帰りを待ってくれるひと

家に荷物を置いてから、Nさんとの待ち合わせ場所に向かった。


『今夜ミーティングあるんだ。
ちょっと遅くなりそうだけど、大丈夫?』


『うん、慌てなくていいからね。』





Nさんとよく会う河川敷にある桜の木は、満開だった。

しばらくすると若干飛ばし気味の車が横着けしてきた。



『お待たせ! ごめんね(;・д・)』


『ううん…
私こそお疲れのところごめんなさい。

はい、これお土産!』



羽田で買ったお菓子を差し出した。




私がいない間のNさんは、
飛び石連休があったらしくて、

暇を持て余したんだけど、
結局庭先で洗車して、コンビニ行っただけ…

とか。

ほとんど引きこもり。笑



『退屈させちゃったね。
ごめ〜ん(^^;)』


『いいよ。 無事帰ってきてくれたから(^^)
ぷくぷくさんも疲れたんじゃない?』



こうして優しい笑顔で帰りを待っててくれる…



『次の休みは、
花見でも行こうか!』




『もう満開だから、次の休みには散ってるかもよ(´・_・`)』




『それなら山の方に行けばいいよ!

どこでも連れてってあげる(*^^*)』







けんちゃんの卒業祝いに用意した
イニシャル入りのボールペンは、

どうやら渡せそうにない。




それならそれで、いっか。





私は、

私のことを待っててくれるひとの所に
帰ればいい。

『K.N』

東京に出発する前日、
文具店から電話があった。




『ご注文のお品が届きました。』


『ありがとうございます。
一週間ほど留守にするので、預かっといて頂けませんか?』


『かしこまりました。
ラッピングはいかがいたしましょう?』



『品物を確認したいので、伺った時にお願いします。』






先ほど、
空港からまっすぐに文具店に向かった。



『こちらで、お間違いないでしょうか?』





( K.N……)



『はい、ありがとうございます。』





キレイに化粧箱に入ったペンを、

確認するように手に取った。





別に確認したかったわけじゃない。
イニシャルも間違ってないし。



今後彼が使ってくれるかどうかわからないけれど、
想いを届けたくて触れたんだと思う。






K.N  だって。





やだ、
今 気付いた。




Nさんと同じイニシャルだ。

前の記事へ 次の記事へ