ブレスレットまでの道のり

『このプレゼント、誕生日まで預かってて!』

Nさんの車のBOXに隠してきたブレスレット。



そうは言ったもののとっても待ち遠しくて、
やっぱり誕生日前に貰おうかな?なんて悶々としてた。



誕生日の朝、
Nさんの車に乗り込むと
『誕生日おめでとうございます!』


やっとプレゼントが頂ける(∩´∀`∩)




『あ、これ…もう1個プレゼントね』

Nさんの後輩の奥さんが経営してるお店のお菓子。



『えっ? いいの?』


『お腹に入れられるプレゼントも必要かと思って( ̄∇ ̄)』



そして車を走らせた。





『ねーねー、ブレスレットは?(;・д・)』



『あ〜と〜で〜!』





しばらく走ってからNさんは車を止めた。



『はい、おめでとう♪』



『ありがと〜(*^^*)  ね、つけて!』



Nさんはブレスレットの包みを開け始めた。





『あーーーー!っ!(;・д・)』



『なんだよ?』



『プレゼントを開けるワクワクを奪ったわね〜(ノД`)』




『わっ…ワクワク?(^0^;)

つけて!って言ったじゃん。』




『まぁいいわ( ̄∇ ̄)  はい。』




文句たらたらで、
ブレスレットはやっと私の手首におさまった。






ありがと。


大切にするね。

ブレスレットも、 Nさんのことも…






大人になりきれない大人。

私がまだ若かりし頃、

周りにいた50代といえば、
祖父母だったり、近所のおじさんやおばさんだったり、校長先生だったり。



何でも知ってる大人で、
とっても頼もしくて…



ついに私も50代に突入。

あの頃尊敬していた大人たちには程遠い、
こんなテキトーな感じでいいのだろうか?

世も末だな… 



こんな歳で、
惚れた腫れただの言っちゃって(^^;)



でもね、 
会社の後輩たちは言ってくれるの。



『ぷくぷくさんみたいに歳をとりたい。』


『ぷくぷくさんみたいな母親になりたい!』





『やめた方がいいわよ。笑』
一応注意喚起はしてある。



でも、
こんな50代もアリかなって。




毎日笑えることがあって、
何でも美味しく食べられて、

ビックリすることや感動がたくさん溢れてて。





10年後も、恋してたっていいじゃない。



恋愛に、定年はないでしょう?(^^)






おめでとうメッセージ、
ありがとうございます!





50代の
大人げないぷくぷくもよろしくね(*^^*)

ときめき忘れないでね。


『お誕生日、一緒に過ごせて本当によかった!
今日はありがとう(*^^*)』


『ううん、
オレも楽しかったよ! ありがとうね。』




『来年も、
60になっても70になっても…
一緒にいてくれる?』




『おっと!
その前に、オレの誕生日があることを忘れてもらっちゃ困るな( ̄∇ ̄)』



『わかってるよ〜! 盛大にお祝いするから〜(;・д・)』





『うそうそ!笑

ずっと一緒にいるから。』





Nさんと一緒にいられること…

それこそが私にとってのスペシャルな時間。




いつか、
空気みたいな当たり前になるか、
それとも…



ときめきを忘れない二人でいるのもよくない?




別れ際、
Nさんの首に腕を回して背伸びした。




『Nさん…』



『ん?』



『大好き!』




『オレも大好き(^^)』




明日は女王様

明日は一週間ぶりのデート。


一週間会えないなんて、長いな…
ってことで、

昨夜 無理やり会いに行っちゃった。




Nさんの仕事が終わるのを待って、

時計は21時を回っていたけれど、
いつものようにニコニコ笑いながら待ち合わせ場所に来てくれた。



『お疲れなのに、ごめんね。』


『ううん、
オレも会いたかったし(*^^*)

今回長いからね。』




一週間が長いなんて…
私たち、遠距離恋愛には不向きね。




『今日けっこう汗だくなんだよね(;・д・)
汗臭いかも。』



『大丈夫よ!
近寄らないから(^^)』



『あっそう( ̄∇ ̄)』





一緒に、二日後のデートの計画を練る。


『誕生日だから、ぷくぷくさんの行きたい所に連れてってあげるよ。
そして食べたい物をご馳走する!』



『え〜! 楽しみ♪
何でもいいの?(∩´∀`∩)』



『常識の範囲内でね( ̄∇ ̄)』


Nさんの口癖だ。





そして誕生日デートだというのに、
女の子になってしまった私…


1月のNさんの誕生日の時もそうだった。
ラブホに行って、昼寝しただけっていう(´-ω-`)


5月のお泊まりの時もそうだったな。





まぁいいや。

明日はNさんとのお出掛けを楽しもう。

誕生日だから、女王様扱いしてもらおう(∩´∀`∩)






だから今日一日、
馬車馬のように働きます! 笑

暑い暑いと言うけれど…

国内最高気温を更新したとか。

それを売りに町おこしもいいんでしょうけど、
こう暑いと、
だんだん手放しで喜べなくなりましたよね。



暑くても、
私たちはいくらでも涼む方法はあるけれど、


未だ避難生活されてる方が大勢いらっしゃる。

猛暑の中、終わりの見えない後片付け。


私に出来ることといえば、
わずかばかりの募金ぐらいです。


暑い! ダルい!


なんて、言ってちゃいけないね。






昨年の夏、

Nさんと一緒に大洲の街に遊びに行きました。



先日氾濫した肱川の近くにある
ステキなお店で鯛飯を頂き、

Nさんと手をつないで街を散策しました。

とっても暑くて、
二人とも手のひら汗だく(^^;)




趣のある臥龍山荘から見下ろす肱川は、
静かにゆったりと流れていて、


川では高校生ぐらいのグループが、
カヌーだかボートだかの練習をしていました。



山荘から、しばらくその景色に見入っていたなぁ。



本当にステキな所だったので、

また行ってみたい街のひとつとなりました。





不自由な生活を強いられてる皆さんが、
一日も早く元の生活に戻れますように。



大洲や、倉敷や広島…

被害のあった街に
一日も早く活気が戻りますように。
前の記事へ 次の記事へ