鱈子


話題:お買い物


山田の店員さんと買い出しに行った時の話

「最近顔を見てないぞ」と商店街の魚屋の若主人から電話がかかってきたもんで、慣れてない店は嫌かなと思ったけども、彼女を商店街に連れて行った

一番最初にその魚屋さんに行ったんだけどさ、売り出しの日なのに閑古鳥が鳴いておった

常連客は早い時間帯に買いに来るらしいが、午後から閉店までの時間は客が来ない日があるそうな

そこに現れた俺とカワイコちゃん

若主人は嬉しがっちゃって、対応がちょいとウザかった

商品を見てる時に引っ付いて来やがって、ちょっと離れてよ!と言っちゃったくらい

この店は鮭の切り身が大変美味しいので、まずはそれを買った

山田の店員さんに、好きな物は何かと尋ねると「私、鱈子が好きなの。鱈子があれば他に何も要らない」と言うのだな

その言葉が聞こえたのだろうね当然

若主人が「鱈子?オッケー」と叫び、冷蔵庫の中をガサガサやり始めた

そして、いつ仕入れた物なのかわからないが、パックされた鱈子をいくつか出してきた

数えると、1腹入りのが11パックあった

若主人は電卓をカチャカチャ操作して、「全部で2,618円だから、2,600円でいいや」と言った

こんなに沢山買わせて18円しか引かないのかよ!とガッカリしたように言うと、若主人は「そうだよな…」と俺に同調したような言葉を発したが、その後は黙った

大体、こんなに沢山は食べられないじゃない!と追い打ちとかけたのだが、山田の店員さんたら「私、食べれるよ」と小声で言った

その声を聞き逃さなかった若主人

「ほら、食べれるって言ってんじゃん。包んでいい?」と勢力を盛り返した

ホントに食べられるの?と聞くと「だってあなたと半分ずつでしょ?」と

半分ずつじゃなくて、俺は1パックでいいよと答えると「え、じゃ私10パックか」と言ったと思ったら、すぐさま「余裕!」と続けた。

しかも大きな声で




という訳で、11パック買わされてしまった

さらに引いて2,550円にしてくれたので、まあいいけども

古臭いニオイはしなかったので、そこは良かった

彼女はその日と次の日で3パック食べたそうな

熱い白米の上に乗せてね

「残り7パックしかない」と、少し悲しそうに言っておった

1年で7パックも食べない俺から見ると、相当変わってる娘だと思った

でも、こういう食の癖(へき)を見せられると、かなり親近感は湧くわね

その7パックがなくなる頃にまた商店街に行く約束をした神田でした



報告会


話題:私の車


今回、紆余曲折を経て無事に購入に至ったポルテ

このポルテを買ったということを皆に報告した

まずは妹

「またポルテ!?好きだねー、不格好な車が」だとよ

まあ、こいつに何を言われようが全く気にならないからいいけど…

次はCHR

「前に乗ってたやつ?同じ車を買うって相当好きなんだね」だとよ

まあ、まだ3台しか買ったことがない経験の浅い奴には俺の気持ちはわからんわな

家の駐車スペースに寸法の制限があるから、色んな車に乗れない、つまりいつも似たような車にするしかないってのが俺の辛いところなんだよ


最後は山田の店員さんが自分の親に報告した話

「遠くまで自転車で行って、戻るのが面倒くさくなった時に呼べば来てくれるのかしら…」とママが言ったそうな

それをそのまま聞かれた時に、仕事中じゃなければいいよと答えたら、彼女は嬉しそうにしておった

でも実際26か27インチのママチャリを積むことができるかな(?)

ロードバイクなら車輪を外せば可能だろうとは思うが、ママチャリはカゴやら何やら付いてるから、すんなり積めるかどうかわからない

車内に傷がつくことを恐れなければいけると思うけど…

結局、ポルテを売りたかった店長の口車に乗ってしまっただけのような気もしないでもない

でも彼女は車を選ぶという行為が楽しかったようで、ポルテが来たら、自分を色んな所に連れて行けと言っておった

まあこちらも、助手席に女の子を乗せて走るのは嫌じゃないからね、楽しくドライブができるといいですな


余談として

先輩にも報告したらだね、「あの車は寝られるのがいいやな」と言っておった

コロナ終息後はまた夜の街に連れて行かれるのかな(?)

酔っぱらいを乗せるのはあまり好きではないけども、以前のように自由で平和な日本に早く戻ってほしいね



コッチD


話題:車買います

その日の夜遅く、山田の店員さんとメールした

彼女も、俺がどんな車にするかを気にしてたから

彼女は、アクアは乗せてもらったことがあるらしく「あの車、後ろの席が狭いよね」と言っておった

そして「自転車が積めるのがいいんじゃない?」と続けた

この人は、自分が自転車で立ち転けした時の印象が強いんだね

あの時はCHRのエスクァイアーに自転車をサッと載せてパンク修理屋さんまで行ったんだけど、そのエスクァイアーみたいなミニバンにしたらどう?と言いたげだった

だがエスクァイアーみたいな大きめの車は神田家の駐車スペースに停めるのは難しいと答えると、彼女は少々ガッカリしたような絵文字を使った

そこで、その次の日は一緒に食材調達に行く約束をしていたので、トヨタにも連れて行くことにして、あなた選んで下さいよ、と言ってみた

車を買うというのは結構大事な作業なんだけど、もう面倒くさくなってたもんで、この娘に丸投げしてしまった



で翌日トヨタで、彼女は「ミニバンより小さくて、でも自転車が積める車を見せて下さい」と上手に言っておった

店長が相手をしてくれたのだが、「今ここにある車で自転車が積めるのは…」なんて言いながら、シルバーの見慣れた車の横に彼女を連れて行った

そしてシートを色々動かして、自転車が積めるスペースを作っておった


ようやく俺の車が決定した

可愛い女の子に選んでもらった車

売れ残りのポルテ

まあ、しょうがないね



(^_^;)




アッチC


話題:車買います


一旦契約した車をキャンセルするってのは、あまり良くないことなのですよ

営業マンはガッカリするし、その車を売るまでの作業が無駄と思って畜生となるから

でも俺の場合は、キャンセルしたままではなく、別の車にすることが確実なので、インテリは快く「いいですよ」と言ってくれた

だが、ここからがまた大変でね…

再びトヨタに行ったんだけどさ、辺りは暗くなりつつあったので、売り物の車がよく見えなかった

そこで、以前代車として借りたことがあるアクアにすることにした

借りたのと全く同じ車ではないのだが、色とグレードが同じのがあったので、それにした

流行りのSUV風のアクア

店内で、あーよかった、これで決着だ!と、インテリと2人で安堵しておったのよ

ところが、そこに他の営業マンがやってきて「神田さん、あのですね、選んでもらったアクアなんですけど、さっき問い合わせの電話があったんですよ」と言うんだな

問い合わせだけなら、本来は全く問題なく、このアクアは俺が契約できる

でも、先月車が売れなかったのはインテリだけでなく、他の営業マンも似たようなものだったらしいのさ

なので今月は死に物狂いで売らなきゃならない

そこで、問い合わせをしてきただけの客でも放したくない気持ちになっちゃってるのだ

その客が次に連絡して来なかったり、来ても買わないとなれば問題なく俺に契約の権利が移る、というようなお願いをされちまったよ

つまり、そのアクアを俺が買えるか買えないかってのは、問い合わせをしてきた客次第ということで了承してくれないかということなのよ

これにはインテリがその営業マンに噛みついた

店の奥で「神田さんに失礼じゃないですか!」みたいなことを言っておった

いつも温厚な姿勢を崩さないインテリも怒る時があるんだな…と思いながらも、その言い合いを聞くのが嫌だったので、明日連絡ちょーだい!と言って店を出た



つづく



アチチB


話題:車買います


前記事からの続きになるのだが…

月内登録の縛りから、他店舗に並んでいる車は選べないとなると、もうこの店舗の在庫の中から選ぶしかない

そういう状況では、普通は買わないよね

パッソのバッテリーは復活したし、別に急いで買う理由はないから

だけどインテリは、俺が買うと思っちゃってる訳よ

俺も買ってもいいと言ったしな

そういうことで、ここで何もせずに帰るってことはできなかった

だけど、この店の在庫を1台1台見る気分ではなかったのよ

この日は寝不足だったし、帰りに山田の可愛い店員さんと会う約束をしていたので、もう適当に決めちゃおうかなって思った

軽の箱バンが無いんだったら、何でもいいと思ってしまっただよ

それでね、ニオイは気になったけど、借りていた黒のタントにした

署名捺印して、全額支払いもした

これで完了てやつだ


ところがね、店を出て山田の店員さんと会っている時に、自分の親の車が臭いという話が出て、彼女は臭い車には乗りたくない的なことを言ったんだよ

そして俺のパッソは臭くないから乗ってられる的なことも言っておった

ここでどうしようかなと思ってしまった

気になるニオイを漂わせる車に決めてしまった愚かな自分

別に女の意見なんて無視してもいいのだが、今後もこの娘を乗せる機会はなくはないので、出来ることなら別の車にしたくなり、彼女のいる前でインテリに電話した

さっきの車、やめたいんだけど…とね



つづく


前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2020年05月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
カテゴリー