[ことりだま]
()



2019.2.16 08:12 Sat [洋画感想]
デットプール2






恋人ヴァネッサと幸せな日々を送っていたデッドプール。だが、未来からやってきた最強マシーン人間ケーブルがデッドプールを脅かし、強力なパワーを秘めた少年を狙う! ケーブルに立ち向かうため、デッドプールは特殊能力を持つメンバーを集めて、“Xフォース”を結成するが……!?



家族になるはずだったヴァネッサを目の前で失い、自責の念から自殺を図って爆死しようとしたウェイド。しかし、死ねない身体のせいで自殺に失敗し、なんやかんやあってチーム「X-フォース」を結成。未来から来た男・ケーブルからラッセルを守るため、作戦を決行するのでした。

相変わらずエグいシーンが多いですが、ヴァネッサを失い何度も彼女に会おうとするウェイドの姿が切なすぎて泣いた。
あと、運を味方にするドミノがカッコいい。



comment:0



2019.1.12 23:46 Sat [文庫感想]
コンビニ人間




コンビニ人間 (文春文庫)

村田 沙耶香
文藝春秋



「いらっしゃいませー!」お客様がたてる音に負けじと、私は叫ぶ。古倉恵子、コンビニバイト歴18年。彼氏なしの36歳。日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる。ある日婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて…。現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作。



アスペのような主人公と、どうしようもないクズ男・白羽との奇妙な同居生活。
白羽の言いつけどおり正社員への転職を果たすべくコンビニを辞めた恵子。
しかし、やはり自分にはコンビニしかないと決意し、再びコンビニ店員に戻っていくのでした。

最後のシーンは痛快というか、コンビニ店員として一生働いていくぐらいの清々しさがあってかっこよかった。



comment:0



2019.1.12 23:44 Sat [文庫感想]
秋期限定栗きんとん事件 下






ぼくは思わず苦笑する。去年の夏休みに別れたというのに、何だかまた、小佐内さんと向き合っているような気がする。ぼくと小佐内さんの間にあるのが、極上の甘いものをのせた皿か、連続放火事件かという違いはあるけれど…ほんの少しずつ、しかし確実にエスカレートしてゆく連続放火事件に対し、ついに小鳩君は本格的に推理を巡らし始める。小鳩君と小佐内さんの再会はいつ―。



エスカレートしていく連続放火に、新聞部の活動も次第にエスカレートしていき…。
この時点で既に関連性がある、というのはネタバレなので秘密である←

互いに別々の道を歩んでいた小鳩君と小山内さんでしたが、次第に本性が出てきてしまうというか…結局は元の古巣に戻っていくのでした。
でもやっぱり2人の関係が元に戻って良かったなと思う。
瓜野くんはこれに懲りて少し大人になればいい。



comment:0



2019.1.12 23:43 Sat [文庫感想]
秋期限定栗きんとん事件 上






あの日の放課後、手紙で呼び出されて以降、ぼくの幸せな高校生活は始まった。学校中を二人で巡った文化祭。夜風がちょっと寒かったクリスマス。お正月には揃って初詣。ぼくに「小さな誤解でやきもち焼いて口げんか」みたいな日が来るとは、実際、まるで思っていなかったのだ。―それなのに、小鳩君は機会があれば彼女そっちのけで謎解きを繰り広げてしまい…シリーズ第三弾。



今回は新聞部員の瓜野くん視点で、連続放火魔の謎を突き止めていきます。
そして、小山内さんに彼氏が出来たり、小鳩君に彼女が出来たりします。
堂島くんの安定感のある堅物キャラは健在だった笑




comment:0



2019.1.12 23:38 Sat [洋画感想]
グレイテスト・ショーマン




グレイテスト・ショーマン 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

ヒュー・ジャックマン 他..
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



19世紀半ばのアメリカ。幼馴染の妻と子供たちを幸せにすることを願い、挑戦と失敗を繰り返してきたP.T.バーナムは、ついにオンリーワンの個性を持つ人々を集めたショーをヒットさせ、成功をつかむ。しかし、彼の型破りなショーには反対派もいた。若き相棒のフィリップをパートナーとして迎え、彼の協力によりイギリスのヴィクトリア女王に謁見するチャンスを得たバーナムは、そこで美貌のオペラ歌手ジェニー・リンドと出会う。彼女のアメリカ公演を成功させ、一流のプロモーターとして世間から認められようとするバーナムだったが……。



ムーランルージュ的なミュージカル映画は元々好きですが、まさかここまで魅入ってしまう作品だとは思ってませんでした。
全てを失ったバーナムが再び手にしたのは、家族や仲間との絆だったのでした。
曲の歌詞といい、演出といい、迫力といい、何度見ても感動する作品。
DVD欲しいなぁ。



comment:0







*#




2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年10月
2018年9月
2018年7月
2018年6月
2018年4月
2018年3月
2018年1月
2017年12月
2017年7月
2017年3月
2017年1月
2016年10月
2016年9月
2016年7月
2016年5月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月



ラノベ感想
文庫感想
書籍感想
漫画感想
イラスト集
アニメ感想
洋画感想
邦画感想
ドラマ感想
ゲーム
ライブ感想
CD紹介
music video
バトン
未分類


-エムブロ-