探偵業の存在を知っていても、利用する

探偵業の存在を知っていても、利用することはほとんどないでしょう。


いきなり不倫調査を依頼したいと思ったところで、どこにしたらいいんだろうと悩むのが普通だと思います。


興信所や探偵業を開業する際は公安委員会に届出が必須で、認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。


違法な会社や怪しいところでないかは、番号を見れば判断がつきます。


少なくとも会社のサイトや広告等に番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。


不倫調査を興信所に依頼する際は、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが料金請求時に安く済むでしょう。


何もかも調査員にやらせようとすると、肝心の証拠を掴むまでに手間ひまかけてやらなくてはなりません。


側にいるからこそ気付くことはありますし、よく観察して記録できるところは記録しておくと良い結果が出やすいでしょう。


一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、妻からすると人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが不倫です。


許しがたい不貞行為を野放しにすることはできません。


浮気の証拠といったら、身近なところでスマホ(携帯電話)でしょう。


メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。


飲食店を利用した際の領収証には、お通しの注文数から同席していた人の数が推測できてしまうように印字されている事がありますから、浮気をしていたと判断する材料になります。


さらに、クレジットカード使用時の支出については月々チェックするようにします。


仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、シングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると浮気相手と過ごしていたと判断される事があります。


夫(あるいは妻)が不倫していることに気づき、新規で探偵社へ調査を依頼しようと思うと、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。


とはいえ、安すぎるところは用心したほうがいいです。


やはり安かろう悪かろうという例もあるわけですし、調査を頼む際は、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかもチェックしておかなければいけません。

尾行代金が時間によって設定されている場合、尾

尾行代金が時間によって設定されている場合、尾行時間が短い探偵の方が少ない費用になります。


よって探偵に尾行依頼をするなら、パートナーの日常の行動を観察しておく必要があります。


その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って追跡をお願いすると、探偵側も余計な手間がかからず双方にとって利益があります。


素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、探偵業を行っている企業の営業所等に申し込むのが現実的ですし、効率も良いでしょう。


代金に見合った仕事をしてもらうためには、いくつかのところを比べてみるのがコツです。


とくに、相場ぐらいは知識をつけておきましょう。


悪質な価格設定の探偵を見分けるには大事なことだからです。


パートナーの浮気に気づいたら、その裏付けをとる必要があります。


不倫行為の証拠といえば、やはり、写真でしょう。


誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。


自分や知り合いを使って浮気現場をとらえたり、慰謝料請求や裁判に使える証拠をゲットするのはトラブルの要因にもなりかねませんし、その道のプロである探偵を利用することも検討するといいでしょう。


ごく稀ではありますが、探偵に不倫調査をしてもらったあと、金銭面で揉めたパターンもあります。


先に見積もってもらった金額によく分からないオプション料金や経費が生じていて、契約を破棄しようものなら、キャンセル料をとられることがあります。


契約書にサインする前にチェックは入念にするのは不可欠なのではないでしょうか。


そのときの説明で納得がいかなければ、そうでないところを探したほうが、結果的にうまくいくでしょう。


たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様がきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくること事体、ありえないことではありません。


一般的に慰謝料というと、相手側の離婚の有無で当然ながら差があります。


離婚「しそうになった」からといって一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、直ちに弁護士さんに相談してみるほうが良いでしょう。

32歳の主婦です。6つ年長の夫と子供たち(8歳

32歳の主婦です。


6つ年長の夫と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。


先月半ばに彼の職場不倫がわかり、家族会議の結果、離婚することになりました。


親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと育てていくわけです。


夫に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、間に弁護士を挟んで、夫には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。


しっかりした探偵社が仕事をしても、結果を出せない場合もあります。


一例をあげると、浮気調査で相手にその事実がなかった場合などです。


とはいっても、探偵の調査が浅かったために結果が得られないといった例もあるでしょうし、候補に上がった探偵業者の評判を事前にリサーチしておくのが大事です。


それから、相談時に説明を怠らないことが結果を左右するのはいうまでもありません。


探偵が使う追跡グッズというものは、自分でも買えるのかと言われたら購入できます。


一般的に、追跡グッズはGPS端末を用いて使うことが多いのですが、誰でもネットなどで買うことができます。


車両に載せるタイプのGPS端末は、車の盗難を考えた上でつけて置くものですのでいかなる人でも購入できるのは当然です。


探偵業者では無料で相談に応じてくれる場合が結構あります。


贔屓の探偵社がある人なんていませんから、これは活用して損はないと思います。


誠実そうな業者かどうか判断する上でとても参考になるでしょう。


また、相談員と話していくうちに、頭の中でもやもやしていた問題を整理することもできます。


興信所と探偵。


何か違いがあるのではと思う人もいるようですが、現代ではその違いはその名称のみと考えていいでしょう。


双方とも探偵の業務を行うという点では変わりないです。


浮気の追跡調査などを依頼する際は、同じと考えて問題はありませんから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。


とはいえ、得意とする分野については調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、契約前に把握しておきたいものです。

配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、

配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、自力で浮気の証拠を押さえるのは無理というものです。


しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消させるとか、離婚するとかにしても話を有利に進める材料になります。


これは浮気しているなと気づいたら、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。


お金はかかるものの、二人で一緒に写っている写真や動画といった、しっかりとした証拠を揃えることができます。


調査レポートとか調査報告書と呼ばれるものは、業者ごとにスタイルはさまざまです。


それならみんな同じかというと、裁判や調停といった場で利用する可能性がある場合は、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、信頼できるデータに基づいた調査報告書でないと意味がなくなってしまいます。


自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、探偵社の中でも相応のところに依頼しなければなりません。


興信所と探偵。


実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容も同じだと考えていいでしょう。


離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、配偶者の浮気の確固たる裏付けがないと、まともに取り合ってもらえないようです。


自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうが結局のところ一番ラクに確実に離婚できるのではないでしょうか。


それに、慰謝料請求時にも重宝するはずです。


浮気と不倫。


違いがあるのをご存知ですか。


不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、体の関係を持つことを指します。


こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに賠償を請求することが可能です。


先回りして探偵に依頼してパートナーの不倫の証拠を握った上、賠償請求を相手に突き付けることにより現実を見せ、きっぱりと別れさせるという手もあります。


個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を第三者(依頼主)に報告する調査業自体、違法なのではと不安に思う人も少なくありません。


ご心配なく。


探偵業法を遵守していれば違法ではありません。


平成19年に探偵業法が施行されるまでは、調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、業者の違法行為によるトラブル発生抑止のため策定されたのです。

探偵を頼んで調査してもらうときは、現

探偵を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能ということはないです。


いくつかの大手探偵社の場合、クレジットカードでの支払いに対応しています。


明細書に記載される表示に配慮しているところも多いので、調査会社を使ったことが配偶者にばれるおそれがないのが嬉しいですね。


クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、良い業者の目安ということにもなります。


一線を超えた途端、お互いのためにならないとは知りつつも、依存してやめられなくなってしまう。


そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。


夫婦関係に嫌気がさしたからといって、しっかりケジメをつけずに新しい相手とやり直そうというのは、虫が好すぎると世間一般では思うでしょう。


夫婦の間で生じた不満なら、不倫より先に解決策もあったでしょうし、お子さんがいるご夫婦なら無責任もいいとこだと思います。


我を通すあまり周囲が見えなくなっているのです。


きっと後悔しますよ。


配偶者が不倫していたことが原因で離婚するときに揉めて、とうとう家裁での離婚調停となるケースもあります。


とはいえ、調停の場では調停委員という人たちがついて話し合いが行われるため、どちらかが怖がったり渋ったりしている場合でも円滑で現実的な話し合いになる点で体力的にも精神的にも助かります。


普段どおりのあなたのままで大丈夫です。


浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が発覚したならば、結婚生活を続けていいのかどうか迷って決められないですよね。


まず頭を冷やして、探偵事務所に依頼の電話をかける前に自分の損得を考えるのが先決です。


夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、不貞行為に対する慰謝料を要求して、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。


一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、かつては無線発信機を使用していたのですが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、旧発信機の時代に比べると調査対象の追跡性能がアップしました。


近頃のGPSは精度も高くなっていて、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。


GPS を取り付けることができれば追跡調査の確実性は著しく増すのです。
前の記事へ 次の記事へ