スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

見た目は人間と同じ、ただ、成長しないしある日突然違う人になる。
彼らは、誰でもない者。

『某』
著者 川上弘美
発行者 幻冬舎
ISBN 978-4-344-03504-1

ある日私は病院の待合にいた。
診察のために呼び込まれたが、私にはその前の記憶が何も無い。
だから、自分が何者かもわからないし、性別もわからない。
医者にそのように伝えた私は、医者から、あなたは誰でもない者なのではないか?と伝えられる。
しかし医者も、誰でもない者を見るのは初めてであり、どうしたら良いのか分からないまま、医者の勧めで、病院と同じ財閥が経営している高校に転校する。

あまり友達を作らない…というか、周りに興味のない女子高生、
とにかく女の人と身体を重ねたい男子高校生、
自分しか愛せない高校の事務員、
美め麗しく愛を探求した女性と、変化を続けた私は、女性出会った時に好きで一緒に住んでいて、最期を看取った男がこの世からいなくなってしまった悲しみにくれる。
やがて変化をしワーキングホリデーでカナダに行くと、そこで色んな家族の形を知る。
ビザが切れて帰国した私は、誰でもない者の仲間と子供を作ろうとしても出来なかったばかりか、分裂し弱ってしまったアルファとシータと再び会う。
シータが生きるために、分裂した片割れを殺したアルファと話すことで、自分達が異質で死なない事を確信する。

やがて、アルファとシータができなかった妊娠が出来たという、鈴木さんと高橋さんに頼み込み、2人から生まれたみのりと同じく乳児のひかりとして変化した。
みのりは誰でもない者から生まれたのに、変化しないのに成長していった。ひかりはみのりに合わせ、みのりの誕生日に自分も1年ずつ変化した…が、みのりと同じように成長し始めた。

やがて成人したみのりとひかりは、鈴木さんと高橋さんの手を離れ、二人で生活を始める。
しばらくして、誰でもない者の仲間であった元アマンダからサングラスが届いた。変化を続けながら海外で生活していたアマンダは、誰でもない者を殺そうとする人から逃げ、VRの中に入ったのだと言う。
元アマンダはVRの中なら誰も私を殺せないと言い、時には動物、時には日本人や外国人になって、サングラスの中で生きていた。そこは思ったより快適なのはどうかはわからないが、ご飯も食べられるようだった。
元アマンダから、ひかりも気をつけろと忠告を受けた。
ある日、みのりと共に外食していると、急に見知らぬ男が相席してきた。不審に思ったみのりだったが、男はみのりをナイフで誘うとした。トイレから戻ったひかりは、みのりを庇い、自分が刺されたのだ。
みのりはひかりをなんとか家まで連れて帰ったが、戸籍や保険証がなく内蔵も人間とは異なる誰でもない者は病院に行くことが出来ない。
高橋さんと鈴木さんに連絡をしたが、二人も誰でもない者は死なない事を知っているからどこか悠長に構えていた。
高橋さん達からひかりが生き延びるには変化するしかないと聞かされたが、ひかりはだいぶん前から変化できなくなっていた。そしてひかりはみのりに看取られ、誰でもない者として初めて亡くなったのだった。

どうしてひかりは変化できなかったのか、誰でもない者の仲間内では様々な検証がなされたが、結局わからず、ひかり自身が意識で変化を拒んだのではないかという結論に至ったが、どこか納得のいかなかったみのりは、アルファとシータに会いに行く。
そこでアルファとシータは、自分達もきっと死ぬのだろうと言った。自分より誰かをと強く思うと、変化しなくなるのではないか?と。
ひかりはみのりのために生きたから成長もしたし、変化しなくなったのでは?と。


面白かった。
きっとこの本はまた読むと思う。
そして読んだ時に、今とは違う感情を持つのだと予感している。
いい本だった。

恩讐の鎮魂曲 ☆

かつて通りかかった幼女を殺してみたかったという身勝手な理由で殺した少年Aは、少年院で性根をたたきなおしてくれた稲見教官のおかけで、御子柴弁護士として更生した。
だが、かつての死体配達人と揶揄された前歴が、2作目の小説で世間に露呈し、負けない弁護士として顧問料をたくさん貰っていたかつての暮らしは出来なくなってしまった。
事務所も移転し、暴力団に顧問弁護士として働かないかと誘われ、これからどうするかと考えていたところ、依頼人を見つけるのに一番良いと、日課で読んでいた新聞に、かつての恩師、稲見が介護職員を撲殺したという記事を目にする。

「恩讐の鎮魂曲」
著者 中山七里

かっとなって殺したなどという稲見の証言は絶対に嘘だと信じる御子柴は、なんとしてでも無罪を勝ち取ろうと奔走する。
すると、稲見教官はかつて自分の息子が、駅のホームで線路に転落したお爺さん・後藤を助け、自分も這い上がろうとして間に合わず死んでしまった事件の当事者である後藤が、ある特別老人ホームに入所していることを、テレビの特別老人ホームの特集で偶然知ってしまい、息子が命懸けで守った後藤を守ろうとしたとわかる。
その特別老人ホームは、介護士を先生と呼ばせ、常に護身棒と呼ばれる硬い棒で入所者を殴る蹴るを繰り返す、悪徳特別老人ホームだったのだ。

一方、稲見教官に殺された介護士は、韓国船の過積載客船の沈没事件の時客として船に乗っていた人物で、同じく客として乗っていた女子大生から救命胴衣を殴って奪い助かった男だったのだ。彼は人から救命胴衣を奪うことが緊急避難にあたるとされ、裁判で無罪となり、事件以前からの職、介護職として暮らしながら、入所者に暴力をくわえるだけでなく、客船事故のことを入所者に自白し、いつでも殺せると脅す、とても熱心とは言えない、介護士の皮をかぶった支配者だったのだ。

そしてしの特別老人ホームには、介護士に救命胴衣を奪われた女子大生の祖母・小笠原が、あの時の男だと知りながら入所してきていた。いつかはあの男を殺してやろうと、虎視眈々と機会を、自らの身体も虐待にあいながらも狙っていたところに、正義感の強い稲見教官が入所してきたことを、これ幸いと、いつも殴られ続ける後藤を助けてといつも言い含めていたのだという。

御子柴弁護士は、老人ホームでの虐待による支配、被害者が緊急避難で無罪となった男であること、そして、その男から後藤という息子が救った他人を守るためにした行為であったとこから、稲見教官にこそ、緊急避難が妥当であるとたたかうが、稲見教官が裁判で述べるのだ。
「自分の意思だろうが他人の唆しだろうが、やったことには全て責任がついてまわる。その責任から逃げることは、今まで法務教官で飯を食ってきた自分を否定することになる。それから弁護人は緊急避難という妙手で私を弁護してくれたが、その理屈で罪を逃れたら、私は栃野と同類になってしまう。それはご免こうむりたいのです。」

結果的に懲役6年を求刑され、御子柴のすすめも虚しく控訴をしなかった稲見教官は、恐らく刑務所の中で人生を終えてしまうのかもしれない。
一番大事な、父親のように慕って生きてきた稲見教官を救えなかったと感じた御子柴は、自分の無力さを感じて事務所に戻るが、御子柴の気持ちに反して、この裁判のお陰で暴力団じゃない普通の企業から、顧問弁護士の依頼が入ったという、事務員の嬉しそうな声だった。
また、以前弁護した女の娘から、テレビを見てたと御子柴のような弁護士になると手紙が届くのだった。

人の、架空の人生だけれど、なんだかとても心に刺さるものがあった。
御子柴シリーズは3作目だけれど、これが一番、読み応えがあった。

ぐるぐる問答

「ぐるぐる問答」
著者 森見登美彦

雑誌などで対談したものをまとめている。
森見登美彦を有名にしたのは、夜は短し〜だから、やっぱりその話が多かった。
個人的には森見登美彦が乙女、きつね、たぬき、四畳半と自分の作品を読んでいるのが知れて面白かった。

あの家に暮らす四人の女

「あの家に暮らす四人の女」
著者 三浦しをん

「譲り合ったりぶつかり合ったりしながら、それでも誰かと共に生きていける能力の保持者こそを、大人と言うのかもしれない」

ボロアパートに住み続け、上の階からの水漏れで部屋を出ていくハメになった雪乃と、雪乃の同僚で夢ばかり追うDVヒモ男からのストーカー被害の避難先とやってきた多恵美。
刺繍作家として家でいつも作業している佐知とその母鶴代の4人で暮らしている。

佐知の父は鶴代が大学から付き合っていた定職につかぬ男で、目利きもできぬのに骨董品を鶴代の実家の金で買い漁り、家庭を顧みなかったバカ男だったので、佐知が生まれてすぐ、鶴代に追い出された。
ストーカーのヒモ男を捕まえ吊し上げたり、泥棒が入って殺されると思った時、死んだ佐知の父が、佐知が誕生したお祝いにと買ってきた河童のミイラに乗り移り退治したことを受け、使用人のような位置に居るがどうしてよいものかわからなかった老人山田に対する佐知の気持ちも晴れた。

幼い頃から親がいないと、他に親切にして大事にしてくれる人に、なにかしようにも、親に悪い気がするという、佐知の考え方がわからなかった。親がいると、他人に大切にしてもらえるのも受け入れることに抵抗ないから。やっぱりかたわってこういうところに出るのかなぁ。

ストレンジ・シチュエーション

「ストレンジ・シチュエーション」
著者 佐藤青南

ちょっと飽きてきた。
サラサラ読めるからそんなにストレスは感じないけれど、西野のキャバ嬢のメッシーも、エンマ様の物言いも、なんか変わらないことが嫌だなぁって。
心理学的な捜査はとてもおもしろいけれど、登場人物に愛着がわかないというか。
多分、タイミングが違えば面白く読めたのかも。でも最近は、誰かが死ぬとか殺されるとか、そういうのもう聞きたくないかな。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2020年07月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー