[ことりだま]
2012.04 ()



2012.4.30 12:45 Mon [洋画感想]
トレインスポッティング




トレインスポッティング [DVD]

ユアン・マクレガー 他..
角川映画




ヘロイン中毒のレントンは不況に喘ぐスコット ランドでヤク中仲間と怠惰な生活を送ってい る。
人のいいスパッド、モテモテのジャンキーシックボーイ、アル中で喧嘩中毒のベグビーらと悲惨な現実を前にしてもドラッグやナンパ、軽犯罪やクラビングを繰り返す毎日。
そうこうするうちスパッドが受刑者となりレントンは何度目かのドラッグ断ちを決意。
必死の麻薬治療を受けた彼は、ひと旗揚げようとロンドンで仕事を見つけ真っ当な生活を目指すが……。


*


ヘロイン中毒から脱却しようともがき続けるレントン青年のお話。

強い幻覚、仲間の誘惑に苛まれながらも、次第に自分自身に問いかけ新たな人生のスタートを決めたレントン。
例え仲間を裏切ったとしても、自分の道を切り開いてゆく姿がスタイリッシュで格好いいです。

こういう作品好きだなー。

トニーが死んじゃったのは残念でしたが。



あ、ネタバレですかコレ。



orz








comment:0



2012.4.30 01:14 Mon [洋画感想]
レディ・イン・ザ・ウォーター




レディ・イン・ザ・ウォーター [DVD]

ポール・ジアマッティ 他..
ワーナー・ホーム・ビデオ



「シックスセンス」の監督M・ナイト・シャマランが手 掛けるミステリアス・ファンタジー。
フィラデルフィア のとあるアパート。
ここの管理人クリーブランドはある日アパートのプールでストーリーと名乗る水の精に遭遇する。
彼女は何を伝えにやってきたのか。
彼女と出会った瞬間、何かが変わり始めた…。

*

数年前、妻と娘を救うことができず心の傷を負い続けながら生活するクリーブランド。
夜な夜な使用禁止をされている筈のプールに誰かが入っているという知らせを受け、調査に出るが…。

ナーフであるストーリーを水の世界へ帰すために、アパートの住人がそれぞれの役を演じる。 果たしてそれらは正しいのか。

そして彼女が人々の心に残したのは…?



comment:0



2012.4.30 01:08 Mon [洋画感想]
メメント




メメント [DVD]

ガイ・ピアース 他..
東芝デジタルフロンティア



クリストファー・ノーラン監督が、時間軸を解体した斬新な設定で描いた異色サスペンス。
10分しか記憶を保てない前向性健忘に陥った男が、妻を殺害した犯人を探し始めるのだが…。

*

錯綜した記憶。
手掛かりとなるメモ。
犯人であるジョン・Gに復讐を果たすため、少しずつ確証を得ていくが…。

過去を遡ってゆくたび、明かされてゆく真実。 誰を信じ誰を疑うのか。

『大丈夫。みんな記憶で自分を確かめようとしている』
例えそれが間違いだとしても、自分だけを信じて生きてゆくと決めたレナード。
世界が再び過去から未来へと歩みを始めたとき、そこに待ち受けるのは…?




comment:0



2012.4.25 22:59 Wed [バトン]
金星特急でチャレンジ!!




こんばんは!!\(^o^)/
管理人です!!
毎日元気に病院勤務してます!!
内心かなり憔悴してます!!
今日は採血があったからとくに憔悴した!!



そんな管理人を救ってくれたのがこの素敵なバトン。



当てはめ妄想




今回もお馴染み『金星特急』でチャレンジ!!
管理人好みの六人を選ばせていただきました。
さっそく参りましょう。
どーん!!↓




【当てはめ妄想】
1〜7までキャラを当てはめてください。作品バラバラでも大丈夫です。

1砂鉄
2ユースタス
3夏草
4三月
5錆丸
6無名
7アルベルト



*数字にキャラを当てはめて妄想してください

・(5錆丸)に水をぶっかけてみた。(5錆丸)はどんな反応をした?

⇒錆:「ちょっ…冷たっ!!なにすんのっ…!?」
お前マジ反応可愛い過ぎるだろてかもっとぶっかけてあげようk…殴←


・「俺(私)に抱かれてください」これを(2ユースタス)ならどんな風に言う?

⇒ユス:「えと…私に?抱かれてください。…これでいいのか?」
ちょっwwこれは間違いなく砂鉄爆死確定ww/(^o^)\

しかも抱かれるのは砂鉄の方ときた!!笑
主導権握られてますよ!砂鉄さん!///←

ちなみにユスにこんな台詞を言わせたのは三月に間違いない^^


・(1砂鉄)が好きな人に「犯す」と言われた。(1砂鉄)はどんな反応をした?

まさかの脳内変換wwww^^
あれ?彼女「抱かれてください」っていっただけですよね?ww
不意打ちにも「犯す」に変換されてしまったというまさかのトラップww/(^o^)\←

間違いなく彼は爆死します笑


・ド変態な(4三月)、純粋過ぎる(4三月)、ヤンデレな(4三月)。どれが一番いい?

ド変態とヤンデレに違和感を覚えなかったという不思議ww←


純粋な三月さんて…!!
うーん…


(´ω`)



やっぱド変態とヤンデレで笑←



・(3夏草)が挙動不審です。その理由は何だと思う?

⇒きょろきょろ。
夏:「(お尻に手を当てながら)…あいつ(三月)に会わないように気をつけないと…」

どうした夏草ww^^


あれか?もしかしてBL的なやつなのか!?ww
ヤンデレド変態に尻を狙われてるのか!?ww^^


・毎晩自分の裸を見て「美しい…」と自分に酔う(6無名)。萌える?

⇒無名さんに限ってそんなことはありません。

が、


そんなキャラだったらマジ引くでww^^



・「貴方といるとすごく幸せです」これを(7アルベルト)ならどんな風に言う?

⇒アル:「あなたと一緒にいるだけでとても幸せな気持ちになります」

そんな甘い台詞と共に浮かべるまんねんの笑み。



絶対黒いこと考えてるよこの人!!笑/(^o^)\←




ありがとうございました



まわす人⇒マジ金星特急面白いっすよ。ウィング文庫ですよ。現在第5巻まで発売中ですよ。砂ユスとかマジパネェっすよ。この二人ガチで萌える。最高です。鼻血ものです。あ。


バトン、フリーで笑



------------------
エムブロ!バトン倉庫
mblg.tv
------------------




comment:0



2012.4.9 00:35 Mon [アニメ感想]
ヨスガノソラ 4




ヨスガノソラ 4 [DVD]

下野紘 他..
キングレコード



<トリノソラネハ>

悠とキスをかわした奈緒は、穹に2人のことを話したいと提案するが、悠は煮え切らない。 なぜなら悠は、実の妹である穹のことを異性として意識し始めていたからだ。 だが悠は穹への思いを断ち切るために、奈緒と2人っきりのデートを約束する。 一方、悠と奈緒の関係に気づいた穹は、先に約束があるとウソをついて、悠が自分と奈緒のどちらを選ぶのか試そうとした。 そうとは知らない悠は奈緒との迷いつつもデートを優先。 そして帰宅後、自分が置き去りにされた夢を見て泣く穹を強く抱きしめた悠は、 改めて自分達がたった2人っきりの兄妹であることを認識するのだった。

*

ついにっ…!!ついに念願の春日野穹編ですよ!!
\(^o^)/ヤッター!!


<ソラメクフタリ>

悠の名を呼びながら自分を慰める穹を見てしまった悠は、 その日以来、膨らみ続ける妹への恋愛感情を抑えることができなかった。 そんな想いを断ち切ろうと、奈緒に軽はずみな行動を取ってしまう悠。 だが「好き? 私のこと」と尋ねる奈緒に、悠の答えは分からなかった。 そんな時、穹が高熱を出して寝込んでしまう。 悠に汗を拭いてもらいながら、体に触れられる指の感触を心地よく想う穹は、居眠りしていた悠の唇を奪う。 そんな穹に悠も、自らの気持ちを抑えることができず、穹と体を重ねてしまうのだった。 恋愛関係に陥った悠と穹。ところがある日、2人の行為を奈緒と梢に目撃されてしまう…。

*

奈緒ちゃんと付き合うようになって、次第にお互いを意識しはじめた悠と穹。
それまであまり取り乱すことのなかった悠君とか…悠君が好きすぎてツンデレ全開の穹ちゃんとか…!!
二人が可愛いくて可愛いくて、自分明日死ぬんじゃないか!?って不安になりました笑←

満足じゃー。

私が見たかったのはこういう展開よ。
たとえ近親〇姦が世間的にNGであっても、二人の幸せを貫いて生きていくっていうのが見たかったのよ…!!
見たいものがみれました。乾杯。


<ハルカナソラヘ>

穹との関係を知られてしまったため現実から目をそむけようとしていた悠だが、 辛うじて奈緒には、素直な気持ちを話すことができた。 そんな中、叔父からの連絡をきっかけに穹と別れて暮らすことを決意する。 ところが、悠から別居する話を聞いた穹が姿を消してしまった。 必死に穹の行方を探す悠は神社の奥の湖で穹を発見。 深みにはまった彼女を助けようとするが、泳げない悠は大量の水を飲んでしまい溺れてしまう。 目を覚まし、お互いに、本当の気持ちを確かめ合った悠と穹は、かつて両親がお世話になった家具職人が暮らす町を目指す。 迷いのない悠と穹が見上げた空は、どこまでも青く澄んでいた。

*

早い話最初からその家具職人とやらを頼るべき。




comment:0







* ← #




2018年9月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年12月
2017年7月
2017年3月
2017年1月
2016年10月
2016年9月
2016年7月
2016年5月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月



ラノベ感想
文庫感想
書籍感想
漫画感想
イラスト集
アニメ感想
洋画感想
邦画感想
ゲーム
ライブ感想
CD紹介
music video
バトン
未分類


-エムブロ-