく妄想したいです。

間寛平さんすごい…

今生放送見てるけど、これは感動するわ。

すごい…
すごいね…

半年ぶりのアニメイト

半年ぶりくらいかも!久しぶりに電車に乗る機会があったのでついでにアニメイトに寄ってきましたー(≧∇≦)

ずっと古本屋で探していた「志水ゆき全集」の残りの5巻、6巻。
「ブクオフじゃ無いのかな…」って諦めたのは、結構前のことでした。あっ、そう言えば前買ったあと感想言ってなかったけど、すっごく完成度の高いBLでした!この全集は萌えます!しかし、志水ゆきデビュー15周年企画?の全集なので、全集1巻はとっても古い絵です。でも良い作品は全集にだってなっちゃうんだぜ!って事で、とっても良い作品でした。続きが気になってたんだけど、古本屋にも本屋にも置いてなくて…今日メイトのBLコーナーに見つけた時は飛びついちゃいました。
うーん、通販を覚えるべきだよなぁ…(^ω^;)

というか「志水ゆき全集」を集めようとしたきっかけがこの5巻の表紙の着物男子が素敵だったからなんだ。買うきっかけだった巻をやっと手に入れることが出来て感無量であります!


あと買ったのは「sweet pool」です。PCゲームの「咎狗の血」をプレイしたあと、「他にイイBLゲームないかなー」と探した時にこのゲームを見つけました。咎狗と同じメーカーのニトロプラスキラルで、PVを見たところ、とっても暗いような…重いような…ストーリー…みたい…。ずーん。

でもPCゲームは高いので(中古を見つけられなかった)買わなかったのでした。

でも内容はとても気になる…。よって「小説か漫画が出たら絶対買う!」って決めてたんだ。
前の記事へ 次の記事へ
プロフィール
七原さんのプロフィール
性 別 女性
カレンダー
<< 2011年01月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ