京急にて

東京到着しました。


今回も5連休取りまして、
娘の大学のイベントやら、都内で通院中の母の様子を見てこようと思います。




『いつ仕事すんの?(^^;)』

と、Nさんに言われましたが、
こういう時のために有給を大事に取ってあるのですよ。


台風が心配ですけど、
帰れなくなったら
その時はその時で…(^^)




寒いと思って厚手のジャケット持参で来ましたが、
今日はそうでもないのかしら(。・・)






お腹空いたなぁ…


取りあえず、
渋谷に向かいますか。

職質

Nさんと会社帰りに会う時に、
いつも待ち合わせる場所。


わりと穴場的な場所なんだけど、

最近他の車がたまに来る。



先日も
車内でお喋りしてたら
こちら向きで止めた車が1台。



後でわかったけど パトカーだった。





『行っちゃった。

職質されるかと思ったわね(^◇^;)』



『ぷくぷくさん、
さっきパトカーの方に顔向けた?』


『うん、チラッと見たけど…
えっ? なんかヤバい?(;゚д゚)』



『だから職質免除なんだ( ̄∇ ̄)』



『へ?(゜◇゜) どういうこと?』



『若いカップルだったら職質されてたんだろうけど、
そんな若くないし、いっか〜…
ってお巡りさんも判断したんじゃない?
( ̄∇ ̄)』





『は?
どういうことよ〜!(^◇^;)』





お巡りさん!



この失礼なオジさんに職質してくださいよ
( ̄0 ̄)


取りあえず、4ヶ月

舞台のチケットが当たったの。

Nさんと一緒に行きます(*^^*)


来年の2月だからまだまだ先だけど…





『オレ、もう何年もコンサートとかそういうの行ったことないんだけど、
4ヶ月も前からチケット取るんだね(^^;)』



『そうだよ〜!

でも、4ヶ月後にもう口も聞かなくなってたりしてね( ̄∇ ̄)』




『隣の席なのに別々に行くとか?(^◇^;)

でも、それはないな。』




『じゃ、
取りあえず〜4ヶ月は仲良くしてようね(*^^*)』




『はいはい!

何か食わしておけば機嫌悪くならないだろ?

甘いものとか…( ̄∇ ̄)』





大丈夫。

ちょっとぐらいお腹空いても、
Nさんがそばにいてくれたら…



そこそこ機嫌はいいはずだから。





4ヶ月後の話をしたけれど、Nさん。



私たち、

付き合い始めてから
そろそろ4ヶ月なの、知ってた?







強くなっちゃって。

先日娘のことを書いたら、
拍手たくさん頂きました。

ありがとうございます(*^^*)




なんか、美談みたくなっちゃったけど

あのバカ娘ってば

数社決まってた就職内定を
蹴ってたんです( ̄∇ ̄)



ホゲ〜…ってなりましたよ。


で、どうすんの?  って聞いたら、


就活してくうちに、
ちょっと違うなぁ…って思ったとか、

海外に行きたいとか。



まぁありがちな理由ですけど、

実は私の想定内です。

きっと、そんな素直に就職するはずはない。
そう思ってたから。



ま、
貴女の人生。
貴女らしく生きればいいよ。





そして、
昨夜 母の病気の話を娘にしました。


黙ってようと思ったけど、
私が娘の立場なら 何で知らせてくれなかったの?
ってなっちゃうだろうから。





話すうちに、
涙が止まらなくなって。


娘も一緒に泣いちゃうんじゃないかと思ったら、


一喝されました。






『治るんだから、泣いてちゃダメ!』





小さい頃、
極度の人見知りで
私のそばから片時も離れなかった娘。

いっつも泣いてたくせに…



今じゃ
海の向こうを飛び回ったり、

自分で何でも決めて…



だから、
たまに私にかける迷惑もハンパじゃないんだけど(笑)





強くなったね。





妄想とか…

昨夜会ったのに、
今夜もまた会ってしまった。



『お客さんから、梨をもらったんだけど…
食べる?』



断る理由がない( ̄∇ ̄)

今夜は梨がキューピッドだね。



今度のシフトが決まったので、
お互いのシフト表を広げて休みの確認。

Nさんは、休みが合う日にマルをつけてる。



『今度は、どこに遊びに行こうか。』



『11月になったら、そろそろ紅葉する所もあるし〜…  見に行こうよ!』


『あっ、いいね〜(*^^*)』



明日は二人とも休みだけれど、
Nさんは、お嬢さんと その彼との約束があって会えない。


そして今週末は
私が連休取って東京に行くため
デートはお預け。






今夜も、もうちょっとで帰れなくなるとこだった。

Nさんは離してくれないし、
私はなかなか離れないし。





もし、

帰る場所が同じだったら…



そんな 都合のよい妄想をしてみたりする。



きっと、毎日楽しいだろうなぁ。
いつも笑っていられて…


二人とも食べることが好きだから、
太っちゃうな。



お風呂は恥ずかしいから
一緒には入らないよ。





寝る時は
ギュッと……




ううん、


ないな。




でも、

妄想はタダだから。

前の記事へ 次の記事へ