[ことりだま]
2015.05 ()



2015.5.22 23:12 Fri [アニメ感想]
花咲くいろは 1




花咲くいろは 1 [DVD]

伊藤かな恵 他..
ポニーキャニオン



<第一話 十六歳、春、まだつぼみ>

突然、母、皐月から「夜逃げをすることになった」と伝えられた松前緒花。母親から手渡されたのは「喜翆荘」という名と、電話番号が書かれた一枚の紙切れだけ。住み慣れた街、母親、そしてクラスメイトの種村孝一に別れを告げ、まだ出会ったことのない祖母がいる街で暮らすことになった緒花は、海岸線を走る列車からの景色を見ながら、これから始まる新たな生活に思いをはせるのだった。

*

自由奔放な反面教師母のもとで育ち、突如祖母のもとで住み込みで働くことになった緒花。
初対面で死を願われたり、女将に殴られたり、色々とドラマな始まり方ですね。


<第二話 復讐するは、まかないにあり>

「従業員として働きながら高校に通うこと」と、祖母である四十万スイから厳しく言われ、スイが経営する温泉旅館「喜翆荘」で、新たな生活を歩み始めた緒花。それは思い描いていた生活とはほど遠い世界だった。だが彼女は、板前見習いとして住み込みで働く鶴来民子や同じ仲居の押水菜子をはじめ、喜翆荘で働く 従業員たちと打ち解けようと孤軍奮闘。しかしその頑張りが裏目に出てしまう。

*

作家の大切な原稿を捨ててしまい、怒らせてしまった緒花。
頑張ったふりでいる緒花に、厳しく当たる女将や民子。

まかない料理で復讐するとか、復讐の次元が可愛い。


<第三話 ホビロン>

喜翆荘で長逗留をしている売れない小説家、次郎丸太郎。彼の書きかけの原稿をゴミだと勘違いして捨ててしまった緒花は、次の朝、まかないの支度途中に姿を消してしまう。 「東京に帰ってしまったのでは?」 と心配する従業員たち。しかしスイは、そんな彼らを横目に旅館の大掃除を命じる。掃除のため次郎丸の部屋に向かった菜子だったが、次郎丸に、かたくなに掃除、そして部屋に入られることを拒まれてしまうのだが…。

*

実は有名作家とは真っ赤な嘘で、宿代もろくに払えない無名のエロ小説家・次郎丸。
原稿を捨てたり、仕事場にさざ波を立てるトラブルメイカーの緒花ですが、そんな緒花を見越して今回の次郎丸の件を一掃させてしまった女将さんは只者じゃないと思います。



comment:0



2015.5.22 23:09 Fri [アニメ感想]
劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ






「狂気のマッドサイエンティスト」を自称し、いまだ厨二病をひきずる大学生・岡部倫太郎。 彼とその仲間たちは偶然、過去へと送信できるメール「Dメール」を発明してしまう。それが引き起こすのは、何度過去改変(世界線の移動)をしても訪れる、仲間の死という残酷な未来だった…。 絶望に打ちひしがれる岡部に差すひとすじの光、 それは誰も死ぬことのない未来、「シュタイン ズ・ゲート」と呼ばれる世界線。時間軸を超えて絡まりあった謎を解き明かし、ついに「シュタインズ・ゲート」に辿り着いた岡部。 しかしいくつもの世界線を超えた岡部の脳には、多大な"負荷"がかかり始めていた…。

*

脳を襲う多大な負荷の後遺症により、過去の残像が蘇り、発狂する岡部。
アール線へと跳躍し、岡部倫太郎の存在しない世界へにいきついた栗莉栖たち。

当初岡部の願いを叶えるべく、タイムトラベルをしないことを約束した栗莉栖でしたが、やはり岡部のいない世界はありえない!!と断言して、遠い過去へタイムトラベルしたのは、愛以外の何ものでもありません。

まさか『鳳凰院狂真』のネタや、祖母を亡くして立ち直れずにいるまゆりを救うきっかけを作ったのが、過去に跳躍した栗莉栖の影響だったとは…。

OPといい、EDといい…歌詞に泣かされたよ。
あー劇場で見たかったぜ。



comment:0



2015.5.21 23:55 Thu [ラノベ感想]
吉原夜伽帳-鬼の見た夢-






江戸の遊郭―吉原。外道菩薩と呼ばれる美貌の青年・弥太郎には、“死んだ人間が見える”という噂があった。ある日、奇妙な来客を受けた弥太郎は、一人の元遊女の不審な死について調べ始める。その矢先、彼が廓内で唯一気にかける少女に異変が起きて!?胸に秘めた恋心、愛憎入り混じる肉親への情。吉原に生きる者達が抱える、心の闇に「鬼」が憑く―。死者を映す瞳が暴く、鬼の正体とは?美しき吉原幻想鬼譚。

*

吉原の愛と肉欲な話…ではなく、少し切なくてとても幻想的な話でした。
弥太郎のキャラがズルすぎる。
それと、末葉との今後の進展が気になる。
続巻でないかな。



comment:0



2015.5.20 13:06 Wed [ラノベ感想]
平安残酷物語






此処は、大人たちがすべて死に絶え、代わりに 奇々怪々の異形な虫たちと共存している(せざる をえない)子供だけの世界―。そして、自称“貴 族”の引きこもり―こづえと、その“親友”である小春さんに次々と降りかかるのは、可愛く も“残酷”な日常…!?過去、新聞に連載された幻の作品に大幅な書き下ろしを加え、ついに単行本化。

*

ものすごく退廃的で残酷な時代―平安。
内容は、もうなんて説明したらいいかわからないよ。
新聞に掲載されていた作品だったのもあり、短編で読みやすいです。
ただひたすらエグくてグロい。

ガノンドロフ可愛い。
○mazonに売ってないかな…。


comment:0



2015.5.17 23:01 Sun [ラノベ感想]
のばらセックス






“男性”しか存在しなくなったはずの世界に発生した“女性”という怪異―世界で二人目の“女性”おちば様は、最初の“女性”のばら様が世界中にまき散らした災いと幸福の種を拾い集め、いくつもの“性”と対峙していく。軋んでいるのは、破滅の予兆か、新しい社会の胎動か―。“普通”のライトノベルでは不可能な、最先端の“性”の物語を描く実験作。

*

『ななちゃん』が三兄弟の次男、かつおちば様の母であり父である俺礼で。
『怪人』が三男で、かつおちば様の父であり母である綿志で。
『あいちゃん』が長男で、かつ父親に殺されてしまったおちば様の初恋の人・逢で。

目まぐるしくなるほど、設定が転がって追い付きません笑

あと、タイトルを裏切らない内容でした。
エログロい。



comment:0







* ← #




2018年10月
2018年9月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年12月
2017年7月
2017年3月
2017年1月
2016年10月
2016年9月
2016年7月
2016年5月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月



ラノベ感想
文庫感想
書籍感想
漫画感想
イラスト集
アニメ感想
洋画感想
邦画感想
ドラマ感想
ゲーム
ライブ感想
CD紹介
music video
バトン
未分類


-エムブロ-