反面教師

正当な理由もなく周りに当たり散らしている人が取引先にいて、
はじめの頃は「歳上の部下を取りまとめるのは苦労も多いだろうな」とか「急に人が減って大変なんだろうな」とか思っていましたが
第三者として冷めた目で見てみたときに「この人はどんな生い立ちなんだろう」と漠然と感じる瞬間がありました。

しばらくして、本人から聞いた話として「家庭内暴力の環境で育った」らしいと人伝に聞きました。
もちろん、本当かどうか分かりませんし、尤もそういった境遇の方々が皆様全員同じ性格傾向だとは考えていません。

(続きは更にあまり愉快な内容ではないので、ワンクッション置きます。)

続きを読む

愚痴と相談の違い

仕事の進め方を相談をしていたら、いつまでも愚痴を聞かされて飽きたと言われ「はぁ?」となりました。

いや、愚痴ではなく相談なんですが…

寧ろ、案件が畑違いで建設的な解決案を出せないならもっと早めに言ってほしい…

まぁ、魚屋さんに行って雨漏りが酷いんですって話をしていたぐらいに畑違いだったんでしょう。。

仕事として看板出している割に、できないなら早めに言ってくれ…


ちなみにこの投稿は紛れもなく愚痴です(笑)

梅雨時のこわい話((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

コルダ☆SONGSのDVDが発売日前日の6月4日に届きまして、1日目の英さん登場シーンを中心に早速観てみました。

当日会場に居たにもかかわらずセトリを誤って記憶していたようで"感動は記憶を惑わす"と実感している次第です。

まったく私の記憶もアテにならない…!

アテにならない私の当時の記事はコチラ↓
mblg.tv

1日目の昼の部、割りと序盤に演奏者の方々による神南メドレーがありまして、その直前に英さんと谷山さんが『DUAL VOLTAGE』を歌ってくれた気がしていたのに、なんと『DUAL VOLTAGE』はエンディング直前のラストソングでした。

"英さんと谷山さんが作ってくださった蓬生と千秋がそこにいる空気感に包まれて神南メドレーを聴けて感動した"なんて、いったい何を以てそんなこと言ってたんですかね私はw

神南メドレーのちょっと前に英さんと夕夜さんで『Heart Stealer』を歌ってはくれましたが…。。
(すっ、少なくとも蓬生さんは居られました!力説w)

でも、本当にあの時の感動は"蓬生さんがそこにいる!"というなんとも言えない不思議な感覚でした。



と、同じイベントでも会場で記憶を混濁させながら(言い方w)観るのと、自分の部屋で寛ぎながら観るのとではセトリすら変わって見える。(観ているのは同じ私なのに…!)

だからこそ、同じ物事でも人によって感じ方や捉え方が異なるのはなんら不思議ではないし当然のことなのかもと改めて思いました。(感想文w)

ここまでを踏まえ、私のグチ(2つもある、しかもコルダに何ら関係ない)にお付き合いいただけるステキな方が居られましたら続きから是非どうぞ…!

続きを読む

Rouge et Noir All In 特広課長 周防衛士(CV.鷹取玲)




前作↓ が好きな私は予約して購入。


発売日を待ち遠しく楽しみにしていましたが、まさかの…期待度を越えない(期待しすぎともいう)悲しみ。

ストーリー的には特段矛盾を感じる点もなく気になるところはなかったものの、滑舌で気になる点が数ヵ所ありまして聞いている最中に現実に戻されました。

序盤はかなり早口な印象を受けて滑舌の甘さを感じ、中盤から台詞が聞き取れないほどの滑舌が数ヵ所…!

せっかく良いところなのに台詞が聞き取れないなんて、なんと勿体無い!

シナリオもSEも申し分無い程のクオリティであるが故に、この勿体無さが非常に心苦しい。

もうひとつ気になる点を挙げると、せっかく付き合っているのに甘さが今ひとつのような…?

「身体の繋がり以上に心の繋がりがある」と感じられたらスッキリしたのかもしれない。もう少し甘い台詞があってもいい。甘いのは滑舌じゃなくて台詞でお願いしたい。(エロい台詞だけでなく甘い台詞も欲しい)

ともあれ、思ったのはナレーターをなさっておられる方々の滑舌の良さ。(特に石川さん!)聞き取れないなんて、一度もない!

ナレーターってすごい職業だなと改めて思いました…!(話がそれ過ぎw)
前の記事へ 次の記事へ