美しいこと。

(この記事を投稿したらまた勉強のために引っ込みます。来週辺りにまた更新したいな。我慢ができるものならな。)


今年も高校野球で泣いていました。
埼玉県勢初の優勝おめでとう!花咲徳栄!
150キロを投げる清水くんですが、そのフワッとしたフォームから150キロの豪速球が繰り出されるなんてとってもギャップがあって好きです!
優勝が決まったときの笑顔も可愛かった〜。


話題:高校野球



ところでこれ(添付画像)を見てくれ。こいつをどう思う?

これは今年の甲子園で活躍した球児の一人、松商学園高校の青柳真珠くんという人の書いた手紙です。文字がつぶれてしまって見えないと悪いから以下に書き出します。



「甲子園という最高の舞台で高校野球の幕を閉じました。
この二年半を思い返してみると、上手くいかないことばかりでいつも見えない敵と戦い続け、何度も同じ失敗を繰り返してきました。
目標までを最短距離で描いていたけど、真っ直ぐにその道を歩んでこれたかというとそうではありません。
いろいろな道を歩んでくるなかで夢を諦めそうになったり、歩むことをやめてしまいそうになったりすることがありました。
だけど、そんな自分に時に厳しく、そして親身になって手を差し伸べてくれる足立先生がいて、前向きに声を掛けてくれる仲間がいて、いつも側で支えてくれる家族がいて、多くの方の応援に後押しされて自分の可能性を広げてくることができました。
今後は自分が与えてもらったように、一人でも多くの方に勇気や希望を与えていければと思います。ありがとうございました。」



まず文字からして綺麗だよね。初めてこれを読んだとき、とても男子高校生が書いた文字だとは思えなかった。いや、きっと私は見くびっていたんだな。所詮高校生だと。
だけど逆だった。私なんてこの人の足下にも及びません。その精神の前では私なんてただただ矮小な人間になってしまいます。


“今後は自分が与えてもらったように、一人でも多くの方に勇気と希望を与えていければと思います。”

ここ特に美しすぎる。
その精神のなんと高潔なことよ。

心が洗われるようです。見習います。
このこすごいこやで!

書き溜めていた長い長いひとりごと。

ひとりごと。沢山です。
添付画像は海鮮丼です。サイコーだったよー!


話題:ひとりごと


●スマホが壊れた。スマホを同じ機種の新しいものに交換した。そしてデータ引き継ぎを失敗した。ラインの友達リストが消し飛んだ。悲惨。
みんなは機種変更の前にラインの引き継ぎの設定をちゃーんと済ましてから乗り換えような…。
じゃなきゃLINEだけで繋がっている人とはオサラバって羽目になるんだぞ。現在進行形の問題だぞ。
ハハッワロス。


●資格の勉強会の先生の香水がキツくて息ができなかった。よりにもよって私が一番嫌いなウルトラマリン系の香水。うぐぅ…。最近匂いにまつわるアンラッキーが多くないですかね…。


●カティンの森虐殺事件について調べたい。


●北朝鮮は潜水艦を持っているけど、北朝鮮の技術ってどこまでいってるのか興味ありますね。


●描き途中の絵を描き進めたい。


●お勉強がけっこう理解できていて嬉しい。いや…待てよ、去年も余裕ぶっこいてて落ちましたよね?はぁ。ちゃんと勉強しよう。


●ツァーリボンバの爆発の映像を定期的に見たくなるんです。水爆こわーい。


●バケツ臨界事故の経過観察の画像も定期的に見たくなるんです。最高に怖いんだよ。そしてここからがもっとぞっとするんだけど、「怖い」とそう思った後に遠いどこか知らない世界の出来事じゃなく、比較的最近、この日本で、普通に生きていた普通の中年が、あんな風に…。こんな…。
そこまで考えていつも体が動かなくなる。



●その流れでチェルノブイリの原子力発電所事故も調べたくなる。
そして次は原子力潜水艦事故だ。
一瞬で圧壊したのはなんて潜水艦だったかな。中に人が居たのに。



●ドロヘドロの新刊出てますけど、正直引き延ばしあからさますぎてちょっと買う気が失せてるんですよね。
今のドロヘドロは私の好きだったドロヘドロじゃないよ。打ち切りな終わり方だった「魔剣」のほうが好きだよ、林田球先生。ドロヘドロは最初の方の雰囲気が好きだったなぁ。もっと心理描写欲しいです…。好きだった作品が好きじゃなくなっていくのってすごく悲しい。


●のばらあいこ先生の「寄越す犬、めくる夜」の新刊ももうすぐ発売らしいね。はぁ早く読みたい…。でも試験終わるまで「待て」ですね。犬のごとく。


●粘土人形も完成させたい。ずっとハゲのままでかわいそう。


●水彩の女の子も完成させたい。


●ソ連のやった虐殺のこともっと知りたい。あと中国とかの政治犯を入れておく刑務所で何が行われているのか、どんな仕打ちを受けているのか、調べたい。
こないだ末期の癌で亡くなった人が何だったのか調べたい。
北朝鮮から解放された人で脳の損傷が激しかったアメリカの若者のこともまだよく調べてない。


●なんでゲームのことこんなに好きなんだろう。マインスイーパすらハマるってなんでなんだろう。ゲームに全く興味を示さない人がいるのに、この違いはなんでなんだろう。自分はゲーマーだと思うけど、どんな単純なゲームでもハマるのか?という興味からマインスイーパをやってみたのがキッカケだった。物は試しで、そう軽い気持ちで始めたのにマインスイーパのこと好きになってしまった。マインスイーパとはパソコンに最初から入っている単純なゲームです。単純だというのはつまらないこととイコールではなかったんだね。


●思ったんだけど私は好奇心の塊なのかな。いいね。死ぬまで貫ければ幸いです。
「しかし冷たい絵画で好奇心はやめておくことだ」そう騎士から忠告されたことがあるけど、あいつは腐った蝿に食べられているから私のことを誅せないですね。
おっといっけね!現実とゲームの線引きはしっかりとしましょう。


●私も高校球児のようなまっすぐで美しい人になりたい。あの人たちを見ていると背筋がピンと伸びます。


●蝶の標本が欲しいから蝶を捕まえにいこうと思ったんだけど、保存するにはホルマリンを使うこともあるっぽいので、「えっホルマリンって確か有毒ですよねヤダー」と思ったので蝶を捕まえるのは諦めました。でも折り紙で切ったり貼ったりすればかなり綺麗なもの作れそうですよね。きっと私の腕と執着心によって折り紙で蝶の標本が作り上げられることだろう。
私ならできる。
できないことなんてないんだぜ。
本当に絶対に確実にできない、なんてものは無いんだぜ。


●全部全部試験終わるまでお預けやで。


●やりたいことの多さと、気力体力時間が釣り合わない。今に始まったことではないが。


●やりたいこととやらなければならないことが全く無くなった日常は、はたしていつか来るのだろうか。そんなもの来なくていい。つまらなそうだもん。やることが沢山あるのは焦燥感に駆られるが、それでも何も無いよりは幸せなのかも。


●ライブ楽しいです!前もってはメンバーの名前はやっぱり覚えられなかったけど、ライブの最中に何度も名前が出てくるもんだから覚えかけてます。
やっぱりあの人はかっこいいし、なんだか信じられないほど可愛い子も見つけました。そういうのも楽しいです。ちょっとあの人かっこよすぎるので、私の描く絵に反映できたらいいなって思ったりして。
かっこいい男を描くのは苦手だったので、この機会にかっこいい男の理想像を得ることができたみたいです。嬉しい。
アルバムも友達に借ります!
わーい好きなものが増えたぞー(^○^)

あと会場では可愛い女の子とかっこいい男がたくさんいて、目移りしています。すごいね!日本ってけっこう美形多いんじゃないの!?って思ってしまうくらい皆みーんな可愛い!


苦しいの。

※血みたいなの注意

話題:ラクガキ

着ている服はダクソの鎧を参考にしていますが全然違うなぁ(*_*)

肌の白い儚げな子がいい。

久しぶりに記事更新するよ!
添付画像はある駅の地下だよ!
以下、メモ帳に書いた空想を書きますよ!


話題:妄想を語ろう




戦争。ファンタジー、近代の話、みたいなイメージで、妄想。

村ごと消されるので村民がごみくずみたいに順繰り殺されていくんだけど、めちゃくちゃきゃわゆーーい子がその可愛さゆえに取っておかれるの。(殺されずにすむというよりは、物あつかいなので、取っておくって言葉。)虐殺の列から外されて、取り置きされるの。

そんで殺すための流れ作業に飽きてきていた・疲れてきていた侵略者の人が、その子に、(苦楽を共にしてきた家族や仲間が殺されていくところを見ているしかなかったその子に、)「お前の家族(特に妹とか。)をお前の手で殺すことができたら、代わりに××をしてやるよ。(交換条件は思い付きませんでした。)」とかって暇潰しを持ち掛けるの。
それは、たとえその子が家族を殺しても殺さなくても、その子が生きているかぎり苦しむ罪なの。もう現時点でその子は皆が殺されるところを見ていたのに、自分一人だけ助かるってレールに乗ろうとしているし、もう手遅れなの。
辛すぎるの。
辛さのメーターはもう振り切って久しいの。
もうどうしても生きていけないの。
こんなことなら死ぬ方がいい、そう思うの。
思うんじゃなくて、知っているの。それは事実なの。死んだ方がましなのは事実なの。
でもその子は生きることを選ぶの。いつかこの想いを晴らすために。
みんなの死を苦しみを痛みを無念を、奴等に返すために。
心が壊れそうになっても、強い目的があるから乗り越えていくの。
そしてその子はやり遂げるんだ。

そんな妄想。
でもきっと、何も感じずに生きていける人もいる。私は生き残った、選ばれた人間なんだ、そう思って、無惨に殺されていった同胞の事なんて全然思い出さない人もいる。「あれはまさに地獄だった」そう言って涙を流して同情を得て、裏では金を数えて汚い顔で笑っている、そういう人もいる。

いっかいの凡人である私が簡単に想像できるんだから、きっとそういうサイコパスは存在するのでしょう。真実は小説より奇なり。

あと、「可愛いその子」の性別は決めかねています。男でも女でもどっちでもよいです。好きな方でどうぞ。

もうひとつ書くんだった。

書き忘れた記事をもうひとつ。
このスマホとも明日でお別れかと思うと寂しい。
そしてエムブロとの一時お別れも寂しい。勉強頑張ります。

話題:創作の悩み


創作の悩みというか、ちょっと違うけど。

意味のわからない質問の話。

絵を描いている人ならこの質問をされたことがあると思う。
「絵、上手だね!いつから描いてるの?」

いつからって何?
いつからってことはないと思うんだけど。
強いて言うなら物心がついたときから。生まれつき絵を描くのが好きだったから、それこそずっと描いてるよ。

この質問をされるたびに不思議な…違和感とでも言うものを感じていた。だってほんとにワケわからんもん。んだべ?いつって…何を言ってるんだこいつは?と思っていた。
そう私は大人になってからネットである書き込みを見るまでこの質問の意味を理解できなかった。
ある書き込みっていうのは、

「何か趣味がほしい」
「絵でも描き始めたら?楽しいよ」

これを見てから初めて「ああ、大人になってから絵を描き始める人がいるんだ!」と知った。だから「いつから?」って質問が存在するんだなって初めて理解した。初めて理解したのは20歳位の時だったと思う。それまでは自分と同じように皆が皆小さいときから絵を描いているんだと思いこんでた。
同時に自分の想像力のなさに愕然とした。そりゃ大人になってから絵を始める人もいるよな。何を始めるにも遅いということはないよな。「今」というのが一番早い時点だよな。

それに絵を描き初めて二、三年の人が私よりもずっと絵が上手かったりもするし、小さいときからずっと絵を描く人が至上だってこともないし。

何かを始めるには今からじゃ遅いってことはない。(少ない。)だから私も今年初めて自力で登山したし、今度は乗馬に挑戦したい。


そんな感じ。
前の記事へ 次の記事へ
プロフィール
七原さんのプロフィール
性 別 女性
カレンダー
<< 2017年08月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31