初恋



ちなみに
美容院のオーナーの息子さんは、
私の初恋の相手兼元彼になります。


中学生になってすぐ出会って
ずっと片思いの先輩でした。


一つ学年が上で
ラグビー部の部長さん。


学年も教室の棟も違ったけど
見かけるときはいつも
みんなの輪の中にいて
ムードメーカみたいな感じで。



先輩が食堂でお昼を食べる木曜日は
決まって私も仲いい友達と一緒に
食堂に行きました。



中学2年生の3学期。

毎週会える木曜日に、挨拶くらいは
できるようになったものの未だ
連絡先は知らないままでした。



それでやってきたバレンタイン。


卒業してしまう前に
やっぱり想いを伝えたかった私は
食堂のおっちゃんにお願いして
チョコを渡してもらう事にしました。


学校にこっそりチョコを持参して
連絡先を書いたメッセージも添えて。


今思うと、
すっごく厳しい学校だったので
ばれたら大問題だったろうなぁ。笑




その日の夜
早速お礼のメールがきて
すーっごく嬉しくて!

直ぐにメールが消えないように
保存したの覚えています。笑



それからメール少し続いて
本命ですって伝えたんだっけな?


でもお返事はごめんなさいで。


進路がラグビーの推薦で地方の
高校に決まっているから、
直ぐに遠距離になるのわかってて
付き合えないと言われました。


でも好きって思ってました。


みたいな感じだったなー。



恥ずかし懐かしの
青春時代でしたね。笑


GW突入?


こんばんは。

長いGWに突入してる方も
いらっしゃるんだろうなぁ。

私はカレンダー通りなので
中3日は普通に出勤です。


最近はこれと言ったことがなくて
変わらない毎日です。


あ、そういえば。

今日美容院にいったのですが、
そこで初恋の相手に会いました。笑


そこの美容院のオーナーさんの
息子さんだからおうち近所だし
何も不思議はないんだけれど、、

7年ぶりに会った彼は
今でもキラキラしていて
とてもかっこ良かったです。

惚れ惚れしてしまった。笑




何だか懐かしくなったので
初恋の彼のお話でも書こうかな?


お返事


こんばんは。


今日は4月ももう終わりなのに
なかなか寒いです(´・_・`)



東北の方では昨日は雪も
ちらついていたみたいですね。


遅くなりましたがコメントの
お返事していきます。



■凸凹さん 04/11 13:56
はじめまして。コメント
ありがとうございます。
また遊びにきてください♪



■女がよってくるのめんどうだから
の方。04/11 17:10
コメントありがとうございます。
はい、何だか期待しちゃいます…
どうして?って一度聞いたんですが
はぐらかされました。。笑



■態度に気をつけて、の方。
04/11 18:16
コメントありがとうございます。
ほんと、ここには書けないくらいの
コメントばかりもらっていました。
色んな方がいるんですねー。。
ありがとうございます。



■ちゃちゃさん 04/15 19:42
ちゃちゃさん、お久しぶりです*
コメントありがとうございます。
ほんと、そう言って頂けると
嬉しいです、、(>_<)元に戻れるよう
努力しようと思います。



■お誕生日おめでとうございます
〜(^ω^)の方。04/17 14:39
コメントありがとうございます。
ほんと、楽しいお誕生日でした♪
ありがとうございます。



■シャアさん 04/17 16:50
シャアさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
とにかく今年は女磨きを
頑張ろうと思います!



■キティさん 04/17 22:07
いつもありがとうございます。
キティさんの近況もうまくいってる
みたいでよかったです(*^^*)


みなさま、
ありがとうございました。

4.16その4


地元の駅についたのが22時頃。

まだ時間あるねってなり
それから王子の家に寄りました。


コーヒー飲んでて暫くすると
プレゼントくれました。


三つも袋渡してくれてびっくり!


中身は、
私の大好きなムーミンの
食器のセット&タオル、
ANNA SUIのパスケース&
ティッシュケース?ポーチ?でした。


前に、そろそろ新しいパスケースに
しようかなー?って言ってたらしく
(覚えてないのですが(*_*))
それ覚えててくれたみたいで、、
ほんと嬉しかったな♪


王「ティッシュケースはおまけね。
俺が外で使いたい時にすぐ出して
ほしいからだからねー。」


ト「了解。笑 ありがとう♪」


それから少しして、
いつものように家の前まで
送ってくれました。


ト「今日はほんとにありがとう。
プレゼントも嬉しかったし、
一日ずっと楽しかったよ♪」


王「俺もー!おめでとう。」


ちゅ


ト「、、(°_°)」


王「ぢゃあまたね。」


ト「うん!またね。」


バイバイして家に入りました。


ほんと、幸せなお誕生日でした。


正直、付き合っている時と今とでは
何が違うのかはわかりません。。


こんななら戻ればいいじゃんって
思いますが、今はもうこれ以上は
触れないでおこうと思います。


今は今のままでいいやって。

王子を信じて待とうと思います。



一日の事なのに長編になり、、
だらだらな記事を見ていただいて
ありがとうございましたm(__)m



4.16その3

ホテル出るとすっかり暗くなってて
少し寒くなっていました。


王「ちょっと寒いねー、
はいっ。」


私の右手は王子のポッケへ。


ト「王子、、、」

王「ん?」

ト「トマト達って、ずっと
このままなの、、、かな?」

王「んー。また同じ事に
なると思うんだよね。。」

ト「それは戻れないって意味?」

王「わからない。ごめん。。
でも、こんな事言うの
良くないとは思うけど、、
トマトの事は本当に好きだよ。」


という状況でした。


なんだかわからなくって、
涙が溢れてきて、、

とりあえず座ろっかと言われ
公園のイスに暫く座っていました。


それからいろんな話しました。

今日のお店はこうだったねとか、
最近ちょー美味しいケーキには
巡り合えていないとか、
実家の猫ちゃんが大きくなったとか。


なんでもない日常のお話し。
でも、こんな話してるだけでも
王子とするとニコニコに
なるんですよね。



そして駅に向かって
地元の駅へと帰りました。


前の記事へ 次の記事へ