SHAMAN KING レッドクリムゾン1巻感想

スーパースターのついでに。
ファウストの小説は読むのに気力必要そうな話の予感がしてて、気力足りてないのでまだ読んでません。でもまあ半年以内には読むんじゃないかと思います(無駄に悠長)


この話、別人が執筆するスピンオフってことで当初はスルーも視野に入れてたんですが、季刊エスのインタビューから察するに武井さんが話作りに関与してそうなのと予想以上に面白かったのとで、手出して良かったです。
絵の雰囲気も予想以上に似ててびっくりしましたけど、ここまで似てると逆に似てない部分が目についてしまうのでなんとも言えないところありますね…
最初はコマ割り読みにくい箇所があったり電子で見ると見開きコマの繋ぎが不自然だったりしてたので、連載経験ないプロアシの人なのかなぁなんて印象ですが。

むしろ無印マンキン好きで蓮・潤・ホロホロあたりが好きな人ならスーパースターよりこっちのが楽しめそうな気がします。色々つらい部分もありますけど。


ストーリーとしてはS.F.終了後、道家に何かしらの恨みを抱いてる東一族に潤姉さんと白竜が立ち向かっていって、そこにたまたまやってきたホロホロが巻き込まれて…って流れ。
いや、なんか、もう、予告カットで潤&白竜が目立つのは解りきってましたが、ホロホロ出てくるのが想定外すぎて驚きました。ありがとうございます。
リミックス描き下ろしのアレコレとか読んでて、正直今の武井さん本人がホロホロ描いたらダメなところばかり強調しそうでファンとしては快い気持ちになれませんでしたが、別人だからこそなのかカッコよさとダメさの塩梅がちょうどよくてレッドクリムゾンのホロホロ好きです。
それに一族の歴史とかそういう面では完全に部外者だけど、蓮と仲良かったから何かあれば首突っ込んでしまうホロホロの存在がうまいこと読者視点役として機能してて、道家周りの事情について飲み込みやすくなってますしね。

潤姉さんはひとりで抱え込んで必死に戦う姿が格好良くもあり悲壮感もあり、彼女を支えようとする白竜も良くてこの二人本当にお似合いだなあと思わされます。
ヘリから落ちたときとかの、潤姉さんが白竜に抱きついてる姿がめちゃくちゃ絵になってて好き…

そして第4廻での蓮とメイデンの回想がとても幸せそうで良い。
「結婚することにしたので一応報告に来てやったぞ」と自分の家族に言ってしまうほど偉そうな蓮が可愛いし、相変わらずあの家族は祝い方がド派手だし、ちょっと恥ずかしがってるメイデン様可愛い。
でもまあ「どうあがこうと幸せになんかなれんぞ」と言われるだけのことをやってて、フラワーズからメイデンが死んでると示唆されてたのでいつか詳しくやるとは思ったけどこんな形だったとは。
まさに『聖母』と呼ぶべき死に様だったんだなってのがメイデン様のすごいところというべきか…

あとはブラックメイデンにちょっと同情しました。ヤービスに何かされた結果とわかってしまうとね…


というかフラワーズ考慮するとこの物語があまり良い結末迎えなさそうで怖いんですが、それでも蓮やホロホロ好きな身としてはどうなるか気になるので見守ろうと思います。


SHAMAN KING THE SUPER STAR1巻感想

昨日眠れなくてKC版フラワーズ読んでたらまだ感想記事書いてないの思い出したので。

限定版買ったのでステッカーとプロローグ冊子ついてました。
ステッカーは使い道がいまいちよくわかりませんが、プロローグ冊子の色々絡み合って何か始まりそう感はワクワクしますね。
というかプロローグ冊子表紙のゴツいバイク乗ってるアルミのカラーがすごく好きです。
スーパースター本編もアルミ中心に進んでるので、プロローグ冊子と単行本表紙絵逆のほうが良かったのでは…?と真面目に考えてしまうのですが、あのマンキンの新章だよ!と売り出すには葉くん見せるしかないだろうからしょうがないんでしょうか。


とりあえず大雑把な感想としてはアルミちゃん可愛い。
マンタリテでの初登場時は何こいつって印象強くてどちらかというと苦手だったけど、フラワーズで明るい性格になって可愛く見えてきて、この話でも振る舞いが明るくて一生懸命やってるのがいいなって思います。

むしろ連載フラワーズ読み返したとき、花の性格に好感持てる要素なくて見ててキツかったです。
なんと言えばいいか、ネットで悪口書くのが生きがいになってる人たちのような発言多くて、もはや葉とアンナの息子であることがキャラとしての最大の魅力みたいになっててなんだかなって…
スーパースターで花の印象良くなったらこれからもっと楽しく読めそうだけど、まだ出番が無に等しいのでなんとも。

内容としては、アルミが桜井さんを花の持霊にするために長野で手がかり探ってたら青梅の爺さんに命狙われて…みたいな感じ。
そういえばアルミが欲しがってるものがなんなのか明言されていないけど、桜井の霊でO.S.作るための媒介か何かだろうか。
アルミとモリソンやゴーストたちのほのぼのしたやりとりとか、途中のデスゼロ回のドッグファイトが好きです。
正直私メカ系への関心そんなに強くないので軍艦の薀蓄とかは読み流してるんですが、デスゼロの戦闘機バトルは読み切りのやつもなんとなく好きで、今回やってることほぼ同じだけど絵の迫力が段違いで良い。
というかデスゼロ周りってあの読み切りだとわからないことが多すぎるので、この一件通して掘り下げてくれるなら嬉しいと思いつつ未だ何もわからなくて突っ込みづらい。

言ってしまうとこの作品自体がマンキン無印・仏ゾーン・デスゼロとフラワーズを繋ぐのが目的の話なのか、フラワーズの続きをやるのが目的で、そのために今までの補足を入れてる状況なのかいまいち読めなくてなんかよくわからないんですよね…
とりあえずフラワーズやUJユンボルみたく途中で消えずに最後までやりきって欲しい気持ちです。


2018ボカロ曲10選

例によって今年もやります。
ギリギリまで曲選んでなかったしコメントも考えてなかったのでアレですけど。


【がくぽ・GUMI】絶滅志願偽装種【オリジナル曲】
消えない傷も愛しいアクセサリー
掛け合いもハモリもかっこいい。最近ピアプロに投稿された他ボカロバージョンも良かった。

Giga - 劣等上等 ft.鏡音リン・レン【MV】
欲しがります死ぬまでは
ボカロとこういうEDM系の曲相性良くて楽しい。リンレンの黄色が印象的なPVも好き。

ペインイレイサー / 初音ミク with 鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ、KAITO、MEIKO
How long will I be with you
ミクメインだけど他5人の声も良い。曲はお洒落だけど詞や声に寂しさもあって聞き入る。

アクセサリ V1
間に合わせの愛を奏でて 重ね合いましょう
動画はアレなところあったりするけども曲は渋くてMEIKOの高らかな声がいい。

【初音ミク】運命≠Information【オリジナルPV】
この心 解けない氷なんだ
割とうるさい系の曲だけど透明感や切なさもあるところが好き。絵も綺麗。

【巡音ルカ】Gerbera【オリジナル】
積み重ねた想いは そこに咲いたガーベラ
この人の新曲久しぶりで嬉しかったです。他のと迷ったんですがこれが一番絵も曲も好きなので。

【初音ミク】アディショナルメモリー【オリジナルMV】
夕映えの向こう 想いを染め上げた 後悔の詩
既に他の記事で感想書いてるので言うこと思いつきませんが好きです。

MV - エピローグ / *Luna feat.GUMI
終わりくらいはさ 選ばせてよ
思春期くらいの旅立ちの歌って雰囲気と盛り上がりが好き。

ターミナル / GUMI - ぬゆり
不完全な球になって進めなくなった
なんというか、こういうストリングス効いててしっとりしてる曲好きなんです。

【IA】Euphoria(PARTY A GO-GO WORLD TOUR FINAL)【LIVE MUSIC VIDEO】
あぁ、青春の在り処も  本当のゴールも、まだ先にあるから
この曲は動画というより配信で売られたときに買ってて、今年聴いた音楽の中でもトップクラスで気に入ったので。
卒業して進学するときみたいな、青春の終わりと始まり感があって好き。



新曲に関しては人気曲や元々好きな人の曲聴いてるだけだったので、今年投稿された曲縛りでなく今年聴いて好きになった曲でやっても良かったかもしれません…
昔の曲だと『ウェイリング・ベイビーズ』とかめちゃくちゃハマってました。

メカクシティリロード

限定盤A(漫画付き)買いました。良かったです。
過去のカゲプロアルバムもあれはあれでまとまってると思うんですけど、メカクシ団たちのこと語りきれてるかといったら不完全燃焼にも思えて、そういうところ埋めるためのアルバムなのかなって印象です。
一応断っておくと、私は楽曲中心に追ってて漫画や小説追ってないのでそっちには言及しません。

●ロストデイアワー(特典漫画)
インタビューで言われてた通り「遥がメカクシ団に友達とは何か聞いて回る話」でした。
それぞれの答えから性格滲み出てるのがいいなと思いつつ、意図せずシンクロしてるセトマリが可愛かったです。
とくにキド・モモ・アヤノの答えがらしい感じで好き。
ヒビヤとヒヨリはマセてんな〜って感想。回答よりも言い方が。
そういえばアニメ観たとき、この二人の性格が私にとって見ててイラッとする小学生キャラそのもので、色々通り越してよくこんなキャラ作れんなって感心した記憶が。
言っても最終的には『友達っていいよね』と思わせる話でした。

昔これの作画の人をカゲプロアンソロで見たとき、角度ついた絵で口の位置変になるのが気になって読むのに集中できなかった記憶あるんですが、見ないうちに上手くなってマシになった?でもやっぱり完全には直ってないような…?


以下曲ごとにざっくり感想。インストは割愛。

●イマジナリーリロード
イントロで爆発的に来るところとやたら早口なところに「カゲプロが帰ってきた…」と思わされました。
最初にこういう“らしい”の持ってくるのがいいですね。
「私が私じゃなくなって〜」のところが印象に残りました。
アウトロでギターがピロピロギュンギュンしながらフェードアウトするの好き。

●失想ワアド
動画サイトで先行公開されたので改めて言うことないかなって気がしなくもないですが、私はピアノやストリングス効いたポップスやバラード好きなので、編曲の方向性はアルバム内で一番好きです。
MVに引きずられてるだけかもしれませんが透明感あって綺麗で良い。
キド個人を歌った曲がないってカゲプロ人気あった頃から散々ファンに嘆かれてきたけど、今になってこんな素敵な曲来るとはわからんもんだなって思います。

●マイファニーウィークエンド
ウキウキ感が楽しい曲ですね。編曲も可愛い。
歌詞だけ読んだとき、女言葉なのが珍しいなって感想が最初に出ました。
あとカタカナ表記でない英語混ぜてるのも珍しいなって。カゲプロだとdazeのアレくらいですし。
個人的にモモのイメージでしたがヒヨリ説も見かけて謎です。言われてみればどっちとも取れそうで。

●アディショナルメモリー
これも先行公開された曲なのでリアタイで言ったのと被るんですが、思春期衝動ロック感が好きです(謎形容)
サビは激しく感情表現してるのにイントロやアウトロはピアノ中心でしっとり寂しい雰囲気になってるのが良い。
透明アンサーや幸福理論から見えるアヤノ像はそんなに好きでもなかったけど、これで等身大の中高生なんだと思わされて好感度上がりました。

●ロストデイアワー
シンセ?の音がノスタルジックな雰囲気演出してていいですね。
多分今の作者にはヘッドフォンアクターやチルドレンレコードみたいな曲作れないんでしょうけど、逆に昔の作者は絶対この曲作れなさそうだなって気もします。
なんかそういう、前作から経ってしまった月日に思いを馳せずにはいられないような曲でした。

●リマインドブルー
爽やかだけどどことなく哀愁を感じるギターフレーズが、過ぎ去った青春を思い起こさせていいですね。
なんとなくサマータイムレコードや少年ブレイヴと被って聞こえました。
先に詞だけ見て『大人が嫌いな歌』は「大人なんて嫌いだ!」と歌ってる歌のことかと思いましたが、インタビュー読むに「大人が嫌う歌」のことなんですね。実質同じようなものですけど。

●忘れてしまった夏の終わりに
過去のアルバムのシニガミレコードや架空世界もでしたが、最後に大人しめの曲持ってきてエンドロール感出すところ割と好き。
静かだけど壮大さもあっていいなと思います。



総括すると、色んな意味で前作から時間空いたのを実感させられました。
昔は子どもの目線で子どもの心情を歌ってて鮮やかに刺さってきたんですけど、今回は大人の目線で子どものことを歌ってる印象が強かったので。特にロストデイアワーとリマインドブルー。
だから過去作の良くも悪くも子供っぽいところが好きな人には物足りなく感じるかもですね。
まあ、でも、最初に出してきた失想ワアドでストレートに「大人になっていく」と歌ってたことから察せた話かもしれませんね。

でも時間空いたことで音や詞のクオリティは格段に上がってて、カゲプロとか置いといて単純に曲として素晴らしかったです。
過去作は未熟さ見えるところあって、だからこそ受けたんでしょうけど、だからこそ合わない人は絶対受け付けなくて、そういう違いも人気全盛期に色々言われてた要因のひとつだろうなって思うので。
そういう意味では昔カゲプロ好きだったけどもう離れた人だとか、昔よくわからんって避けてた人でも聞きやすい仕上がりになったのかな、と。



メカクシティリロード(初回限定盤A)

じん
ユニバーサル ミュージック

がくぽ曲10選

がくっぽいど10周年おめでとうございます!(盛大に遅刻)
※がくぽ発売記念日は7/31

がくぽは意外と使う人によって声の雰囲気変わるのが面白いですね。
中の人のがくぽ曲カバーCDがめちゃくちゃ良くて今でもときどき聴いてます。
お気に入り曲選んだのに文章まとまらなくて放置してたら時間経っててアレなんですけど、投稿時間ごまかしてこっそり。


敗者には救いさえもなく 無情に雨は降り注ぐ
中の人がカバーしてるCD聞いて好きになった曲です。バラード寄りな原曲もいいですね。

【神威がくぽ】「Paranoid Doll」オリジナル曲【PV付】
手渡される 禁断の赤い実
中の人カバーも好きですけど、原曲はボカロならではって方向で完成してていい。

【がくぽV3オリジナル曲】コンフリクトコントラスト(Re:nG)
助けようと伸ばした手が 突き落としてしまう前に
激しいピアノとストリングスの響きが綺麗でカッコよくて好き。

【神威がくぽ】ショットガン・ペインティング【オリジナル曲PV付】
指先ひとつで消し去るのかい?
独特の声がカッコよくて一発で好きになりました。低音ボイスカッコいい。

【神威がくぽ】紫の炎 【オリジナルPV】
若さのせいにして抱き合えば灰くらい残るかな
歌詞とPVの雰囲気がお気に入り。「愛しき性癖は〜」のところが特に好き。

【V3がくっぽいどPOWER×ぼかりす】The end of begin all【オリジナル】

全てを始める為の終焉を選ぶだけ
ぼかりす(人声をボカロで再現するソフト)による高らかな歌声がかっこよくてお気に入り。

【神威がくぽ】月色回帰【オリジナル曲】
満ちては欠け 欠けて満ちた 始まり 終わる物語
ジャズ調でお洒落でちょっぴりダークな曲とがくぽの低音が心地よくて好き。

【神威がくぽ】カルミナ・マキーナ【オリジナル曲】
凍てつく指を燃やして あてどなく歌を紡いだ
どこか懐かしいメロディと和音が聴いてて気持ちいい。透き通った声も好き。

【がくっぽいどV3】夢をみた【オリジナルPV】
幻でも構わない そこに君がいるのなら それでいい
がくぽの囁き声と優しく儚い曲の雰囲気が合ってて落ち着く。

【がくっぽいど】 World's Crying 【オリジナル】
傷付き過ぎた世界は 今日もまた泣いている
がくぽで一番最初に好きになったのこの曲だったような気がします。イントロからカッコいい。

prev top next
CALENDAR
<< 2019/02 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
PROFILE
華蓮さんのプロフィール
性 別 女性
地 域 沖縄県
職 業 夢追人