もし浮気されてしまった場合、そ

もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。


でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。


そのときは、これからどう対処していくか考えなければいけません。


浮気はどう言い訳しようと、した人間の方に責任があるのです。


あなたの胸の内ではわだかまりが残るとは思いますが、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)を要求するのは当然のことです。


探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。


それはパートナーの不倫の追尾調査で期間内に調査対象にそういった行動が見られないという案件です。


ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、結果が出ないこともないわけではありませんから、依頼する探偵社の質や評判を契約前に確かめておくことで回避できるでしょう。


それから、相談時に説明を怠らないのが良い結果に繋がることも覚えておいてください。


私は31歳の自営業者です。


2年前に結婚した妻は子供ができるまでパートに出ています。


この前、あちら側の浮気が発覚しました。


妻はしれっとしたもんで、反省した気配もありません。


頭がパニックです。


浮気といい、この態度といい、どれだけ人を苦しめれば気が済むのでしょう。


このままなかったことにするつもりなら、私にも考えがあります。


尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行時間が短い方が少ない費用になります。


したがって尾行依頼を探偵にするとすれば、パートナーの日常の行動をよく知っておくことが大切です。


その中で、最も怪しい時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵のほうも手間が省けどちらにもメリットがあります。


GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに忍ばせ、常時、移動の内容を監視し続け移動中の所在を確認したり、記録されたデータを後で読み出し様々な分析をすることも可能です。


車より公共交通機関などを利用する人には、身の回り品にGPS端末を忍ばせる!という方法もあります。


そうすれば、相手がどこに行ったのかや何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。

一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかる

一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査員が何人かによっても違いますが相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。


言うまでもありませんが、調査員が少ない人数なら安く多くなるほど高くなります。


そして尾行の際、車とかバイクで行う場合、別途交通費、車両費として請求されることがありますので確認が大切です。


追跡グッズという探偵が使うものは、自分でも買えるのかと言われたら購入できます。


追跡グッズは、一般にはGSP端末を使用されることが多いですが、これはいかなる人でもネット等で買うことができます。


車に載せるGPS端末は、普通は車が盗まれたときのために備えておくものですから当然、誰でも購入できます。


全国展開している大手業者であっても、一番良いとは断言できないものの、規模の大きな興信所を選んだほうがリスクを避けることができるのでオススメです。


中小にも良い会社はあるはずですが、中には調査も満足に行わないうちに代金の支払いを求めてくる会社や別料金を含む料金体系が不明瞭な会社もあるそうです。


それとは別に、相談した際の職員の対応なども重要です。


探偵業者が不倫や素行調査を行う際は、私たちがドラマなどで見覚えたようなやり方で探索を行うこともあります。


相手の尾行はお手のものですし、張り込みもします。


行動範囲やパターンを分析し、時にはそれらの人たちに聞き取りを行うことがあります。


ただ、社内機密といって公表されていない調査手法などもあり、結構ハードな世界のようです。


いざ浮気調査を探偵に依頼するとなると、ターゲットの尾行や周囲での情報収集を行って発注者に情報提供する探偵の仕事というのは法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。


ご心配なく。


探偵業法を遵守していれば違法ではありません。


平成19年に探偵業法が施行されるまでは、探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、不当な行為を働く業者によるトラブル発生抑止のため策定され、現在に至ります。

探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼し

探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。


どんなところが高い技量を持つかというと、企業としての規模によるところも大きいでしょう。


全国各地を営業エリアとしているところは、機材や調査手法の刷新に余念がなく、時世に沿った体制づくりを模索しています。


大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、調査員はもちろん内勤の相談員などの指導育成が徹底しており、そうしたところが調査報告書に大きく影響してくるのではないでしょうか。


本人に気づかれないようにして、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには必要とされる技術および機材があります。


浮気現場の写真を撮ったとしても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは残念ながら証拠とは言えません。


浮気調査を探偵が依頼されたときは、薄型のカメラなども用いて相手が知らない間に鮮明に写真におさめることができます。


参りました。


うちの旦那さんの浮気って、ほとんど病気なみに身についたもののようです。


入籍する前から学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。


根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、男の人の浮気って限度があると思うんですよ。


一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす自信もまったくないですし、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。


一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいと言われています。


100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。


自己中心的な考えで、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、めでたく結婚したところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、知られた時点で最後だろうなと覚悟してずっと暮らしていくのです。


不倫相手と結婚したって、興奮や癒しを求めて不倫が再発することだってあるでしょうし、ストレスは相当なものでしょう。


探偵は依頼されたことのみを調査すればいいということではありません。


浮気の実態を調査し始めると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。


そんな場合には、まず依頼者の立場を何よりも先に気にしてくれる探偵が信用できる探偵ということです。


探偵が信用できるか否かは、相談中の相手の印象を見るようにして落ち着いて決めてください。

浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが

浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。


そのような方の心理カウンセリングを行う機関があります。


プロのアドバイスを受けつつ、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。


不倫という許しがたい理由で相手と別れても他人を信用できなくなったり、建設的な考え方ができなくて悩んでいることも多いようです。


それに浮気された夫婦がもしやり直すのであれば、カウンセリングが効力を発揮すると思います。


運転する人の目につかないところにGPS端末を取付して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け現在いる場所を把握したり、記録したデータを後から取り出して行動の様子を分析したりします。


移動手段に車を使わない人の場合は、普段は持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。


これで、相手がどこに立ち寄ったのかやどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。


夫が浮気しているところを奥様がつかまえて、おぞましい戦場になるシーンは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。


妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、殺人にまで到ってしまうストーリーもよく使われます。


浮気の現場を直接つかまえるのもあっていいやり方でしょう。


別れる決心がついている場合は、問題ないかもしれません。


この頃はついうっかりスマホを放置して、浮気が明るみに出たという事例も増えてきました。


高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、メールやLINEなどに不倫の履歴が隠れていると考えるのが妥当でしょう。


ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、スマホの中は浮気のメモリアルだらけと思われます。


警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。


相手がいるのに一線を越えてしまうのが不倫ですが、相手を替えて何度も重ねる始末の悪いもののようです。


交際相手とのやりとりが見つかって、一応反省はするものの、またしても我慢できなくて浮気するかもしれないのです。


思い当たるフシがあれば、探偵を雇って行動調査をしてもらって、相手の不貞行為が明らかになるような証拠を見つけて、決着をつけてもらいましょう。

探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとから追加で

探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとから追加で料金を請求されたという事例もあります。


ただ、契約時に交わした書類には、オプション付加条件や料金テーブルが記載されているでしょう。


ですから、それをチェックしなければいけません。


説明を聞いてもわからなかったりしたら、契約書にサインする前にしっかり確認するのも重要ではないでしょうか。


GPS装置を用い、毎週のように行っている所を検索して近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、必ず相手はやってくるはずなので不埒な行為を押さえることができるでしょう。


懐具合が心もとないときには、GPSの機械で所在を調べるのもひとつの方法ではあります。


GPS装置がつけられていることがわかってしまう事もあります。


成功報酬の難しいところは、例えば浮気調査を依頼したケースではその際の調査期間が3日間だった場合、調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければ調査は成功ということになるでしょう。


本当は浮気をしているという場合でも、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査についてはそこで完了し成功報酬を請求されるのです。


近頃ではスマホが元で浮気が明るみに出たという事例が増加しています。


スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、フリーメールを含むメールやLINE履歴に不貞行為の一部始終が残されていると考えるのが妥当でしょう。


肌身離さず、ロックまでかけている場合は、不倫の証拠はスマホの中にあると思われます。


警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。


不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。


つまり、社会的な地位や信頼を抹殺することですよね。


それには証拠固めが不可欠ですが、証拠さえ入手すれば、もう、思う存分、相手を追い込んでやることができますからね。


それでは気が収まらず、浮気相手の勤務先の上司や配偶者、義両親にまで通知するケースもあるようです。


職場をかわらざるを得なくなったり、信頼がなくなり、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。
前の記事へ 次の記事へ