[ことりだま]
2014.01 ()



2014.1.31 21:28 Fri [アニメ感想]
シャングリ・ラ 12






<第二十三話 崩壊序曲>

涼子に導かれ、アトラスの心臓部へ向かう美邦。軍事ネットワークに侵入したメデューサは世界各国の核サイロを開こうとする。残された時間 はあとわずか。もはや人類に残された選択肢はアトラスのスーパーコンピューター「ゼウス」を意のままに操れる後継者しかない。美邦と國子、すれ違う想いが世界の命運を握っていた…。

*

鳴瀬涼子が卑弥呼のDNAから作ったシステムだったというね。
本当タルシャンと凪子はとんでもないものをこさえました。

御印の森へ向かう鳴瀬涼子と美邦。それを追う國子。
次回最終回。


<第二十四話 理想郷土>

世界崩壊へのカウントダウンが始まる中、鳴瀬涼子から彼女の真の目的、そのすべてが明かされる。ちりばめられた点が線につながった時、 倒すべき敵は誰なのか、世界創造の 謎、そして未来への鍵が見えてき た! 國子は最後の戦いに向けて、 ブーメランを握りしめる。すべての人の理想郷土(シャングリ・ラ)を目指して…。

*

卑弥呼の遺伝子を掛け合わせて作られた美邦。
卑弥呼の遺伝子をそのまま受け継いだ北条國子。
卑弥呼の子孫である草薙国仁。

最終回だけに叫ばせて頂くと、
小夜子が生きてたぁぁぁぁあああ!!
古川さんがしゃべったぁぁぁああああ!!

色々驚いたことはありましたが、涼子を倒し、アトラスを崩壊させた國子たち。
新たにシャングリラを作って見せるという彼女たちの戦いはある意味これからですね。

最後にまさかアキバ鉄精マジカルギーナとは…最強過ぎました。
全部凪子さまに持ってかれた。



comment:0



2014.1.31 21:27 Fri [アニメ感想]
シャングリ・ラ 11






<第二十一話 聖地消失>

空中要塞タイタンが、香凜の住む秋葉原にその照準をロックした。タイタンから放たれた攻撃は香凜たちネオ・ギルドのみならず、美邦たちをも焼き尽くす業火であった。しかし水蛭子と化したミーコは、自らの命をもって美邦を救い出す。ミーコを殺した相手への復讐に燃える美邦であったが…。

*

暴走したメデューサを止めようと衛星をハッキングする香凜たちでしたが…
秋葉原のじいちゃん達をしても、なかなか歯が立たないというね。

一方、後継者としてアトラスに向かう美邦。彼女を待っていたのは鳴瀬涼子で…。
いよいよ最終回に向けて加速してます。


<第二十二話 永遠乃絆>

ミーコへの復讐を果たすため、アト ラスの後継者になる意志を固めた美邦は、アトラスへの階段を登っていく。香凜は暴走したメデューサを止めるべく手を尽くすが、その努力ももはや限界を迎えつつあった。一 方、國子もメデューサを止めるためにアトラスへの階段を登る。そこ 待ち受けていたものは…。

*

黒ブチメガネの省吾さんが小夜子の腹違いの弟というのはビックリしました。
あと、鳴瀬涼子の正体がゼウスだったというね。




comment:0



2014.1.31 21:27 Fri [アニメ感想]
シャングリ・ラ 10






<第十九話 東京空襲>

住民をアトラスへ避難させ、國子はついに爆撃機に乗って東京上空へと飛び立つ。ダイダロスの咆吼が轟く上空から、國子はドゥオモに向けての発射スイッチをためらう。その頃、アトラス内部では凪子とタルシャンがアトラス創世の謎を口にする…。

*

ついに森を焼くことを決行した國子たち。
國子自らの手でドォウモにミサイルを投下しましたが…なんとも言えない気持ちになりました。

香凜のせいで炭素市場が恐慌し、日本経済が暴落した。そのときメデューサは…?


<第二十話 連之調音>

焦土と化した東京で、國子は草薙と光の筋を見つける。その光は東京中に走り、荒唐無稽な線を描いているかと思いきや、やがて巨大な印を結ぶ。一方、暴走を続けるメデューサ は南極大陸に向けて巨大な投資を開始。しかし固有の領土ではない南極への巨額投資が、世界経済を破綻させるきっかけとなってしまった…!

*

固有振動を抑える為に生け贄を捧げた由縁。
墓標の意味としてのアトラス。
剣が見せたアトラスを取り巻く結界の紋様。
メデューサを狙って投下された爆弾。

大きく展開を見せた第20話。
國子と草薙元少尉がなんかいい感じだし、草薙元少尉はモモコさんに唇を奪われるし…
非常にハラハラさせられました。

てかミーコが消えた…(´;ω;`)


comment:0



2014.1.31 21:26 Fri [アニメ感想]
シャングリ・ラ 9






<第十七話 暗夜抗路>

國子に銃口を突きつけたのは武彦だった。彼の口から語られるアトラスの真の儀式、國子の存在意味、そして武彦が國子に付き従っていた理 由…。衝撃を隠せない國子に練馬支部がダイダロスによって壊滅するという知らせが舞い込んだ…。

*

アトラスの固有振動を抑えるために、沢山の子供を人柱にされたと話す武彦。
トリプルAのアトラスランクを持つ國子と草薙少尉と美邦以外意味のないものだと銃を向ける。

「トリプルAとは、アトラスを継ぐものだ」
という言葉を残して川の中に飛び込む武彦…。
なんだか最近少しずつ仲間が削られていってますね。

一方、秋葉原に拠点を置いた香凛。
トリプルAである美邦を招き入れたことにより、ツキを感じ始めたが…。
女官がまさかのメイドっていうね。
相変わらず虚偽の応えをすると骨をボキボキ折られることになるようです。


<第十八話 双頭奇譚>

ダイダロス。その悪魔の植物は驚異的な成長速度で街を飲み込んでいく。熱源に対して鋼鉄のような種を発射し、発生ガスは光化学スモッグ となって人々を襲う。國子はダイダロスを倒すため、東京を爆撃で焼き払うことに決めた! そして、その照準にはドゥオモも…。

*

モモコさんのイヤリングの謎が明かされましたね。
國子と美邦がまさかの姉妹だったとは…。
てっきりモモコさんが美邦のお父さんかと思っていました。

変わり果てたミーコと再会したモモコさんもショックだったようで。
秋葉原から帰るときに、
「あの子が私の妹なんて」
「あれがミーコなんて」
と二人でぼやいてました笑

一方、東京のあちこちで拡がりつつあるダイダロス。
駆除をするために、東京を焼き払う計画を考えている國子だが、ドォウモの住人を一時的に避難させるためにアトラスに交渉を持ちかけることになり…。
まさかの凪子さまの再登場。
「これはビジネスだ」
という凪子さまがなんかとても格好いい。

次回、キノコ駆除の回。




comment:0



2014.1.31 21:25 Fri [アニメ感想]
シャングリ・ラ 8






<第十五話 迷走敗退>

謎の砲撃に襲われた國子。しかしその被害はアトラス側にも及んでいた。さらに東京には有毒ガスも発生。メタル・エイジもアトラスも、 それぞれの仕業だと憎しみを憶えるが、その発生源が誰もいないはずの 「森」からだということが判明する。これは自然から人類への警鐘なのか…!?

*

アトラスと強制的に停戦の条約を結ばされた國子は、敗北を味わうことになった。
帰還する前にアトラスを観光している國子とモモコさんだったが、アトラスの警備員に見つかってしまい追われることに…。
身を隠してもらうためにお邪魔した家は、なんと草薙少尉の自宅で…すごく出来すぎた展開ですね。

一方、資金を買収され破綻を来した石田ファイナンス。
倒産が決まり、終わりを見せたかのように思いましたが、最後の手段に出た香凛。
鳴瀬の部下が迫るなか、彼女が見たものとは…。

いよいよ物語も後半戦に突入。


<第十六話 狂乱樹獄>

国連からの撤退決議に従う國子。これは敗戦なのか!? 心配する周囲の目を避け、國子が向かった総裁室で國子は凪子追放を言い渡す。一方、今までの謎の砲撃は驚異的な進化を遂げた植物「ダイダロス」であることが判明する。國子たちはその調査に向かったのだが、途中で武彦が姿を消す…。

*

今回は國子がアトラス初代の総裁である凪子をドォウモから追放したり、ミーコが蛭子の依代にされてしまったり、草薙少尉が軍から身を退いたり…
いろんな展開があった16話でした。



comment:0







* ← #




2018年9月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年12月
2017年7月
2017年3月
2017年1月
2016年10月
2016年9月
2016年7月
2016年5月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月



ラノベ感想
文庫感想
書籍感想
漫画感想
イラスト集
アニメ感想
洋画感想
邦画感想
ゲーム
ライブ感想
CD紹介
music video
バトン
未分類


-エムブロ-