People In The Boxのインストアライブinパルコ西館1F

昨日、パルコ西館1FにてPeople In The Boxのインストアライブに行ってきました。ちなみに残響祭りには行っていません。
ライブの観覧は自由でサイン色紙はCDに封入されているイベント参加券が必要。私が買ったときにはもう参加券はもらえなかったです。やはり人気か。
前半30分はcinema staffのメンバーによる別ユニットの外食
Peopleのマルタをカバーしてました。

後半からはPeople In The Boxのボーカル波田野さんのアコースティックライブ
翻訳機、あなたのなかの忘れた海、犬猫芝居、1975(カバー)、アルバムから2曲

中盤、人の隙間を利用して割り込んできた二人組には立腹せざるをえなかった
拍手するにも事欠く距離
しかも終盤の途中で帰っていった
途中で帰るほど真剣じゃないのに人の邪魔をすることが許容できなかった
まったく腑に落ちない
イライライライラ…
おかげでライブに集中できなかった

タイムスリップ

2014年
玄関で時空の歪みに迷いこむ

電話の先は数十年前
司会者が先代の名を告げる

過去から来た少年少女
銃規制のない時代から来た兵士
兵士を人質に過去の人々へ交渉
少年少女は帰っていく、未来の少年少女は……

形あるものはいつか壊れる、そして価値と金額は比例しない。

大層なタイトルをつけてますが、ただハロウィンのランプが壊れてしまっただけです
ダイソーで買った100円のものですが壊れて結構ショックだったんですよ?
どうやらセラミック製だったみたいです
床が畳だからと油断しないでください
壁やサッシに落ちたり当たったりすることがあるんです
たとえそれが少ない面積だとしてもね
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2014年09月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
アーカイブ