話題:地味にショックだった出来事

なかなかストッパーの掛からないドアにイライラしながらも気持ちを押さえながら、
そっと、
しっかりと、
優しく…、
ストッパーを掛けた(つもり)だったの。

そう…… ( つ も り )だったんだよね、所詮…。

私はストッパーが掛かったと思って安心して10秒程度作業をして、くるりと振り向いたら、

ストッパーを掛けたはずのドアがゆっくりふんわりと閉まる瞬間を見てしまったんだ。

別に、また開ければいいんだよね。むしろストッパーを掛けておく必要もない。また開けるという一手間を省略できるだけの話ですよ。

でもその時の私はぶちギレまっくす。
瞬間沸騰湯沸し器と化した。

「この糞ったれがぁ!ボケナスゥ、開いとけやぁ!!」

とか言ったと思う。(※ちなみに周りに人はいないです。)
これ、文字に起こすとそんなに衝撃ないな。
でもそれまで黙々と作業していたのに、ドアが閉じたというただそれだけの理由でこの罵声が口をついて出るって。

我に返った私は漫画の登場人物のように
「え…、私…?」
みたいにちょっと呆然としてしまった。

落ち込みます。そのように育ったからこそそういう言葉が出てくるんだよね。
ていうか常にそういう暴言が胸の内にあるからこその「ぽろっ」と出ちゃう、って感じか。

なにこれ落ち込む…。
はぁ…ダクソしよ…。




‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
あ!88888hit超えてました!
見てくださっている方、ありがとう!
これからもそれなりに頑張ってブログ書くのでよろしくね!