愛を知る

先日、愛知から長女が帰省


夜の8時過ぎ空港到着だ


「あなた、迎えなら帰りは遅くなるわね。ご飯一緒に食べてきてね」


空港から高速使っても9時半過ぎるだろうからね


娘もお腹を空かせているだろう


空港到着


大きな門松とイルミネーションで既に正月準備も完了していた


で、娘と再会


「おかえり。お腹空いてる?。今日はメシ食って帰るぞ」


すると娘


「あ、私食べて来た。お風呂も入ったから今日は帰って寝るだけにしてきたよ」



「えーっ!!。外食楽しみにしていたのにぃ〜。帰っても俺の分無いんだよぉ〜。ねぇーなんか食って帰ろーよぉ〜(子供か)」

正月用貼り絵

〜本日完成。大きさは1m四方くらいです〜

長男

私は年明けに書くつもりでいたが、長男が年賀状を7、8枚書きたいと言ってきた


裏面には自分で絵を描くから白地にしてね、との要望


その辺のコンビニで買おうと行ってみたが、3、4店回っても既成デザイン無しのハガキが見つからず


結局、中央郵便局まで行く羽目に(最初から行けば良かった)


〜画像は長男が描いた年賀状〜

【テンゲ】

‘テンゲ’



これは、‘手ぬぐい’、の事



テヌグイ



テヌギ



テンギ



テンゲ



了解?(笑)

【テシオ】

これは、‘手塩にかける’、のテシオと同じ言葉


標準語のはずだが、関東で「手塩にかける」と言う時以外、‘テシオ’が使われる事も無いように思う。如何だろうか


九州地方で広く使われる‘テシオ’は実は、‘手塩皿’のことで


手のひら程の大きさの浅い皿を総称しているのである
前の記事へ 次の記事へ